生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る



 ■--フラウに転換でいいのでしょうか
 >>>海野   -- 2006/05/24-18:34..No.[689]
    はじめまして。現在29歳独身の女です。
三年前に入った「ニッセイ終身保険(重点保障プラン)」から「生きるチカラ(フラウEX)」への転換を勧められています。

■現在の保険料 11,000円位■
主契約終身保険(払込61歳迄) 200万
定期保険特約        2,400万
新障害特約          300万
3大疾病保障定期保険特約   300万
疾病障害保障定期保険特約   100万
短期入院特約       日額5,000円
新災害入院特約      日額5,000円   
新入院医療特約      日額5,000円
がん入院特約       日額5,000円
女性入院特約       日額5,000円
通院特約         日額5,000円

■転換後の保険料 13,000円位■
主契約終身保険              10万
新災害入院特約α(保険期間払込期間共に終身)日額5,000円
新入院医療特約α(保険期間払込期間共に終身)日額5,000円
がん入院特約(保険期間払込期間共に終身)  日額5,000円
短期入院特約α(保険期間払込期間共に終身) 日額5,000円
3大疾病保障定期保険特約         200万
再発3大疾病保障定期保険特約       200万
疾病障害保障定期保険特約        1,000万
介護保障定期保険特約          1,000万
女性入院特約α           日額5,000円
通院特約α             日額5,000円

このような感じです。
知識が皆無に等しい状態で入ってしまった保険なので、今のものは自分にはもったいない保険で、なんにせよ見直しが必要なのだと思ってはいます。

気になっている点は
・主契約がガクンと下がること、
(もったいないのでしょうか?)
・災害・入院・がん特約が保険期間も「払込期間も」終身になったこと、
(払込期間だけを終身ではなく有期にするのはデメリットがあるのでしょうか?有期の見積をもらおうとしている所です)
・3大疾病や介護等、今の年齢での必要性、
(この辺りの特約は断ろうかと思っています)
・現在の収入が10万程度の私ですので、あまり保険料にお金をかけたくないのと、
・もっと資産形成に目を向けた「終身保険ファーストラン」の方がいいのか、
(??年齢的にギリギリですが)

なるべく若いうちに保険料の上がらない終身(医療)に入っておきたいのと、短期の入院等は貯金で賄おうと思っており長期に対しての備えが欲しいことと、資産形成を望んでいます。



なんだか初心者の質問で申し訳ないです・・・もっと勉強します。
営業の方を目の前にすると、3大疾病等の「万一」の怖さばかり強調される気がしてこちらの口をはさむ余裕がありません。

ご意見をいただけたらと思って書き込みしました。







>>> 通りすがり   -- 2006/05/24-21:22..No.[690]
 
    どちらにしても、支払い総額がいくらになるか計算してみましょう。
私ならとりあえず、転換はしませんね。内容をかえたいなら他の方法もあるでしょうに。終身10万円って、何に使えますかね。
 

>>> 花粉症   -- 2006/05/24-23:42..No.[691]
 
    海野さん

失礼ですが、収入の10%を超える保険料というのはちょっと高過ぎではないですか? 現状を継続されるにせよ、フラウにせよ更新型でしょうからいずれ値段はアップしていきますよね。
通りすがり氏のおっしゃるように終身保障が10万円になっちゃってホントによいのですか?

私ならさっさと解約して他社に乗り換えますね。

>なるべく若いうちに保険料の上がらない終身(医療)に入っておきたいのと、短期の入院等は貯金で賄おうと思っており長期に対しての備えが欲しいことと、資産形成を望んでいます。

それで正解だと思いますよ。

 

>>> まゆ   -- 2006/05/25-02:16..No.[693]
 
