生命保険の相談…FPや保険プロに相談しないと損をする?

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説
【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【オリックス生命】
シンプル掛け捨て 持病がある方向けも
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ
【富国生命】
学資保険 戻り率108.4%・110.1%
【AIG富士生命】
がん・ベストゴールド 最大300万円何度でも
【マネモ】
お近くの保険ショップ 訪問型のFP相談も

生命保険の相談…FPや保険プロに相談しないと損をする?



禁煙で健康なら安くなる生命保険があります。激安と言われるネット生保より安くなることもあります。また中高年ではネット生保はそれほど安くありません。また医療保険もそれほどは安くありません。

だから健康でタバコを吸わない人や中高年はネット生保を選ぶと損かもしれません。保険の相談をしないと分かりません。

健康診断結果したら高かった肝臓のγ(ガンマ)-GTP。同じγ-GTP値でも、A保険会社は通常の契約ができ安い保険料、B保険会社では不健康でも入れる保険となり高い保険料、C保険会社では契約すらできないこともあるのです。特に非対面通販のネット生保ではバッサリ切られることもあるようです。

   

γ-GTP値が高い人にはこの保険会社、血圧が高めなら、また血圧降下剤を飲んでいるのなら…、で選ぶべき保険会社と保険商品は違うのです。保険の相談をしないと分かりません。

生命保険の選び方。ネット時代で保険選びの道筋。
ネット生保定期保険の保険料の違い
年齢と非喫煙とネット生保の定期保険保険料
生命保険の告知義務(告知内容は保険によって随分違う)




一定期間内に解約すると解約戻り金が少なくなってしまうものの、その分は保険料が安い保険があります。ずっと解約しない前提ならこの保険料が安い保険は選択対象になります。保険の相談をしないと分かりません。

      


終身保険の保険料比較(同じ終身保険でもいろいろ)




ショッピングセンター等にある保険ショップには「○○生命の□□という医療保険をお願いします。」という特定商品指名買いのお客様がかなりお越しになるようです。ネットで調べて一番安い医療保険なのでしょう。損したくないので自分で比較して自分で選びます。

それはそれでいいのですか、契約手続きに際して現在契約中の保険証券を見て保障内容の確認をします。それを保険ショップの窓口で見てもらい、解説してもらい、つまり保険の相談すると、契約するのは当初予定の「○○生命の□□医療保険」とは違う保険になることも多いようです。



保険のプロに相談してもらい、保障内容を見てもらえば、不足しているところ過剰なところが分かってきます。「○○生命の□□医療保険」なら月2000円の保険料のところが、1万円になることもありますが、相談結果として納得してその1万円のプランで契約します。それが相談に対する満足なのです。ライフプランを検討して、保険の相談をしないと分からないことです。

保険ショップで保険相談




適切な生命保険をプランニングするということは、そんなに簡単なことではありません。ライフプランを考えることは自分の人生を考えることです。



なにしろ生命保険はいざというときに頼る存在で、生きていくうちでの自分と家族のリスクを負ってくれるものなのですから。また、人生での生命保険の支出額はマイホーム支出に次ぐと言われる高額なものになります。保険の相談をしないと分かりません。

ライフプランからの生命保険設計




このように保険選びでは保険プロの知識と経験が必須なのです。そのためには生命保険の相談が必要なのです。ネット生保だけでは相談対応ができずに困難が生じがちです。

ネット生保の安い保険料商品は相談結果の中で適切に使っていくのです。相談の結果としてネット生保の商品をパーツとして使いこなすものなのです。

つまり

・健康であっても(禁煙割引・健康体割引)生命保険の相談が必要だし、

・健康でなくても(保険会社で基準が違う・弱体社向け商品)生命保険の相談が必要だし、

・同じ保障を選ぶのでも(一般商品・低解約返戻金型商品)生命保険の相談が必要だし、

・現在の保障内容を確認し保障の過不足を確認するにも生命保険の相談が必要だし、

・ライフプラン設計をするのであればなおさら生命保険の相談をしてみないといけないのです。

生命保険選びは自動車保険選びや海外旅行傷害保険選びのようにやさしくありません。時間をかけて自分で勉強するか、誰かに相談しないと間違えます。

この「保険選びネット」では、相談相手を探す方法をいくつも用意しました。是非ともご自身で「相談相手」を探してほしいと思います。

生命保険選びは相談相手探しです。


生命保険の無料相談サービスのタテマエ本音。損せず失敗しない使い方。
保険ショップは生命保険レディとどう違う。お奨め理由とその営業実態。
生命保険の見直しで損をしない!騙しの保険見直し設計書の実例公開




