無認可共済の保険会社化について−その13
トップ生命保険選び自動車保険保険約款生命保険相談生命保険代理店生命保険営業員代理店プロ生命保険 保険ショップ

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説
坂本嘉輝「アカラックスセミナー」(プロ向け)
アカラックスホーム・定例セミナーその他様々なセミナーが行われています。
講師はアクチュアリー(保険数理人)。プロに必要な知識を系統だって学べます。場所:東京神田
AAA(あの・アカラックスの・アクチュアリー の)本音のアドバイス

無認可共済の保険会社化について−その13

7229  
AcalaxのHOMEへ
無認可共済の保険会社化…目次

無認可共済の保険会社化について − その13



少額短期保険業者への移行



特定保険業者の届け出が終わったからといって安心してはいられません。次は少額短期保険業者の登録です。これは特定保険業者の届け出と比べて格段に難しくなります。少額短期保険業者は保険会社ではないものの、登録申請の書類などは殆ど保険会社の免許申請と同様のものが求められます。

前述のように任意団体で無認可共済を行なっていた保険業者は、新規に少額短期保険業者の会社を設立し、契約の移管の手続きをしなければなりません。法人の形で無認可共済を行なっていた保険業者はそのまま少額短期保険業者の登録をすることができますが、少額短期保険業者も保険会社と同様、専業が義務付けられていますので、その会社がもし保険業以外の業務を行なっているとすると、その業務を他の会社に移すか、あるいは保険業の方を新規の会社にするかという手続きが必要になります。

とまれ少額短期保険業者の登録申請は特定保険業者の届け出と違って、書類を作って持っていけば良いというわけにはいかず、何ヵ月かかけて何度もお役所とミーティングを持たなければいけないということになると思います。

また少額短期保険業者の登録にあたっては、少額短期保険業者の《株主が誰か》ということが重要になります。登録の前に主要株主について認可を得ておくことが必要になります。

特定保険業者は無認可共済の延長線上の事業ですから、原則今まで通りの商品を今まで通りのやり方で販売することができますが、少額短期保険業者というのは保険業法に則った保険業者ですから、商品にしろ売り方にしろ、様々な制約があります。

さらに専業義務ということで、保険事業(とそれに付随する事業)以外はやってはいけないということになりますので、少額短期保険業者への移行にあたっては、かなり色々悩んだり意思決定したりしなければならないことも多くなります。

純粋に保険の販売だけをしていた共済もありますが、共済の名前で保険以外の色々なサービスの提供をしていた所も多いと思います。これをどうするかというのは、本気で考えなければいけない問題です。

もうひとつ、既契約の取扱いについてもしっかり考える必要があります。

特定保険業者から少額短期保険業者への移行で移管できる既契約もありますが、場合によっては移管できない既契約、あるいは商品の内容を変更しないと移管できない既契約も出てくることが予想されます。場合によっては財務局・金融庁にお伺いをしてみないと、取扱いが決まらないかも知れません。そのためにも移行作業には十分な時間を見込んでおく必要があります。



保険会社への移行



保険会社への移行は少額短期保険業者への移行よりもう少しハードルが高くなります。少額短期保険業者の場合、事業規模や取扱う商品の保険金額等に制限があって、基本的にあまりリスクの高くない商品しか売れないようになっています。そのため少額短期保険業者の登録審査にあたっても保険計理人の意見書に依存する所が大きくなり(その分お役所の審査は簡略化できます)、また最低資本金や最低自己資本も小額で済みます。

保険会社の場合はそうはいきません。事業規模にも制限がないし、保険金額その他商品のリスクにも明示的な制限はありません。そのため勿論保険計理人とは十分な話し合いをしますが、それに依存することなく、お役人が実質的にその保険会社の財務の健全性について自分で検証します。

そのために大量の資料を提出しなければなりませんし、審査の期間も長くなります。

最低資本金の額も少額短期保険業者の場合の最低資本金の100倍の金額ですから、それだけの資金を出せる株主を探すのも簡単ではありません。もちろん保険会社の場合も、主要な株主についてはお役所の承認が必要ですから、金さえあれば誰でも良いというわけにはいきません。

もちろん資本金も最低資本金では不十分で、もっと大きい額の資本金が最初から必要になるかも知れません。

無認可共済を任意団体の形で行なっている場合は、少額短期保険業者の場合と同様、保険会社の場合も会社の設立の手続き、また契約の包括移転の手続きも必要になります。

既契約の移転(移管)についても商品の内容によっては移転できない場合、あるいは商品内容を一部変更しないと移転できない場合がありますので、十分な検討が必要です。

さらに移転する契約については、移転の時点で十分な責任準備金の積立てが求められますから、そこのところも十分あらかじめ考慮しておく必要があります。


無認可共済の保険会社化について−その1
無認可共済の保険会社化について−その2
無認可共済の保険会社化について−その3
無認可共済の保険会社化について−その4
無認可共済の保険会社化について−その5
無認可共済の保険会社化について−その6
無認可共済の保険会社化について−その7
無認可共済の保険会社化について−その8
無認可共済の保険会社化について−その9
無認可共済の保険会社化について−その10
無認可共済の保険会社化について−その11
無認可共済の保険会社化について−その12
無認可共済の保険会社化について−その13
無認可共済の保険会社化について−その14
無認可共済の保険会社化について−その15
無認可共済の保険会社化について−その16
無認可共済の保険会社化について−その17
無認可共済の保険会社化について−その18

無認可共済
保険業法改正…共済
保険業法改正…少額短期保険業者
保険業法改正…特定短期保険業者

少額短期保険業者と保険会社
無認可共済が保険会社か少額短期保険業者に変わる
賃貸管理会社の家賃保証は「保険の引受け」…保険業法で規制
少額短期保険業者と無認可共済/メルマガ







AcalaxのHOMEへ





日本生命/ 第一生命/ 住友生命/ 明治安田生命/ 朝日生命/ 三井生命/ ソニー生命/ プルデンシャル生命/ アフラック・アメリカンファミリー/ メットライフアリコ/ ライフネット生命/ ネクスティア生命/ オリックス生命/ 損保ジャパンDIY生命/ アメリカンホーム/ 東京海上日動あんしん生命/ かんぽ保険/ 生命保険 見積もり/ 生きるチカラ/ 堂堂人生 / ライブワン/ ライフアカウント/ 保険王/ ザベクトル/ 長割り終身/ EVER/ 所得補償保険比較/ がん保険比較・ガン保険/ 独断解説/ 火災保険の比較見積り/ 生命保険の相談/ 生命保険の見直し/ 逓増定期保険・法人契約・節税・生命保険/ 生命保険・相続・相続税/ 生命保険の無料相談/ 保険マンモス/ ライフプランとプランナー/ 生命保険のコンサルタント/ ファイナンシャルプランナーFPの無料相談と生命保険/ 学習塾・進学塾/ 住宅ローン/ 任意売却/ 太陽光発電/ AED/ 贈与税/ 離婚/ フランチャイズ/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