    海野さん、おはこんばんちわ。
普通の人ですがコメントさせてください。

>主契約がガクンと下がること(もったいないのでしょうか?)
 3年前ならお宝保険というわけではないでしょうがもったいないと思います。

>災害・入院・がん特約が保険期間も「払込期間も」終身になったこと、
 有期払いだと、特約は払込終了までしか更新できません。承認を得て、まとまったお金を払えば80歳まで延長は可能ですが。
 終身払いなら、特約は80歳まで無診査で更新可能です。
 一般的には、80歳まで高額の保障が必要とも高い保険料を払えるとも思いませんが、将来のことは分かりません。更新できる可能性はあったほうが良いと思います。
 ※終身払いは(利率の問題もあるでしょうが)更新できる権利を得られることもあり、有期払いより保険料が高くなる場合があるそうです。

>3大疾病や介護等、今の年齢での必要性、
 がんはどの年代でも罹患する方はいらっしゃいますし、今の年齢では公的介護保険もありませんからどちらの特約も必要ないとは言い切れません。とはいえ提案されている金額の根拠が想像できません。

>現在の収入が10万程度の私ですので、あまり保険料にお金をかけたくない
 失礼ですが社会保険にはきちんと加入されていますか?
 病気や怪我の場合の公的保障について営業員から説明はありましたか?
 独身というだけで判断してはいけませんが、独身女性に3210万もの(ほとんど掛け捨ての)死亡保障をつけておいて入院日額は5000円とは理解できません。

>もっと資産形成に目を向けた「終身保険ファーストラン」の方がいいのか、
 資産形成だとして、老後の解約金をアテにしてます?
 医療終身だけを残すことはできないはずですが。

>なるべく若いうちに保険料の上がらない終身(医療)に入っておきたいのと、短期の入院等は貯金で賄おうと思っており長期に対しての備えが欲しいことと、資産形成を望んでいます。
 医療終身と資産形成は別商品にすることをお勧めします。
 短期入院は必要ないということでしたら(終身ではないかもしれませんが)こちらは参考にならないでしょうか。

 素人考えですが海野さんにはフラウのようなセット商品より単体で医療終身と終身(または年金か養老)、それに自宅療養でも補償される所得補償保険に加入するほうが良いのではないかと思います。

 

>>> 海野   -- 2006/05/25-21:24..No.[696]
 
    ご意見ありがとうございました。
恥ずかしい限りです。

馬鹿の一つ覚えのようですが、年々値段が上がる更新型の保険には抵抗があります。
給付金がでる特約もいらないような気がしてきました。
ということは医療終身だけ欲しいと思った場合、ニッセイには私が欲しい単体終身医療商品はないのかなと・・・


まゆ様、
社会保険には入っています。公的保障に関して特に説明はなかったです。
リンクも教えていただいてありがとうございます。



ちなみに、
保険期間を終身、払込期間を有期払いで見積していただいた所、
フラウではなく 終身保険の重点保障プラン を紹介されました。

フラウと違うのは
主契約が100万
疾病障害〜が1000万から700万へ
介護保障〜が1000万から500万へ
がん入院の日額が5000円から8000円へ
そして保険料は15,000円位でした。
(営業さんによればこれよりフラウの方が断然良いとのこと)

今、共済の入院2型+医療特約1型(3,000円)にも入っています。
やはり月々の保険料を下げることしか考えられませんので、
(営業の方は今の保険料より高くなるプランしか勧めないのでしょうが)
医療終身だけにできないのなら解約の方向にしたいと思います。

ありがとうございました。

 

>>> まゆ   -- 2006/05/26-03:41..No.[697]
 
    海野さん、おはこんばんちわ。

>ニッセイには私が欲しい単体終身医療商品はないのかなと・・・
 残念ながらありません。
 終身医療商品自体はありますが年齢上加入できません。

>医療終身だけにできないのなら解約の方向にしたいと思います。
 今の保険を[終身200万と定期800万だけにして、次回更新時に終身のみ残すと支払い総額がいくらになるか]計算しても200万超えそうですね。
 終身部分の保険料だけで考えれば元は取れるけど やっぱり解約でしょうか。。


以下 独り言です。

>公的保障に関して特に説明はなかったです。
 同じ月収でも、休んだら収入のない人と社会保険の疾病手当金(給料の60%保証)が受けられる人とでは備えるべき入院日額さえ違ってくるのに。

>フラウではなく 終身保険の重点保障プラン を紹介されました。
 なぜそんな目くらましのようなことをするのか。。
 同じ内容で比べられたら困ることでもあるのか?
 保障が700万も下がってるし、[お客様に必要な保障]をどう考えてるのか??
 
