年金保険の二重課税の判決解説(2) 坂本嘉輝 2/3
トップ生命保険選び自動車保険保険約款生命保険相談生命保険代理店生命保険営業員代理店プロ生命保険 保険ショップ

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説
坂本嘉輝「アカラックスセミナー」(プロ向け)
アカラックスホーム・定例セミナーその他様々なセミナーが行われています。
講師はアクチュアリー(保険数理人)。プロに必要な知識を系統だって学べます。場所:東京神田
AAA(あの・アカラックスの・アクチュアリー の)本音のアドバイス

年金保険の二重課税の判決解説(2) 坂本嘉輝 2/3

7471  
AcalaxのHOMEへ

1 2 3

年金保険の二重課税の判決解説(2) 坂本嘉輝 2/3


4.年金と年金受給権


さて上のみなし相続財産の所、「保険金」と書いてありましたが、「年金」とは書いてありません。どうしたもんでしょう。

相続税法第24条(定期金に関する権利の評価)という規定があり、通常、契約者・被保険者が死亡して相続人が年金を受取るような場合、この条の規定(計算方法)によりその年金を受取る権利(年金受給権)を評価し、それをみなし相続財産として相続税の課税対象額に算入することになっています。

ということは、少なくても年金受給権については「みなし相続財産」だということになります。

そこでまた「みなし相続財産の規定(相続税法第3条)」を見てみると、みなし相続財産となるものは、この条の第1項の第1号から第6号まで列挙されています。その第1号から第6号の中で、この年金受給権について関係ありそうなものを探すと、上記の第1号以外には該当しそうなものがありません。すなわち上記の第1号「死亡保険金がみなし相続財産になる」という規定で、「年金受給権もみなし相続財産になる」ということになっているようです。

さてそうすると年金受給権については、第1号の保険金としてみなし相続財産になったようですが、肝腎の年金の方はどうでしょう。

毎年受取る年金と年金受給権は「一体のものか・別々のものか」というのが裁判でも大きな争点になっているのですが、この年金は年金受給権により毎年年金支払日が来ると貰えるという性格のものです。

法律の世界では言葉を定義しないで使うと、その言葉の意味は一般的に日常使っている意味と解釈するというルールがあるようです。

だとすると「被保険者の死亡によって発生した年金受給権によって毎年受取る年金」という具合に「によって」が二重になっているのはつづめて、「被保険者の死亡によって毎年受取る年金」と言っても良いような気がします。
例えば地震で棚から物が落ちてきて頭にあたって怪我をした」というのをつづめて言うと、「地震で怪我をした」となるのと同じようなことです。

さてそこで、「被保険者の死亡によって受取る年金」となったとき、それは相続税法にいう「被相続人の死亡により受取る保険金」に該当するかどうかということになります。

こう考えると、「年金受給権は保険金」だという主張より「年金は保険金」だという主張の方がはるかにもっともらしい気がします。

そして、相続税法にいう「被相続人の死亡により受取る保険金」という文章には「いつ」という規定は
ありません。ですから被相続人の死亡により「その時」受取る年金受給権が該当するのであれば、被相続人の死亡により「その時以降将来的に10年間毎年」受取る年金も該当しそうに思います。
となるとこの年金は「みなし相続財産」で、所得税非課税ということです。
これはAさん側の主張ですね。

5.据置保険金のモデル


裁判では年金について「これは保険金の分割払だ」という考え方が示されています。ここでもう一つの考え方について検討してみましょう。

現在死亡保険金は被保険者が死亡したらすぐに払うことになっています。しかし技術的にはそのような制限は必ずしも必要ではありません。すなわち「被保険者が死亡したら保険期間満了時に死亡保険金を支払います」とか、「被保険者が死亡したら保険金受取人が20歳になった時に死亡保険金を支払います」とか、あるいは「被保険者が死亡したらその10年後に死亡保険金を支払います」とかの保険があっても、少なくとも保険としてはちっともおかしくありません。

お話の世界では、昔、王様が今わの際(いまわのきわ)に息子の王子に「お前が成人したらこの国をすべておまえに譲る」と遺言をするなんてことはごく普通のことです。

このような、即時払死亡保険金でなく、何年か期間を置いてから払う据置死亡保険金がもしあったとしたら、これは相続税法上どのように扱われることになるでしょう。

これこそ「被相続人の死亡によって相続人が(何年か後に)受取る保険金」ですから、税法の規定にぴったりの「所得税非課税のみなし相続財産」ということになりますね。
で、このような「据置死亡保険金」という考え方を使うと、今回の年金は

  1. 「被保険者が死亡したら すぐに払う230万円の死亡保険金」
  2. 「被保険者が死亡したら その1年後に払う230万円の死亡保険金」
  3. 「被保険者が死亡したら その2年後に払う230万円の死亡保険金」
  4. 「被保険者が死亡したら その3年後に払う230万円の死亡保険金」



「被保険者が死亡したら その9年後に払う230万円の死亡保険金」
という10個の(即時および据置)死亡保険金のかたまりと考えることもできそうです。
この場合、それぞれの保険金は所得税非課税のみなし相続財産ですから、その全体も所得税非課税のみなし相続財産ということになりそうですね。