生命保険の相談相手を自分で探す。

 「保険選び」は「相談相手選び」です。誰に相談するかが大切です。「保険選び」は「相談相手探し」でもあります。

生命保険の無料相談サービスのタテマエ本音。損せず失敗しない使い方。

【保険相談】生命保険FPとの無料保険相談

突撃インタビュー
突撃インタビュー
保険 突撃インタビュー

  •  保険ショップで相談の相手を探す。
    保険ショップインフォ

保険ショップは生命保険レディとどう違う。お奨め理由とその営業実態。



  •  保険プロのメッセージから生命保険の相談の相手を探す。
    保険の相談相手探しpoxi


  •  保険プロのリストから生命保険の相談の相手を探す。
     
保険相談相手探しネット



昭和バブルのころまでは、生命保険はどの会社でも実態は全く同じ商品でした。同じ保険料でした。同じ配当金でした。旧大蔵省時代の護送船団方式金融政策で、まったく差が付きませんでした。だから誰から生命保険に入っても同じだったのです。金融自由化が進み、同時にすすんだIT革命によりいろいろな保険商品や仕組みが開発され保険会社によって保険商品は全く違うことになったのです。金融自由化のメリットを消費者は享受できるのです。しかし油断するとそのメリットを得ることができません。そしてよく考えずに生命保険にはいり損をしている人がどれほど多いのか。

金融自由化メリットを消費者が取る!どう生命保険に入るか?




生命保険の相談




大前研一氏の書籍の一部に次のような事例があります。

 「私の家族構成などが変わり、生命保険の見直しをしようと思いました。そこで以前から入っていた日系生保の営業担当者に来てもらったのですが、自社でいま売ろうとしている商品を露骨にすすめてくるのです。また、『お子さんがこの頃に大学に入り平均でこの年齢で結婚する。そのときの一般的な費用はいくらなので……』と、勝手に私のライフプランを立てながら話をします。このようにアプローチされると当然、こちらは反対意見を述べたくなってしまいます。

 あまりにも役に立たないので、別の外資系生保に問い合わせをし、営業担当者に来てもらうことにしました。その人は、まず私のライフプランをじっくりと聞いてくれました。そのうえで、自社の商品を通じて、私のライフプランに貢献できる方策を提案してきました。それでも少しイメージが違っていたので、さらに詳細な話をすると、それにあわせた修正案をすぐに提示してきたのです。」

「大前研一と考える『営業』学(川上真史氏執筆部分)」より



なぜ生命保険の相談をするか。生命保険を選ぶには、生命保険を選ぶ前に自分が必要な保障の種類や保障額を考えないといけないのです。つまり人生設計を考えてそこで予想されるリスクを考えるのです。ライフプランを考えないといけないのです。これが生命保険選びのもっとも難しいところなのです。生命保険を選ぶ前の段階がすでに難しいことなのです。

つまり生命保険を選ぶことと言うのは自分の生き方や生きるリスクを考えることなのです。これが生命保険と違って相談がそれほど必要ない自動車保険選びや火災保険選びと違うところです。自動車保険選びで「自分の生き方」などを考える必要はありません。対人対物補償を無制限にするかいくらにするかと予算で決めればいいだけです。自動車保険選びは簡単なのですが、生命保険はそうはいかないのです。だから生命保険は相談の相手が必要なのです。


必要な生命保険は人それぞれです。

「かばんはハンカチに置きなさい」(川田修氏(プルデンシャル生命の優績営業マン)著)の中に次のような逸話があります。

著者は生命保険の営業マンとして、20歳の独身女性に保険の商談に向かい生命保険の相談を受けます。その女性に向けて貯蓄性のある終身保険500万円に入院給付金をつけた保険プランを準備しました。一般に独身の場合には誰かの生活費や教育資金を考える必要性は低く若い独身女性対象では一般的なプランです。

彼女は「もし、私が事故か何かで、早く死んでしまったら、残された母のことが心配です。女手一つで私のことを育ててくれた母は、一人娘の私が死んでしまったら、身内がいなくなります。私が死んだときに500万円があれば、その後の母の生活は、本当に大丈夫なのでしょうか?」

当初のプランではなく、若し彼女がはなく死亡した場合、母親には85歳まで毎月生活費として12万円が支給される生命保険を契約することになりました。

著者は反省します。

「(私は、) 20代の女性会社員で独身ということだけで、まだ細かくニーズを聞いてもいないのに、勝手にニーズを決めつけ、プレゼンテーションをしたのです。……娘が母親を心配する気持ち、人が人を思う気持ち。それわ形にしたものが生命保険なんだと、私は彼女との商談から教わりました。」

