生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る



 ■--ロングランEX・生きる力について
 >>>りんご   -- 2005/10/25-20:32..No.[377]
    こんにちは。

日本生命さんの商品で悩んでいることがあります。
いろいろ勧めてもらった商品があるのですが、結構保険料が高くなってしまうので、金額を少しでも落とそうと考えています。
営業員の方も、「好きなようにできますよ」と言ってくれるのですが・・・どこを削ればいいのか、よく分からないのです。
医療保険は別の会社で入っているので、かけるつもりはありません。

それでお聞きしたいのですが、
ロングランEXで、
・3大疾病(300万)
・3大疾病の再発(100万・最高5回)
・病気による身体障害(200万)
・要介護状態(600万)
の中では、どれを削るといいと思われるでしょうか?

私が考えたのは、
・要介護を600万→500万にして、
・3大疾病の再発をなしにしようと考えたのですが・・おかしいでしょうか?
再発ばかり5回もしないかな?と思ったのです。
金額を抑えることはできるみたいですが、回数を減らすのは無理だといわれたので、それならなくてもいいかな?と思ったのです。

60歳払込満了と65歳払込満了でも迷っています。
少し高くでも65歳払込満了の方がいいでしょうか?
一般的なのは、どっちでしょうか?

ロングランの場合、終身保険の一時金100万は、死ぬまで払い続けるのでしょうか?(説明の際、聞くのを忘れていました・・・)
死亡・高度障害の終身保険1時金100万もつけるかどうか迷っています。
それがないのが・・「生きる力」という商品になるのでしょうか?

あと、「所定の3大疾病、身体障害状態、要介護状態になった場合の保険料の払込免除」をつけてもらうか・・つけてもらわないかも迷い中です。

プロのご意見をお聞きしたいのです。
お手数おかけしますが、よろしくお願いします。




>>> りんご   -- 2005/10/25-20:36..No.[378]
 
    先ほど、書き忘れましたが、私が考えているのは、全期型で、主人の保険です。
 

>>> 中耳炎   -- 2005/10/26-16:21..No.[379]
 
    りんごさん、こんにちは。

「プロのご意見を」ということですが、私も含めてこのサイトで保険プロを名乗っている者が共通して申し上げることがひとつあります。

それは保障の大きさを算出するプロセスが先決ですよということです。

つまり、りんごさんのご家庭の状況(家族構成はどうなのか、生活レベルはどうなのか、持ち家か否か、お子さんの教育はどう考えておられるのかetc)をお伺いした上で、りんごさんのご家庭にあわせた保障額をまず算出しましょうということです。

判りやすく申しますと、例えばご主人がスーツを作ろうと思われたとしたら、まずは採寸しましょうということですよ。
りんごさんは、採寸される前に「シングルがいいでしょうか、ダブルがいいでしょうか、ボタンは3つがいいのでしょうか、2つがいいのでしょうか、一括払いがいいのでしょうか、ボーナス払いがいいのでしょうか?」と質問されてるのです。

でもそれですと出来上がった服がブカブカかもしれませんし、キツキツかもしれませんよね。今の国内系の生保の売り方は、本人の体系にあっていない服を「これが流行です」と言ってすすめにくるのです。
自分にあってるのかあってないのか、服だったら着てみれば判りますが、保険はわかりません。

国内系生保はそういった「採寸」ということをしてくれませんし、異なる環境の人に同じような保険を持って来るから、りんごさんのような疑問が生じてくるのです。
別に責めているわけではありませんよ。責められてるような印象を与えてしまったらごめんなさい。

従って、個別の特約がどうこう言うよりは、まずは保障のサイズを測ることが先決ではないでしょうかというのが、私の意見です。



 

>>> yumiko   -- 2005/10/26-22:34..No.[380]
 
    あくまでも私個人の意見ですが…自分がいらないと思うものは、いらないんだと思います。
私は、若い方には、介護を厚めにしていますが、
家庭のある方で、大きな保障が必要な方は、三大疾病と病気による身体障害しかつけていません。
備えの目安として、一時金が100万〜200万。
年収分をカバーしたいと思うなら、500万〜1000万で組みます。
生前給付は、普通の死亡保障(定期保険)と比べて単価が高いですから、予算に応じて設定して良いと思います。

死亡保障は、おおよその目安で年収の10年間分。
持ち家があるなら、団信でまかなえるので、その分を差し引いて。

予算は、手取りの1割から総支給の1割を目安に。
いくら死亡保障が欲しくても無理な保険料を払い続けるのは困難ですね。保険は、途中でやめてしまうことが一番無駄なことです。

払い込み満了に関しては、いつまで払い続けられるのか?ということを考えてみてください。
一般的なサラリーマンは、60歳で退職です。
なので、少し保険料が上がっても、働いているうちに払い込みが終了したほうが良いと思います。

参考までに。
 

>>> 通りすがり   -- 2005/11/01-10:00..No.[381]
 
    >プロのご意見をお聞きしたいのです。
ここでなく下へご質問下さい。

こちら