年金を「保険金の分割払い」と考えるのではなく、「いくつもの保険金の集まり」と考えると今回の件もすっきり解決するかも知れません。

これも結論はAさん側の主張です。

6.最高裁の判決


上記のように相続税法と所得税法の規定を併せて読むと、「年金受給権は所得税非課税だけど、年金は所得(雑所得)として課税される」という国税側の主張も、「年金受給権も年金もみなし相続財産で所得税非課税だ」というAさん側の主張も、どちらも正しそうです。

このように同じ法律から二つの相異なる結論が出てくるというのは、その法律が矛盾しているということを示します。
そうなったら仕方がないので、どちらか一方を採用しておいて、できるだけ早急に矛盾している法律を改正して矛盾を解消することが必要です。

論理学の世界では「Aである」という主張と「Bである」という主張が矛盾している場合、どちらも正しいと仮定すると、「Cである」という主張が、それがどんなに奇想天外のとんでもない主張であってもそれを証明することができる、ということが証明されています。

たとえば「この矛で貫けない盾はない」という主張と「この盾を貫ける矛はない」という主張を組合せると、「三角形は四角形である」などということが証明できるということです。

これを税法に適用すると、矛盾している税法からどんな主張だって引っ張り出せるということになります。とはいえ税法というのは論理学の世界でなく現実の世界のことですから、あまり非現実的な議論にはなりません。

最高裁の判決は【年金受給権についてはみなし相続財産として所得税非課税、年金についてはそのうち年金受給権の取崩しにあたる部分は、すでに課税済みの財産の取崩しだから非課税、利息にあたる部分は新たな所得として課税】というものです。これは年金に対する税制のあるべき姿ということでこの部分についてだけ考えるのであれば、合理的な一つの素晴らしい解答になっています。

しかし裁判で問われているのは「税法のあるべき姿は?」ということではなく、「今の税法を根拠にして何が正しいのか?」ということです。

この最高裁の判決、税法のどこにそれが書いてあるんでしょうか。「年金受給権は所得税非課税」の部分は特に問題はないですよね。そのあと毎年受取る年金について「年金受給権の取崩しにあたる部分は非課税・利息にあたる部分は課税」という判断については、年金をこのように二つに分けるとか、分けた一方を非課税・もう一方を課税とするというのは、税法のどこに書いてあるんでしょうか。

仮にこのように二つに分けたとしても、年金受給権の価格の計算は相続税法では決まっていますが、所得税法には何の規定もありません。所得税非課税となる「相続により取得したものとみなされるもの」が相続税法の定期金の額の評価で規定されている金額の財産だというのは、どのような理屈なんでしょう。

Aさん側の主張も国税側の主張も、それなりに税法に則った主張です。その二つの主張が矛盾するからといって両方とも否定して、どちらでもない新たな主張をするためには十分な根拠が必要なはずです。

裁判所というのは、法律のあるべき姿を議論する所ではなく、既にできている法律にもとづいて何が正しいか判断するところのはずです。最高裁判所というのは他の裁判所とはちょっと性格が違って、できている法律が憲法違反ではないかどうかとか、地方裁判所や高等裁判所の判断が法律違反ではないかどうか判断する所だということです。

Aさん側の立場に立つと国税側の主張は税法違反ということになります。国税側の立場に立つとAさん側の主張は税法違反ということになります。最高裁の判決はAさん側の立場からも国税側の立場からも税法違反です(もちろん最高裁の判決の立場に立てば、Aさん側の主張も国税側の主張も税法違反です)。

このような状況で、Aさん側の立場・国税側の立場はそれぞれ現行の税法の規定にもとづいているものと考えられます。
それに対して最高裁の判決は税法の規定というより税法のあるべき姿にもとづいているもののように思えます。こんなことで良いんでしょうか。

1 2 3






AcalaxのHOMEへ





日本生命/ 第一生命/ 住友生命/ 明治安田生命/ 朝日生命/ 三井生命/ ソニー生命/ プルデンシャル生命/ アフラック・アメリカンファミリー/ メットライフアリコ/ ライフネット生命/ ネクスティア生命/ オリックス生命/ 損保ジャパンDIY生命/ アメリカンホーム/ 東京海上日動あんしん生命/ かんぽ保険/ 生命保険 見積もり/ 生きるチカラ/ 堂堂人生 / ライブワン/ ライフアカウント/ 保険王/ ザベクトル/ 長割り終身/ EVER/ 所得補償保険比較/ がん保険比較・ガン保険/ 独断解説/ 火災保険の比較見積り/ 生命保険の相談/ 生命保険の見直し/ 逓増定期保険・法人契約・節税・生命保険/ 生命保険・相続・相続税/ 生命保険の無料相談/ 保険マンモス/ ライフプランとプランナー/ 生命保険のコンサルタント/ ファイナンシャルプランナーFPの無料相談と生命保険/ 学習塾・進学塾/ 住宅ローン/ 任意売却/ 太陽光発電/ AED/ 贈与税/ 離婚/ フランチャイズ/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