Q&A201004 「後期高齢医療制度」のその後は?

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

Q&A201004 「後期高齢医療制度」のその後は?


【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

9768    
「後期高齢医療制度」のその後はどうなっている?

Q 後期高齢者医療制度が導入されてちょうど2年が経ちました。今、制度はどうなっているのでしょう?



A 後期高齢者医療が廃止されることが決定しましたが、すぐには移行できないため、平成25年4月をめどに新制度が整備されることになっています。



■後期高齢者医療の流れ


2008年4月、75歳以上の高齢者と一定の障害状態にある65〜74歳の方(約1300万人)を対象とした「後期高齢者医療制度」が始まりました。医療制度改革の一環として、それまでの「老人保健法」を「高齢者の医療の確保に関する法律」として内容も大きく変更されました。

従来、退職後の高齢者は国保に加入していました。その中の75歳以上の医療費は「老人保健制度」として国保と健康保険から拠出金を出し合って支えてきました。しかし、高齢化が進む中、健保組合の拠出金は4割となり、今後右肩上がりに増える医療費負担を支えきれないと予想され、高齢者医療の負担ルールを明確にすることが制度改定の理由の1つでした。

そのため、「後期高齢者医療制度」では独立した制度とした上で、財源の拠出割合が明確にされました。患者自身が1割負担となったため、保険から給付される割合が、税金5割、現役世代からの支援4割、高齢者自身の保険料で1割と定められたのです。
後期高齢者医療制度の負担イメージ


運営主体は市町村から都道府県ごとに全市町村が加入して設置された「後期高齢者医療広域連合」に変更され、医療費がかかる都道府県ほどどうしても保険料負担が大きくなる仕組みになっています。保険料が上げられなければ、保険診療の内容が制限されることが予想されることから、「姥捨て山」などと批判を受けました。年金から保険料を天引きしたことも高齢者の反発を呼び、また、窓口となる主治医を決めて原則、定額で治療を受ける「主治医制度」も医師会から批判を受けました。

その後、政権交代を経て後期高齢者医療が廃止されることが決定しました。しかし、すぐには移行できないため、平成25年4月をめどに新制度を整備する流れになっています。



後期高齢者医療制度の廃止について(厚生労働省のサイトより)
○ 平成25年4月を目途に新たな制度に移行します。
・新たな制度の具体的なあり方についての検討を行うため、厚生労働大臣の主宰により、高齢者の代表、関係団体の代表、有識者の計19名からなる「高齢者医療制度改革会議」を設置しました。
・ 検討に当たっては、以下の6原則を定め、議論を進めています。
(1) 後期高齢者医療制度は廃止する
(2) 民主党マニフェストで掲げている「地域保険としての一元的運用」の第一段階として、高齢者のための新たな制度を構築する
(3) 後期高齢者医療制度の年齢で区分するという問題を解消する制度とする
(4) 市町村国保などの負担増に十分配慮する
(5) 高齢者の保険料が急に増加したり、不公平なものにならないようにする
(6) 市町村国保の広域化につながる見直しを行う





■2010年4月の改定で保険料アップ


後期高齢者医療制度は、2年に1回、保険料が改定されることになっていますが、2010年4月の保険料改定では、75歳以上の保険料は、医療費の増加などにより全国平均で2.1%、年間1300円のアップになりました。これにより、平均で年間およそ6万2000円だった保険料が6万3300円に上がりました。

■制度はどう変わる?


後期高齢者医療制度に変わる制度については、平成25年4月を目途に新たな制度に移行することが決まっていると前述しましたが、内容については何も決まっていません。現在、「高齢者医療制度改革会議」でいくつかの案が検討されていますが、平成22年度末までに具体案をまとめ、通常国会に関連法案を提出、平成25年4月から新制度をスタートさせる予定で進められています。その第一弾として、平成22年8月には中間案がまとめられる予定です。

報道によると、現在、挙がっている案は4つ。
  1. 加入者の所得などに応じて国民健康保険や健保組合の間で財政調整を行う
  2. 75歳ではなく、65歳以上を独立させた制度にする
  3. 退職後も元々入っていた健保組合に加入し続ける
  4. 65歳以上は国保に加入。国保を都道府県単位に広域化し、税投入や健保・共済組合からの財政支援を行う(国保の負担を抑えるため、財政運営は高齢者と現役世代を区分)


4つの制度にはいずれもメリット・デメリットがあり、その中で、現在、有力となっているのは(4.)です。(4.)は、高齢者の保険料負担などがあまり増えない仕組みですが、仕組みとしては財政運営を高齢者と現役世代で区分される予定で、後期高齢者医療と同様に、将来、高齢者の医療費抑制が行われる可能性もあり得る点が指摘されています。これについては、将来的に公費負担割合をどこまで増やせるかが問題となりそうです。

超高齢社会が進む中、医療費拡大の根本的な問題が解決策がない中、最終案はどのようなものになるのか、今後も注目されます。

2010年3月31日
ファイナンシャルプランナー、シニアリスクコンサルタント 豊田眞弓







マネーカウンセリングネット「Wealth」


生命保険比較 生命保険比較









住友生命/ 明治安田生命/ がん保険比較・ガン保険/ /セミナー講師

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