年金保険の二重課税の判決解説 坂本嘉輝 2/8
トップ生命保険選び自動車保険保険約款生命保険相談生命保険代理店生命保険営業員代理店プロ生命保険 保険ショップ

生命保険比較 保険選びネット

生命保険■独断解説
坂本嘉輝「アカラックスセミナー」(プロ向け)
アカラックスホーム・定例セミナーその他様々なセミナーが行われています。
講師はアクチュアリー(保険数理人)。プロに必要な知識を系統だって学べます。場所:東京神田
AAA(あの・アカラックスの・アクチュアリー の)本音のアドバイス

年金保険の二重課税の判決解説 坂本嘉輝 2/8

7460  
AcalaxのHOMEへ
1 2 3 4 5 6 7 8

死亡保険金を年金の形で支払う場合の二重課税の問題に関する最高裁判決について(2/8)

7.これに対しAさんは異議申立て、審査請求を行い、最終的に平成16年6月23日に次のような減額再更正が行われ、審査裁決はこの再更正を認めました。
再更正後 総所得 2,585,707円
課税所得 320,000円 (既に控除されていた社会保険料・基礎控除に加え、寡婦控除・配偶者控除・配偶者特別控除・扶養控除等が追加して控除された結果、課税所得は32万円に減りました)
源泉徴収税額 223,464円
還付税額 197,864円 (課税総所得320,000円に税率8%をかけて税額25,600円。源泉徴収税額、223,464円からこれを差引いた197,864円が還付されます)

8.Aさんはこの上記6.の更正、上記7.の再更正が不当であるとして、国税不服審判所に審査請求しましたが、平成17年2月22日、上記7.の再更正が適法であるとの裁決を得ました。

9.これを受けてAさんは更に国および長崎税務署長(以下「国税側」といいます)を相手に平成17年長崎地方裁判所に訴訟を起こし、平成18年11月7日長崎地方裁判所は上記6.の更正・上記7.の再更正を取消し、上記5.が正しいとする判決をしました。

10.これに対して国税側は福岡高等裁判所に控訴し、福岡高等裁判所は、長崎地方裁判所の判決を取消す(結果的に上記7.が正しいとする)判決をしました。

11.これに対してAさんは最高裁判所に上告し、最高裁判所は平成22年7月6日、福岡高等裁判所の判決を破棄し、控訴を棄却する(結果的に上記5.が正しいとする)判決をしました。
以上のように
@ Aさんとその顧問税理士の考え方 (上記5)
A 国税側の考え方 (上記7)
B 国税不服審判所の裁決 (上記7を正しいとする)
C 長崎地裁の判決 (上記5を正しいとする)
D 福岡高裁の判決 (上記7を正しいとする)
E 最高裁の判決 (上記5を正しいとする)
と、考え方・結論がその都度変化しています。本質的な差は上記6.の所で、総所得の所に2,208,000円を足すか足さないかということなのですが、最後の最高裁の判決は結論としては上記5.が正しいとするのですが、後述するようにそれ以外に考え方に大きな変更がありました。

Aさん側の主張する上記5.の還付税額223,464円と、国税側の主張する上記7.の還付税額の197,864円の差額が25,600円ですから、この結果Aさんの手取りは25,600円だけ増える(あるいは返ってくる)ということです。しかし重要なのは、むしろ総所得が上記5.と7.とでは220万円も違うということと、この違いによる所得税の違いは、2年目以降の年金についても効果があるということです。

【前置き】
Aさん側・国税側・それぞれの審判所・裁判所の考え方を説明する前に、いくつか前置きの説明をしましょう。
Aさんは10年間毎年230万円貰う権利の額として、1,380万円の年金受給権の評価額を、Aさんの夫の相続税の申告でみなし相続財産として算入しています。

相続税の申告の課税価格には算入していますが、マスコミなどの報道によると相続税は払っていないようです。ご主人が死亡した場合の奥さんの相続税にはいろいろ優遇措置があるので、相続税を払う必要がないというのはごく普通のことです。

Aさんは年額230万円の年金10年分の受給権の価格として、230万円×10(年間)×0.6=1,380万円としています。これは現在の税法で決まっている計算方式(以下の相続税法第24条(定期金に関する権利の評価)による)です。来年以降の税法ではその価格は(年金を一括払で受取る場合の額である)2,059万8,800円になります。受取年金の総額は(230万円×10=)2,300万円ですから、それと比べると大分少なく評価されていることになります。

年額230万円の年金に対し、第一生命は源泉徴収税額220,800円を差引いて、2,079,200円をAさんに支払っています。この220,800円というのは一体何でしょう。

Aさんの夫は死亡するまで第一生命に保険料を払っています。その保険料のうち、この230万円の年金を10年間支払うという保障のために払った保険料、年金1回分あたりの金額として評価されるのが92,000円になります。この計算もなかなか面白いので、後で説明します。

