既契約からの乗り換え・特約中途付加・保険会社の社内規定

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説

既契約からの乗り換え・特約中途付加・保険会社の社内規定

9202  
【あんしん生命】
メディカルキット 保険料全額戻る医療保険
【保険選び方のノウハウ…当サイトおすすめ記事】
ネット生保 保険無料相談 保険ショップ

bird管理人の保険知識…目次

既契約からの乗り換え・特約中途付加・保険会社の社内規定



既契約からの転換・下取り・乗り換え…契約の見直しで気をつけること

★『乗り換え』について



一般の人でも、(『契約の見直し』=『転換』でしょぉ?!)…と、すぐにピン!とくるほど、知名度が高い『転換』。
でも、「保険の見直し、しよっかな〜‥」と言うと、[今加入している契約を解約して、また同じ保険会社に新規加入する]という、荒技(?)を仕掛けられることもあるんですよ。

『乗り換え』は罪?


・新規加入である『新契約』は、プラス。継続していた契約の『解約』は、マイナスになります。[プラスマイナスゼロ]ですから、『新契約』が成立しても、なんにも増えません。
それは、この荒技を勧める人(営業職員)のお給料に、モロ反映します。保険会社は、同じ人を保険の対象者(被保険者)とする契約をチェックしています。

・『新契約』が成立したときは、その報酬が「営業職員」に支払われます。そして、その『新契約』成立前後の所定の期間内は、「被保険者」が同一の契約の『解約/減額』監視の期間でもあります。
この期間内に、『新契約』と「被保険者」が同一の契約が『解約/減額』されると、支払われた報酬の一部または全部が没収されてしまいます。
これは、『乗換控除』と呼ばれています。《控除》って言葉は、税金を計算するときは、嬉しい響きなんですけどねぇ‥。

・だから、『転換』が可能であるならば『社内乗り換え』なんて勧められるワケがない。でも、勧めてくる…
それはおそらく、その保険会社の『新契約取扱規定』によれば、その既契約(現在の契約)が、希望する保険商品には『転換』できない場合なんでしょうねぇ‥。

『取扱規定』の壁!


・既契約を、希望する保険商品に『転換』することはできるのだけれど、保険会社の『転換契約取扱規定』により、その商品の保険金(年金)や特約などが、希望する金額では契約できない場合があります。
例えば、『転換後の契約』は、『転換前の契約』より…
[保険金(年金)や特約の保障額は、1000万円以上増えなきゃダメ]
[保険料は、1000円以上高くならなきゃダメ]
…といったカンジです。(自由設計じゃ、ないジャン!!)

・今は、新商品の発売と同時に、医療や介護などを保障する新しい特約も発売されるのがトレンドのようです。
逆に、特約の方が有名でニードが高くなった結果…
[この特約を付けられる保険に加入したい!]…といったこともあるようです。

・だから、「お客様」の要望に応えたい「営業職員」としては、(え〜い!『乗り換え』やっちゃえ〜!!)という気持ちになるんでしょうかね。
もっとも最近は、この『転換契約取扱規定』も、かなりゆる〜くなっているらしいのですが‥。

『中途付加』って?


・『契約の見直し』をした結果、[医療や介護保障などの特約だけ、新しくしたい!]ことがありますよね。それも可能なんですよ。
特約とは、もともと付ける付けないは自由ですから、契約するときは付加しなくても、あとから(中途で)付加することができます。これが『特約の中途付加』ですね。

・でも、保険会社の『特約中途付加取扱規定』により、希望する特約が、その既契約には付加できない場合があります。(またしても、『取扱規定』の壁!)
この場合は、新しく契約し直さないと、[ご希望の特約保障]はゲットできません。そこで、やむなく(?!)『乗り換え』が行われます。

・ところが、希望する特約がその既契約に付加できるのに、わざわざ『乗り換え』が行われる場合が、たま〜にあります。
それは、その既契約に、[ご希望の特約保障]の古いタイプが付加されている場合です。古いタイプの特約を取り外さないと、新しい特約は付けられません。
だからこの場合は、『特約の中途付加』と同時に『特約の中途解約』をする必要があります。(『特約の付け替え』などともいわれます)

・「営業職員」にとって『中途付加』は、営業成績の件数にはカウントされない「保全サービス」です。
ですから、『中途付加』だけでお客様(契約者)の『契約の見直し』ができるとしても、なんとか「保全サービス」を『新契約』に変えようと、努力するのは必至です。
ましてや、超メンドーくさい『特約の付け替え』を、嬉々としてやってくれる「営業職員」が、沢山いるとは思えません。
(え〜い!『乗り換え』やっちゃえ〜!!)という気持ちになる「営業職員」の方が、多数派かもしれませんよ。

それぞれの『乗り換え』


○「契約者」には…

・新しく加入した契約は、『転換契約』ではないので、『転換契約取扱規定』による様々な制限を受けません。

・解約した既契約に「解約返戻金」がある場合、これを『新契約』の「一時払保険料」や、「頭金」などに充当すれば、フツーより安い保険料で加入できます。

・『特約の付け替え』でよかったのに『乗り換え』させられた場合を除けば、「契約者」にとっては、あまりデメリットは無いかもしれませんね。

○「営業職員」には…

・報酬はあとから没収されるし、あまり頻繁に行っていると、販売手法を問われます。さらに、成績評価に影響して昇格昇給できなくなるなど、最終的にはお給料にダメージがやってきます。

・でも、[とりあえず新契約一件獲得!]とか[新商品を販売した!!]という、名誉になるんですよね。そのときだけは‥。

○『保険会社』には…

・[プラスマイナスゼロ]だけど、マイナスよりゼロ、ゼロよりプラスにしたいもの。既契約を『解約/減額』するときは、「営業職員」が[『解約/減額』に至った経緯を説明して申請する]報告書を提出します。

・この報告書さえ提出すれば、『解約/減額』ができます。所属長などが担当の「営業職員」の名前を見て(ま〜た、コイツか…)と思っても、あくまでも『お客様の事情と申請』ですから、応じないワケにはいきません。

・要するに、保険会社は『見て見ぬフリ』…といった、ところでしょうか‥。






生命保険比較 生命保険比較









日本生命/ 第一生命/ がん保険比較・ガン保険/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