生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る



 ■--保険更新時の見直し。定期保険部分はどうしたら。
 >>>しん   -- 2005/06/10-10:19..No.[147]
    こんにちは。よろしくお願いします。

夫(44歳)の保険が8月で更新です。
・平成7年9月に契約した、終身保険<重点保障プラン>
・終身500万(うち転換特則の保険金額228万)でこのまま更新すると次の10年間の保険料4746円。65歳まで払い込み。
・定期保険3500万(10年)。更新すると保険料18480円。
・その他に医療・災害特約が付いてます。

担当者は例によっての転換プランを持ってきました。ふれ愛家族EXです。終身部分を転換によって100万にして、その分定期保険・生活保障特約(10年確定年金)にあててぱっと見の保険料が低くなるようにしています。

私は、今の終身500万は転換などせずに、そのまま残したいと思っています。
お聞きしたいのは、定期部分3500万なのですが、2000万に減らしたいと思っています。(会社で入ったほかの保険があるため。)
今の保険を減額した方が得なのか、それともこの保険は終身だけ残して、定期保険部分は新たに入っても同じ事なのか・・・。更新のメリットってなにかあるのでしょうか。

以前の担当者は保険を理解していた方でよかったのですが、今の人は何を聞いてもわからないのでガッカリ・・・の人で、細かいこと聞くと話がややこしくて。




>>> 花粉症   -- 2005/06/10-18:01..No.[148]
 
    しんさん、こんにちは。

おっしゃるように転換は避けたほうがよいですね。H7年契約なら予定利率5.5%のお宝保険でしょうから、その権利は維持すべきです。

更新のメリットは、「告知がいらない」ということです。つまり不健康でも更新出来るということです。もし、しんさんが健康状態に問題があってもう保険の新規加入が難しいのなら、更新していくしかないでしょう。減額はもちろん可能です。

健康状態に問題がないのなら、更新しないで他に入りなおすという選択肢もあります。
何故かというと、更新するということは平準定期保険が続くということですよね。つまり2,000万円が44歳から10年間続くという意味です。

保険会社によっては、「逓減定期保険」というものもあります。保障が一定ではなくて年をおうごとに下がっていくというものです。
年齢が上がるにつれて必要な保障額は下がっていくからです。
これですと、保険料が約半分になります。

もうひとつ、医療特約も更新型だと思います。国内系の生保なら、保険料払込満了時(つまり65歳時)に80歳までの保険料を一括前納(最近は年払いもアリ)という払方です。
今のうちに保険料があがらないタイプに切り替えるというのもひとつの手です。

あいもかわらずニッセイさんは更新間近の人に転換をすすめるというワンパターンなのですね。
特に外務員が素人さんだと非常に疲れることでしょう。
コールセンターに電話して直接相談されたほうが早いかもしれませんよ。

 

>>> midori   -- 2005/06/11-11:14..No.[149]
 
    こんにちは。

あいもかわらずニッセイさんは更新間近の人に転換をすすめるというワンパターンなのですね。←誹謗中傷に聞こえます。

更新をお知らせし、最初にお持ちするのは、現在のご契約者様のニーズをお伺いするためのモデルプランです。
そのプランにしましょうと言う意味ではございません。
担当の者、経験が浅いかもしれません。
当社には、保険のプロが沢山おります。
担当者の対応が不十分だと感じておられるようであれば、
お近くのライフプラザ、または職員の上司にご相談して頂けるとよろしいかと思いますので、よろしくお願い致します。担当変更可能です。


現在、ほかにお持ちの保険と合わせて、
必要な保障をご検討していきましょう。
・現在の家族構成。(主にお子様の年齢)
・ご予算(更新前・更新後の保険料を参考に。減額も可能です。)
・終身500万は残したい 万が一の保障2000万←可能です
・更新型・全期型(保険料が満了まで変わらないタイプ)←選べます。
・「逓減定期保険」←当社にもございます。


不明な点は、書き込みして頂ければお答え致します。

 

>>> しん   -- 2005/06/13-01:12..No.[152]
 
    ◆花粉症さんへ
ありがとうございました。
健康状態には問題ありません。このまま、定期保険部分を2000万円に減額するのが一番簡単なのでそうしようと思っているのですが。
実は、今は10年の医療保障なので終身医療保険を別の会社で考えていて、定期保険をそっちの会社で考えても良いかなと思ったわけです。もし、更新することのメリットが新規告知の有無だけなら、現在の日本生命の定期保険と他の会社とを純粋に価格や条件で比較していいわけですね。