「(大切なことを心にしっかり刻んでいなかったからこそ)彼女と会う前に勝手にプランを作るという行為に出てしまったのだと思います。」



さて一般の人が想像する生命保険の相談では、まず保険設計書がだされてそれがたたき台になると思うでしょう。

現実に「35歳のサラリーマンだから取り敢えず保険金3500万円のと5000万円の二つの保険設計書を用意してもっていく」というような方法がとられます。

 営業員さんはまずこれらの設計書をだして、「お子さんが1人だとだいたい皆さんこれくらいですよ」といって二つの設計書を説明して、予算に合わせてどちらにするか決めていく…というものでしょう。

 自動車保険選びで対人対物補償を無制限にするかいくらにするかと予算で決めるのと似たようなものです。そこにあるべきその人向けのプランニングはありません。

 本来ならその相手の個別のライフプランをじっくり聞いてから、その人のライフプランをじっくりと組み合わせ必要な保障を検討し保険設計がなされないといけないのですが、それがありません。おかしいことなのです。

 ある大手生命保険会社の営業員さん向けの販売マニュアルからです。



この画像の上部をご覧ください。このように書かれています。

以下のモデルプランは、自動設計されるプランです。
お客さまの必要保障額に沿ったプランが作成されていますので、…自信を持っておすすめしましょう。

ここには「30〜44才自動設計プラン」とあります。30〜44才だと子供のあるなしにかかわらず、住宅ローンの有無にかかわらず、年収の高い安いにかかわらず、その人のライフプランにかかわらず、この保険が提案されることになります。そして、反対意見を述べなければこのままの保険になってしまうかもしれません。


 …自社でいま売ろうとしている商品を露骨にすすめてくるのです。また、「お子さんがこの頃に大学に入り平均でこの年齢で結婚する。そのときの一般的な費用はいくらなので……」と、勝手に私のライフプランを立てながら話をします。…

前掲書


とは、こういうことなのです。あなたの大切なライフプランが「平均的な」「一般的な」金額で決められてしまうのです。ライフプランはその人ごとです。

ライフプランはその人ごと

たとえば医療保険は簡単なようですが、これも複雑です。60日型・120日型・180日型いろいろあります。三大疾病はガンは先進医療は…。自分の家がガン家系ならどう考える、心臓疾患が多い家系ならどう考える…。

たとえ生命保険相談をしたとしても「平均的な」「一般的な」で自分のライフプランを決められてはたまりません。


まず生命保険を選ぶには、生命保険を選ぶ前に自分が必要な保障の種類や保障額を考えないといけないのです。つまり人生設計を考えてそこで予想されるリスクを考えるのです。ライフプランを考えないといけないのです。これが生命保険選びのもっとも難しいところなのです。生命保険を選ぶ前の段階がすでに難しいことなのです。

だから、ちゃんと相談に応じてくれるファイナンシャルプランナーや生命保険のプロを探すことが大切なのです。



…その人は、まず私のライフプランをじっくりと聞いてくれました。そのうえで、自社の商品を通じて、私のライフプランに貢献できる方策を提案してきました。それでも少しイメージが違っていたので、さらに詳細な話をすると、それにあわせた修正案をすぐに提示してきたのです。

大前氏 前掲書


ライフプランはその人それぞれです。あなたのライフプランは「30〜44才自動設計プラン」でいいのでしょうか。このようにライフプランをじっくり聞いてくれる相談相手を探さないといけないのです。


相談して、ライフプランをしっかり考えてから、始めて具体的な生命保険商品を選ぶことになります。生命保険会社は40社以上あります。そこから様々な保険商品が提供されています。その中から自分のライフプランに見合った生命保険商品を組み立てていかないといけないのです。

さあ、大切なのは生命保険の相談相手探しです。



ネット生保と生命保険相談


ネット生保では相談はしてもらえません。しかし安い保険があるのは事実です。自分で理解したうえで使いこなせればいい選択だと思います。

禁煙で身体が丈夫で健康ならグンと安くなる生命保険もあります。例えば禁煙者向けの保険は唾液検査が必要ですからネット生保では対応できません。その場合には、保険料が激安と言われるネット生保より安くなることもあります。

だから健康でタバコを吸わない人はネット生保を選ぶと損かもしれません。


一方で一定の病気をしていても入れる保険、や告知(保険会社に自分の健康状態を伝える内容や条件が緩和されている保険もあります。もちろんこの緩和型は保険料が高くなっていますがそれでも保険会社から拒絶されずに保険に入れるのです。そしてその基準は保険会社ごとに違います。

ある保険についてこんな話がありました。「定期健康診断結果通知に肝臓のγ-GTP値が198IU/Iの記載が…お申込みいただいても大丈夫?」「健康診断結果通知書にで中性脂肪値が380mg/dlの記載があったら…」「喘息の既往症があるとお申し出には…」といった記載がありました。これは保険会社によってγ-GTP値や中性脂肪値や喘息についての基準が違うということです。

