■保険会社のパンフレットや設計書をどう読むのか

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

■保険会社のパンフレットや設計書をどう読むのか

9004    パンフレットとこのホームページの説明の違い

【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

bird管理人の保険知識…目次

パンフレットの解説とこのHoken-Erabi.netの解説


保険会社のパンフレットや設計書とこのHoken-Erabi.netの解説や図をみると違うように思える点が多いと思います。それはパンフレットや設計書ではほんのわずかでさほど意味のない特約であってもセールスポイントとして大きく書かれているからです。

そしてHoken-Erabi.netでの解説や図はこのあたりを大きく捉えて、Hoken-Erabi.netによる独断で説明しているからです。できる限り消費者や契約者の立場に立って、言葉どおり「誤解を恐れず」に分りやすく説明したいと思っています。

たとえば「年金受取」型の死亡保険金


たとえば死亡したときに年間240万円を10年間受け取ることができる特約と、死亡したときに2400万円を受け取る特約は実質的には同じようなものです。年金で受け取るということは死亡保険金を「分割」で受け取っているのとほぼ同じです。
もちろん金利分を考えると割り引いて計算しなくてはいけませんが。
なお金利分を差し引くと次のようになります。(金利3パーセントとして)

10年の確定年金 なら年金総額の 85パーセント、
15年の確定年金 なら年金総額の 80パーセント、
20年の確定年金 なら年金総額の 74パーセント、
30年の確定年金 なら年金総額の 65パーセント、

年間240万円を10年間受け取ることができる年金は、240万円×10年×85パーセント=2040万円の一括払いの保険金と同じ価値。


年金現価
そして年金払いとなっていても実際の死亡の場合には、税金の問題や気持ちの問題もあり、一時金として金利相当分を差し引いた金額で一括で受け取ることの方が多いようです。そう考えるとパンフレットでは「年金でも受け取れる」はセールスポイントになっても、実質は単なる死亡保障の定期保険と同じなのです。

「逓減」なのか「逓増」なのか


ある保険会社の逓増年金払所得補償保険をHoken-Erabi.netでは逓減定期保険のようなものとして逓減定期保険に分類することすらしました。

この保険は死亡時から例えば60歳までは年金が支給され、その年金額は毎年増加していくものです。年金総額で考えれば30歳死亡の場合より40歳死亡の場合のほうが支払額は少なくなっています。商品名は「逓増」として年金額が徐々に増えるとしていますが、受取総額でみれば死亡時期が遅くなるにつれて総支給額は減少するのです。

だから「逓減」定期保険のようなものとして、死亡保険金が徐々に減少することに注目しています。「逓増」と「逓減」とではイメージが随分違います。だから保険会社のつけた名称にとらわれずに、(つまり保険会社からの「苦情」「お叱り」がくるとの覚悟の上で)、その実質に注目して分類し解説しようと努力しています。

「年金受取」型死亡保障は逓減保障

あるパンフレットでは


大手生命保険会社の定期付終身保険のパンフレットは次のようになっています。なお特約の名称と内容は保険会社によって多少は違いますがほぼ同じです。
・終身保険・・・100万
・定期保険特約・・・500万
・生活保障特約・・・240万×10年
・三大疾病定期保険特約・・・500万
・疾病障害定期保険特約・・・500万
病気死亡したときには次の終身保険と特約が支払われることになります。
死亡保障の合計・・・・一時金1600万+年金240万×10年(計4000万)


死亡時の特約の内容は

各特約は次のようなものです。
・終身保険・・・死亡・高度障害のときに100万支払われる
・定期保険特約・・・死亡・高度障害のときに500万支払われる
・生活保障特約・・・死亡・高度障害のときに毎年240万が10年支払われる
・三大疾病定期保険特約・・・死亡・高度障害・三大疾病のときに500万支払われる。
・疾病障害定期保険特約・・・死亡・高度障害・疾病が起因一定障害のときに500万支払われる。

三大疾病で、ガンなら診断時ですが、急性心筋梗塞や脳卒中は60日以上働けない時に保険金が支給されます。疾病が起因での一定障害なら、疾病により視力が極めて弱くなったり、聴力を永久に失ったり、手を手関節以上で失ったり、ペースメーカーを入れたり等々、生前給付の現実の支給要件なかなか厳しいものです。
もちろん本当にそうなったときはありがたいものですが。
現実には全部まとめて死亡保障が中心になっています。
支給条件がいかに厳しいかを次でご確認ください。

要介護保障
三大疾病保障
疾病障害重度障害保障

複雑でも同じ

つまり、このように商品構成は複雑になっていますが、これは次の定期付終身保険とは大きく変わらないともいえます。そして生前の例外的に厳しい状態になれば500万円が受け取れるのです。

・終身保険・・・100万
・定期保険特約・・・3800万

様々な特約

以上の基本保障に加えて次のような特約が付け加えられています。基本的には、要介護時保障と災害時保障と入院時保障です。
・要介護保障特約・・・年金年額60万円×10年
・災害割増特約・・・500万(災害による死亡時の保障)
・傷害特約・・・500万(災害による死亡時傷害時の保障)
・入院特約・・・5000円
・成人病特約・・5000円
・特定損傷・・・1回につき5万(災害による骨折脱臼等の保障)
・通院特約・・・3000円(退院後の通院を保障)

これらの特約については大手生命保険会社に大きな差はありません(といいながらも一部に大きな特徴的なものもあるのですが…)ので、例外を除いてこのHoken-Erabi.netではくわしく説明を行っていません。

生命保険のパンフレット保険設計書を理解するために
生命保険のパンフレットや保険設計書は一見すると「複雑」に思えます。たしかに複雑です。しかしよく読めばそんなに難しいことはありません。是非とも次のページをご覧になってください。パンフレットや保険設計書が楽に読めるようになること請け合いです。

生命保険セット商品はどう変ってきたか
…生命保険パンフレットや設計書を理解するために








生命保険比較 生命保険比較









日本生命/ 第一生命/ がん保険比較・ガン保険/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