>あいもかわらずニッセイさんは更新間近の人に転換をすすめるというワンパターンなのですね。
私もそう思います。昨年も、私の保険の更新に持ってきたプランが、終身1000万を減額転換して定期保険を1000万から2000万つけるプランばかり3つも提案書書いてきました。まったくの専業主婦にその死亡保障が必要か考えればわかると思うのですが・・・。ぱっと見保険料は下がるのに保障は上がるから、納得すると思っているのでしょうか。
その保険は結局、終身500万の払い込み済み保険にしてしまいましたが。





 

>>> しん   -- 2005/06/13-01:40..No.[153]
 
    ◆midoriさんへ
ありがとうございました。
すみませんが、私がお聞きしたかったのは、更新のメリットはなにかあるのか・・・ということです。例えば同じ会社の同じ額の定期保険に、今の終身保険についている定期保険部分を更新するのと、別の保険として同じ額の定期保険に入るのとなにか違いはあるのか・・・ということです。健康状態を問われないというメリットが更新にはあるということが、上の方の回答でわかりましたが。

>更新をお知らせし、最初にお持ちするのは、現在のご契約者様のニーズをお伺いするためのモデルプランです。
その割には、何度も来てるのに「どのくらいの保障が必要と考えているのか」と聞かれたことがありません。また提案書を昨年からいくつも貰っているのですが、転換以外の提案書も貰っていません。
10年以上前に、よく保険のしくみを知らないまま、提案された転換をしてしまったことがあります。保険のことをいろいろ勉強した今なら、絶対に契約しないような内容です。「予定利率」なんて言葉も知りませんでしたしね。
持ってきたのはセールスレディーではなく、営業所の責任者でした。会社もしくは営業所の考えだったのでしょう。それ以来正直不信感を持っていることは否定できません。おっしゃるように本当に保険のプロという方に出会えれば話は別なのでしょうが・・・。
残念です。

>現在、ほかにお持ちの保険と合わせて、必要な保障をご検討していきましょう。
それはもうやりました。その結果、あと2000万の死亡保障を10年間は付けたいと思ってます。10年後からは、子どもも独立しだすので、逓減定期保険もいいなとは思っています。
健康状態も絡んでくるので、今選択した生保会社が、多分この先最後までお付き合いすることになると思います。日本生命に限らず、いろんな会社を比較検討したいと思っています。



 

>>> 通りすがり   -- 2005/06/13-02:43..No.[155]
 
    定期保険特約の更新であれば、外資系保険会社などで新規に定期保険に加入した方が保険料が安くなる可能性があります。
 

>>> 花粉症   -- 2005/06/13-19:01..No.[157]
 
    勤務先で団体定期保険制度があれば、おそらくそれが一番安いと思いますよ。
あとは、通販系の定期保険は外務員がかかわらないぶん安いです。
今はそのへんの情報入手が容易なので、色々調べられればと思います。

更新型の定期付き終身が全て悪いとは私は思ってません。
使いようによっては十分機能すると思っております。ただ、そのためにはちゃんとメンテナンスされる必要がありますが、問題は必ずしもそうではないということですよね。

更新時に減額や逓減定期への変更、払い済みなど選択肢がいろいろあるにも拘らず、(全部が全部とは言いませんが)転換プランしか持ってこないというケースが多いのではないでしょうか?

そのへんちゃんと対応されている人、或いは自分でメンテ出来る人はこういう掲示板にアドバイス求める必要はないですよね。
そうではなくて困っている人がここを訪れるわけでしょう。


 

>>> ぽち   -- 2005/06/13-21:10..No.[158]
 
    更新のメリットについて。
上記かかれているように健康状態のこと、
よく言われる見直しのきっかけ、実際見直しをすること、でしょうか。

>同じ会社の同じ額の定期保険に、今の終身保険についている定期保険部分を更新するのと、別の保険として同じ額の定期保険に入るのとなにか違いはあるのか

自分の保険でもそう思い、出してみたことがあります。
ニッセイでは新規加入は高く、無理でした・・・。

私はもし自分の契約ならば、減額更新のプランをもらって
その金額を他社と比較します。
以前ネットで他社の定期保険探して、見ましたが、某生命保険会社など安い10年有期などありましたから、ネット直販ですが。
めんどくさければ、減額更新後の金額が納得できるものならばそのまま更新。