>(営業さんによればこれよりフラウの方が断然良いとのこと)
 過大な生前給付が減った分こちらの方がまだましに見える。
 
>(営業の方は今の保険料より高くなるプランしか勧めないのでしょうが)
 契約転換の場合特定の条件を満たさなければ今の保険料より安くできない。
 転換してすぐ減額する・解約して新規に加入するなどの手があるけど、営業にはペナルティがつくからか説明されることは少ない。

日本生命にはもっと頑張って欲しいのに。。

 

>>> パピー   -- 2006/05/28-20:37..No.[699]
 
    随分アクセサリーのたくさん付いた保険にご加入ですね。

「生きる力」について、こんな意見もあります。こちら

また、主契約についている特約については、こんな意見も。こちら

現在ご加入の保険について、いつまでどんな保障があって、これから総額でどれくらいの掛金を払っていくかご存知ですか?
十分納得して加入しましたか?
そしてその保障は海野さんにとって本当に必要ですか?
また、転換を勧められている「生きる力」について、上記のような説明をちゃんと受けていますか?

こちらに生命保険に加入するに当たっての考え方が書かれています。

また、保険見直しを相談するに当たっての注意事項がこちらに書かれています。

また、見直し相談されるのであれば、こちらはいかがでしょうか。
当方とは縁もゆかりもない方ですが、この方のブログなどを読んだりしてみて、保険に対して非常にマットウなお考えをお持ちの方だと思っています。(実は、当方自身、昔この方に保険診断をしていただいたことがあります。)
もし、HPを見てご賛同いただけそうでしたら、ご相談してみてください。海野さんの保険料が適正価格になると思います。
 

>>> ぽんこ   -- 2006/05/29-04:58..No.[700]
 
    >主契約がガクンと下がること、
主契約を減らした分医療保障を充実させることは、もったいなくないですよ。後で主契約を増額することもできますし、お金を貯めて一時払い終身に加入する方がお得です。

>災害・入院・がん特約が保険期間も「払込期間も」終身になったこと、
払い込み期間を有期にするデメリットは保険料が高くなることです。長生きすると損なので個人的には有期をお勧めします。有期でも特約の保険期間の変更はできます。(まゆさんのお話は勘違いだと思います)

>3大疾病や介護等、今の年齢での必要性、
29歳の死亡原因1位・・・自殺、2位・・・不慮の事故、3位・・・悪性新生物(がん)、心疾患、5位・・・脳血管疾患です。がんで入院になった場合に放射線、抗がん剤、インターフェロン等高額な治療費がかかりますよね。治療費補填や入院中の収入減をまかなうためのものです。長期入院になった場合の入院費補填にもなります。若くても、事故や、脳血管疾患を原因として介護が必要になることがあります。若いと公的介護保険は給付対象外。脳血管疾患で半身麻痺になった大島渚監督は治療やリハビリに10年で1千万円かかったそうです。一時金は統計資料を見ると、3大疾病200万円、介護675万円が目安となっています。

>現在の収入が10万程度の私ですので、あまり保険料にお金をかけたくないのと、
・もっと資産形成に目を向けた「終身保険ファーストラン」の方がいいのか、

独身女性に2千万円を超える高額保障は不要です。ダブル契約はもったいないので共済はやめ、フラウで下記に変更し、をお勧めします。

主契約終身保険         10万
3大疾病保障定期保険特約    200万
再発3大疾病保障定期保険特約  100万(保険料が高いし、2年たたないともらえないから)
疾病障害保障定期保険特約    200万
介護保障定期保険特約  100万(不安であれば600万に)