同じγ-GTP値でもA保険会社は通常の契約ができ安い保険料、B保険会社では緩和型の高い保険料、C保険会社では契約謝絶つまり契約不可ともなるのです。


γ-GTP値が高い人にはこの保険会社、血圧が高めなら、また血圧降下剤を飲んでいるのなら…、で選ぶべき保険会社と保険商品は違うのです。このような場合にはプロとの相談が必須なのです。相談して初めていい選択ができます。

個別には差があっても、一般論としてネット生保系は健康状態について厳しくわずかでも症状や告知があると拒絶される傾向にあるようです。それは本人に合わないで契約を受け入れるのですから当然でしょう。

一定期間内に解約すると解約戻り金が少なくなってしまうものの、その分は保険料が安い保険があります。ずっと解約しない前提ならこの保険料が安い保険は選択対象になります。これも相談が必須な商品です。

もうお分かりだと思いますが、しっかりとした保険選びはおそるべき大変な作業なのです。だから生命保険は相談の相手を探して相談して入るものです。保険選びは相談相手探しです。


顧客と同じ視点を持ち、顧客の課題を発見し、顧客の利益を最優先させる。しかも、そうすることが、最終的に自分にも利益をもたらすと信じ続けることができる。これができれば、顧客から信頼され、長期的にパートナーシップを築くことが可能になります。

大前氏 前掲書


そんな相談相手を探しましょう。

生命保険の相談相手を自分で探す。

 「保険選び」は「相談相手選び」です。誰に相談するかが大切です。「保険選び」は「相談相手探し」でもあります。

生命保険の無料相談サービスのタテマエ本音。損せず失敗しない使い方。

  •  保険ショップで相談の相手を探す。
    保険ショップインフォ

    検索


    •  保険プロのメッセージから生命保険の相談の相手を探す。
      保険の相談相手探しpoxi


    •  保険プロのリストから生命保険の相談の相手を探す。
       
保険相談相手探しネット


    信頼できる相談相手に会えて、納得できる保険に出会えることを祈っています。
    TOPへ戻る→








  • 保険プロ情報
    保険ゼミ
    自動車保険 比較
    注目ページ一覧

    生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
    保険を探す前に…保険は怖い
    保険業界大変革であなたは
    学資保険で騙された
    転換設計書で騙された
    ネット生保も信じるな(外部リンク)
    年金104万円のはずが54万円
    生命保険のコンサルタント
    保険の入り方
    ネット生保
    保険ショップ
    保険無料相談
    外資系生保
    FP相談
    必要保障額
    告知義務
    相続対策保険
    大手生保
    生保レディ
    転換・下取り
    保険乗り換え
    保険解約
    見直し相談は
    提案書読解術
    節税生命保険
    保険の種類ごと
    医療保険
    ガン保険
    学資保険
    団体保険
    引受緩和型
    死亡保険
    終身保険
    所得補償保険
    収入保障保険
    生命保険生命保険の見積り
    生命保険ランキング
    生命保険資料請求評判ランク
    掛捨ての通販生命保険
    生命保険会社別の目次
    保険の無料相談紹介
    保険相談
    保険マンモス
    あなたのFP
    MONEYMO
    生命保険選び方
    ライフプラン
    保険販売とは
    通販と営業マン
    Google
    商品名・会社名・保険
    用語…なんでも検索

    Webから検索 当サイトから検索
    生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
    注目ページ一覧

    気になる保険商品 商品名種類目的検索
    保険会社別商品検索
    保険商品の比較リスト
    FPによる比較一覧
    FPによる注目商品
    各商品の設計書実例
    知らないと損
    FPによる保険情報
    AAA-本音のアドバイス
    大地一成の一刀両断
    bird管理人の保険知識
    生命保険トピックス

    サイト運営元
    プロ向メルマガ
    who? 管理人

    スーパーおすすめサイト
    2006年度総合大賞受賞サイトです



    保険選びネットTOP
    保険プロ情報
    保険ゼミ

    生命保険 注目商品情報生命保険 比較 保険契約の入門 保険選びで失敗しない
    セールスレディ給与明細
    サービスなし・あり保険
    外資系保険会社の不安
    通販と営業マンの違い
    ネット時代と生命保険
    104万円年金は54万円に
    保険で困った時に 告知義務違反について
    生命命保険を解約する
    生命保険を乗り換える
    生命保険の見直しと転換
    騙されるな転換設計書
    掛捨ての通販生命保険
    生命保険の見積り
    保険設計書の読み方
    生命保険会社の目次

    who? 管理人

    スーパーおすすめサイト
    2006年度総合大賞受賞サイトです