この92,000円は230万円の年金をもらうために(Aさんの夫が)払った経費ですから、それを差引いた(2,300,000-92,000=)2,208,000円が儲けというか、負担した以上に貰う額になります。これを所得として、この額に対して10%の源泉徴収税率をかけると(2,208,000円×10%=)220,800円が源泉徴収税額となるわけです。第一生命はこの源泉徴収税を1年分の年金の額230万円から差引いて差額の2,079,200円をAさんに支払い、差引いた源泉徴収税は税務署に納付しています。この源泉徴収税額はAさんのように確定申告することによって取り戻すことができます。

さてここからいよいよ双方の主張です。
<Aさん側の主張>
230万円の年金10年間分 総額2,300万円の相続税法上の評価額1,380万円は、相続税の申告の中に含めているので、この部分は既に課税済みである。

実際に受取る2,300万円の年金はこの課税済の年金受給権から支払われるものであり、所得税法第9条の規定により非課税である。だからこれを所得税の所得とするのはおかしい。

<国税側の主張>
相続税の確定申告に含めた1,380万円は、将来的に年金を受取る権利である「年金受給権」の評価額である。これに対して毎年受取る年金はその「年金受給権」を受取っているのではなく、その「年金受給権」から発生する「支分権」にもとづいて「年金」を受取っているんだから、「年金受給権」について相続税法上課税済であるからといって、それとは別の所得である毎年の「年金」に所得税を課すのは、二重課税にはあたらない。

ここで二重課税といっているのは、実は所得税法でも相続税法でも二重課税という言葉を使っているわけではありません(相続税法では、「二重課税」という言葉は使われていません。所得税法では、1ヵ所だけ「二重課税」という言葉が使われていますが、これは今回の件とは全く関係のない外国の課税との二重課税の話の所です)。

1 2 3 4 5 6 7 8






AcalaxのHOMEへ





日本生命/ 第一生命/ 住友生命/ 明治安田生命/ 朝日生命/ 三井生命/ ソニー生命/ プルデンシャル生命/ アフラック・アメリカンファミリー/ メットライフアリコ/ ライフネット生命/ ネクスティア生命/ オリックス生命/ 損保ジャパンDIY生命/ アメリカンホーム/ 東京海上日動あんしん生命/ かんぽ保険/ 生命保険 見積もり/ 生きるチカラ/ 堂堂人生 / ライブワン/ ライフアカウント/ 保険王/ ザベクトル/ 長割り終身/ EVER/ 所得補償保険比較/ がん保険比較・ガン保険/ 独断解説/ 火災保険の比較見積り/ 生命保険の相談/ 生命保険の見直し/ 逓増定期保険・法人契約・節税・生命保険/ 生命保険・相続・相続税/ 生命保険の無料相談/ 保険マンモス/ ライフプランとプランナー/ 生命保険のコンサルタント/ ファイナンシャルプランナーFPの無料相談と生命保険/ 学習塾・進学塾/ 住宅ローン/ 任意売却/ 太陽光発電/ AED/ 贈与税/ 離婚/ フランチャイズ/

生命保険
この情報は公開情報と独自調査によります。発売元保険会社のパンフレットや約款等によりご確認ください。


保険プロ情報
保険ゼミ
自動車保険 比較
注目ページ一覧

生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
保険を探す前に…保険は怖い
保険業界大変革であなたは
学資保険で騙された
転換設計書で騙された
ネット生保も信じるな(外部リンク)
年金104万円のはずが54万円
生命保険のコンサルタント
保険の入り方
ネット生保
保険ショップ
保険無料相談
外資系生保
FP相談
必要保障額
告知義務
相続対策保険
大手生保
生保レディ
転換・下取り
保険乗り換え
保険解約
見直し相談は
提案書読解術
節税生命保険
保険の種類ごと
医療保険
ガン保険
学資保険
団体保険
引受緩和型
死亡保険
終身保険
所得補償保険
収入保障保険
生命保険生命保険の見積り
生命保険ランキング
生命保険資料請求評判ランク
掛捨ての通販生命保険
生命保険会社別の目次
保険の無料相談紹介
保険相談
保険マンモス
あなたのFP
MONEYMO
生命保険選び方
ライフプラン
保険販売とは
通販と営業マン
Google
商品名・会社名・保険
用語…なんでも検索

Webから検索 当サイトから検索
生命保険 注目商品情報 生命保険 比較
注目ページ一覧

気になる保険商品 商品名種類目的検索
保険会社別商品検索
保険商品の比較リスト
FPによる比較一覧
FPによる注目商品
各商品の設計書実例
知らないと損
FPによる保険情報
AAA-本音のアドバイス
大地一成の一刀両断
bird管理人の保険知識
生命保険トピックス

サイト運営元
プロ向メルマガ
who? 管理人

スーパーおすすめサイト
2006年度総合大賞受賞サイトです



あんしん生命資料請求
  • 使わなかったら払った保険料が全額戻ってくる医療保険

保険ショップインフォ
  • 地域から探す
  • 保険ショップの使い倒し方

保険ショップ