ファーストランは、死亡保障が300万円で生前給付なしでよければお得な商品です。払い込み免除付加、死亡300万、新災害1万(終身)、新入院1万(終身)、短期入院、特定損傷(骨折、60歳)5万、60歳払い込み終了更新なしで1万5〜6千円で加入できます。でも、解約同時加入になるので担当者によっては快くやってくれないかもしれません・・・。
手元資料だと(29歳男性、月16011円)71歳で解約すると払い込み保険料総額が595万6千円で解約返戻金が502万8600円です。(持ち出し額92万7400円)71歳だと42年保障。月あたり1840円の負担で死亡保障300万円、病気、けがの入院日額1万円が買えることになります。もちろん、解約しなくても終身300万円のお葬式代と終身医療1万円が確保できます。また、貯まりが大きいので、将来の生活が変わり生前給付が欲しくなったり死亡保障を増やしたくなった場合に転換下取り価格が大きくなるので年齢アップによる保険料増を抑えることができます。

私個人としては、一生涯の保障は解約せずに持っていたいものだと思うので、生前給付があるフラウがお勧めです。
 

>>> 10cc   -- 2006/05/29-19:59..No.[702]
 
    >後で主契約を増額することもできますし、お金を貯めて
>一時払い終身に加入する方がお得です。

主契約を増額するには診査が必要な場合があり、健康状態によっては増額できない。
また、一時払い終身がお得というのは如何なものか。
終身保険に限らず、生命保険は少しでも若い時に加入した方が保険料の負担が軽いのは当然で、一時払いで加入して即死亡の場合、客は大損で保険会社は大儲け。

>がんで入院になった場合に放射線、抗がん剤、インターフェ
>ロン等高額な治療費がかかりますよね。治療費補填や入院中
>の収入減をまかなうためのものです。長期入院になった場合
>の入院費補填にもなります。若くても、事故や、脳血管疾患を
>原因として介護が必要になることがあります。若いと公的介護
>保険は給付対象外。脳血管疾患で半身麻痺になった大島渚監督
>は治療やリハビリに10年で1千万円かかったそうです。

がんと脳卒中など、また若者と大島渚とをゴチャゴチャにしためちゃくちゃなプレゼン。
ニッセイ営業の真髄か!?
事故の場合(若い人はほとんど)は相手がいれば経済的に補償してくれるであろうし、そもそも死亡より大幅に確率が低い話し。
この壷を買わないと不幸になる、話と同じ。


 

>>> ぽんこ   -- 2006/05/29-21:53..No.[703]
 
    >主契約を増額するには診査が必要な場合があり、健康状態によっては増額できない。

増額時に払い込み免除をつけなければ無審査、無告知です。
(ただし特別条件がついている方は増額できません。)

>一時払いで加入して即死亡の場合、客は大損で保険会社は大儲け

一時払いの保険料は死亡保険金よりも少ないので即死亡しても得をします。40歳男性だと1千万円の補償が6,932,400円で買えます。

>事故の場合(若い人はほとんど)は相手がいれば経済的に補償してくれるであろうし・・・

相手が無保険、外人、怖い人系の場合は経済的に補償してくれないことは多々ありますよ。自分の保険でまかなう人もいます。

 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/29-23:10..No.[704]
 
    ぽんこさん、
一時払に加え、前納も比較してみては?
保険料を同じにすると、保険金は大きく違います。

>>一時払いの保険料は死亡保険金よりも少ないので即死亡しても得をします。40歳男性だと1千万円の補償が6,932,400円で買えます>>

ですが、1000万終身・年払い・10年間の前納でしたら、
    他社ですが、約1700万の保障が約690万円で買えます。

一時払で早期に死亡した場合には、前納に比べて約700万円近くが会社の儲けになります。

10ccさんの書込みは辛辣ですが、するどいツッコミです。拍手!!

 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/29-23:14..No.[705]
 
    >>他社ですが、約1700万の保障が約690万円で買えます。

訂正↓
>>他社ですが、初年度には約1700万の保障が約690万円で買えます。
 

>>> 10cc   -- 2006/05/30-01:32..No.[706]
 
    >増額時に払い込み免除をつけなければ無審査、無告知です。
>(ただし特別条件がついている方は増額できません。)

流石ニッセイはリーディングカンパニー。
他社では不可能と思われることもできてしまうということか。
ぼんこ殿、お詫び申し上げ候。
ということは、末期がんで余命1ヶ月の人で100万円の保障しかなくても1億円の保障を無告知・無審査で加入できるということか。
それは素晴らしい。

>一時払いの保険料は死亡保険金よりも少ないので即死亡しても
>得をします。40歳男性だと1千万円の補償が6,932,400円で買
>えます。

保険金と保険料の差を言うなら、月払いで1ヶ月だけ保険料を払ってすぐ亡くなった方が得にならないか。
そんなことを言っているのではなく、若いうちから月払いで終身保険を買っていた方が、保険料の負担は大きく軽減されると言いいたい。
29歳の女性に対して、終身保険10万円しか勧めない上で、あとで一時払い終身を買うほうがお得です、といのは言語道断。
またニッセイの一時払い終身は予定利率が上がっても他社に比べれば保険料も高いし、返戻率は悪い。

保険会社側からすると、一時払い終身は年々解約返戻金(責任準備金)が増えるので、財務的な負担が増えるが、すぐ亡くなった場合、それがないので助かるはず。
だた保険金−保険料でプラスが出るから得をする、という単純な話ではない。

>相手が無保険、外人、怖い人系の場合は経済的に補償してくれない
>ことは多々ありますよ。自分の保険でまかなう人もいます。

20代の女性が、事故に遭い介護状態になり、その上その相手が無保険または、所得の低い外国人または堅気に迷惑を掛けても平気な怖い系の方ということでなければ、この保険は有効でない、ときちんと伝えているか。
この確率は何%になるのやら。
ただでさえ20代の女性が介護状態になる確率は低いと思っていたが、更に高いハードルが出現した。

末筆であるが、通りすがり殿、拍手陳謝。

 

>>> パピー   -- 2006/05/30-02:22..No.[707]
 
    海野さんへ

ニッセイの営業員の方のお話、理解できました?
当方は、複雑でよくわかりませんでした。

私見を申しますと、保険は「シンプル イズ ベスト」であり、
保障は「保険」で、貯蓄は「保険以外の方法」で、
と考えています。

営業員の方のお勧めコース、その総コストがいくらになるか
わからないですよね。

保険は数百万円から、場合によっては数千万円規模の高い買い物です。
こんな高額商品を購入するのですから、やはり、自分が理解できる保障内容の方が良いと思いませんか?

もし、海野さんが、稀有な運の持ち主であれば、こちらのような特約というアクセサリーをたくさんつけた保険に加入することもよろしいかも知れません。

しかし、一般的には、シンプルで、保障内容に対するコストが見える保険が良いような気がしますがいかがでしょうか。

現在の主契約である「終身保険部分」だけ残されて、
定期保険(掛捨て・死亡保障)は、こちらの中から、必要な期間分だけ加入するという方法もあります。
(保険金額も2000万円もいらないと思いますが。)

医療保障についても、ご自分が納得される内容のものをこちらの中から選ぶ方法もあります。
(但し、古い保険を解約する時は、新しい保険に入ってから。そうでないと、最悪の場合、無保険になってしまうかもしれませんので)

もし、迷うようであれば、もしよろしければこちらの方に相談される方法もあります。

ご自身が、保障内容及びその総コストについて理解され、納得する保険に加入することが第一であると思いますよ。

もちろん、海野さんが、ニッセイの保険について理解され、選択するのであれば、お止めはしませんが。

 

>>> ぽんこ   -- 2006/05/30-07:24..No.[708]
 
    >末期がんで余命1ヶ月の人で100万円の保障しかなくても1億円の保障を無告知・無審査で加入できるということか

無告知、無審査の意味を誤解してませんか?他社さんで無審査、無告知の保険がありますがそういう事例に払われます?
 