医療保険特約に関して。
契約日が9月の何日かにもよりますが、しん様の契約はひょっとしたらその日にちによっては80歳終了の前に終身に変更が可能です。
短期入院特約は残念ながらつけられません。
現契約更新タイプですが、総払い込み額を計算されるのもいいかと思います。
更新後の特約の各金額内訳は営業員のパソコンでないとわからないので(印字できないこともあるので)確認が必要です。
他社でも安く終身で1日目からという商品はあります。
1入院限度日数・総日数が少ないのもある、など違いもあります。
対応も様々です。
そういった比較もあわせてされるといいと思いますよ。

短期だけのことでしたら、私は要らない派ですのでつけていません。
終身医療は魅力ですが、私は80歳まで生きると仮定して支払い総額を比較いたしました。
金額は非常にビミョーでした。
両方いいとこ取りはどうかな?ともくろんでいます。
一度ご自分の設定でお試しください、おもしろいです。

あと、ご存知だと思いますが念のため記入させて頂きます。
更新をそのまましない意志がある旨をきっちり伝えておかれたほうがいいです。
二ヶ月以上きりますと自動更新になる、と謳っていますから。
まぁ、なったとしても特約減額解約でいけますので問題ないです。

一部継続でかけられれば又更新を迎えますので、今後の為にもうすこし。
定期保険特約は掛け捨てですが解約返戻金はあります。
ですが、更新時には返戻金はゼロです。
更新前の約二・三年前くらいには返戻金がピークを迎えますので
そこで解約されるとお得です。
でも、かけてる年数が少ないと数万しかかえって来ません。
金額は「ニッセイプライスインフォメーションをくれ。」といえば、見ればわかります。
金融商品なので若干の金額の変動はありますことに注意。

NO157に書かれている花粉症さんの書き込みには賛成です。
ですが、NO148の一部の発言はあまり前向きな、解決にかかわる話しではないので他書き込みがあったのだと推察いたします。
こちら掲示板に書き込みされている方は、悩んでおられる方の相談に親身にのって下さる方なので、皆さんいいかたですから。
話がそれて申し訳ありません。

何かの参考に少しでもなれば幸いです。



 

>>> しん   -- 2005/06/14-18:08..No.[162]
 
    皆様、ありがとうございます。

いろいろな会社の定期保険を比較しています。
保険金2,000万のために(10年定期)、保険料がいくらになるのかで比較しているのですが、外資系損保や共済などでは44歳だと月10,000円切るようです。今の保険だと3,500万で18,480円。単純に計算すると2,000万だと12,320円・・・。どう考えても高いですよね・・・。

実は昨日の午後、セールスレディーさんから電話がありました。
お伺いしたいといわれたのですが、来てもらってもこちらの聞いた事に答えられなくて、「帰って確認してみます」ばっかりなので、そのまま電話で話を聞かせてもらいました。そのほうが、上司に聞きながらでも答えていただけるので。結局、
・転換はしない。終身500万はそのまま。
・定期特約については、2,000万に減額を考えているので、その場合の見積もりをだしてもらう。
ということでお願いしました。

>花粉症さん
>勤務先で団体定期保険制度があれば・・・
ないんです。おっしゃるように通販系の定期保険いろいろ探してみます。
私も、定期付きの終身保険が悪いとは思っていません。契約した10年前はこれで良いと納得して入りました。
でも、この10年の間に外資系や損保系の会社のいろんな商品が増えましたよね。この更新を機会にいろいろ知ることができました。
ちゃんと勉強して自分でメンテできるようにします。

>ぽちさん
>ひょっとしたらその日にちによっては80歳終了の前に終身に変更が可能です。
80歳まで更新可能としか書いてありませんでした。
医療保険も悩みます。基本的にはある程度の資産があるので、保険には頼らなくてもいいのですが、今の資産が将来確実にあるかといわれると疑問なので、今のうちに終身医療保険の払い込んでおけば安心かなぁ〜と・・・。
私も短期入院特約はいらないと思ってます。逆に、20日以上入院しないと保険金が出ないけど保険料がとっても安い・・・なんて医療保険ないでしょうかね。


皆様、ありがとうございました。






 

>>> りゅう   -- 2005/06/16-01:12..No.[163]
 
    更新と変更は違うから、
変更可能だと思いますよ、医療保障。
単価は、そんなに変わらないのですよ^^
見た目の安さにだまされないように。