>>> ぽんこ   -- 2006/05/30-07:28..No.[709]
 
    保険期間の変更や終身増額が変更可能なのは、更新時や払い込み満了時などに限られますから、その時に余命1ヶ月の確立は低いかも・・・。
 

>>> まゆ   -- 2006/05/30-10:54..No.[710]
 
    >増額時に払い込み免除をつけなければ無審査、無告知です。
>(ただし特別条件がついている方は増額できません。)

ニッセイ生きるチカラ ご契約のしおり(平成17年1月作成) から一部抜粋

============================================================
14.保障の拡大と充実について
 他特約への変更について
 ■当社所定の範囲内で、次の各特約の全部または一部を、他特約へ変更することができます。
  ●定期保険特約 ●生活保障特約   (省略)
  ○各特約の更新時の取扱い
   それぞれ他の特約や終身増額特約に変更することができます。
   ●ただし、次の場合にはお取扱いできません。
    ・更新時に当社が付加を取扱ってない場合
    ・特別条件付保険特約が付加されている場合
    ・主契約の保険料のお払込みが免除されている場合
    なお、健康状態によっては3大疾病(略)、再発(略)、疾病障害(略)または介護(略)に変更できない場合があります。
  ○主契約の保険料払込期間満了時の取扱い
   終身増額特約に変更することができます。
   ●ただし、次の場合にはお取扱いできません。
    ・主契約の保険料払込期間満了時に当社が付加を取扱ってない場合
    ・特別条件付保険特約が付加されている場合
   ●変更前に保険料のお払込が免除されている場合でも、変更後特約の保険料のお払込みが必要となります。
   ●保険料払込免除特約が付加されている場合、告知が必要です。ご契約によっては診査も必要です。
    (健康状態によってはお取扱いできない場合があります。)

 特約の増額・途中付加について
 ■ご契約後、当社の定めるところにより特約を増額したり、途中付加して保障内容を充実させることができます。
  ○増額・途中付加する際には告知が必要です。ご契約によっては診査も必要です。
   (健康状態によっては、お取扱いができない場合があります。)
  ○増額・途中付加する場合の保険料は、増額・途中付加時の保険料率により計算し、さらに所定の金額のお払込が必要となることがあります。
============================================================

[その時取扱ってなければできません]では 健康状態云々の前に、増額できること自体保証されていないのと同じ。



>払い込み期間を有期にするデメリットは保険料が高くなることです。
確率は低いかもしれないが、定期満了時にもう永くないと予想できる場合はある。
その場合、更新されることによって保険会社は更新されないよりも多くの保険金を支払う可能性がある。
また、保険料免除特約が付加される場合、適用された場合に会社がこうむる金銭的負担は保険料払込期間が長いほうが大きい。
そのため特約部分のみの保険料は保険料払込期間が長いほうが高くなる場合はある。
主契約の保険料と特約の保険料、内訳によって(有期と終身の)どちらが高くなるか一概にはいえない。


 

>>> 海野   -- 2006/05/30-18:51..No.[712]
 
    す、すみません。
色々なご意見を聞けて本当にありがたいです。
リンクも教えていただいて・・・

そして今、保険の本を数冊買って、読み比べながら勉強しているところです。

二番目に見積いただいたプラン(終身保険ナイスデイモア更新型)を自分なりにチェックして、ためしにいらない特約等を消していったら

主契約
新災害入院
新入院医療
がん入院
(全て終身保険で有期払い)

これしか残りませんでした。
このように転換するのは無理(?)でしょうから、今のものをこのように見直せないかとりあえずの所聞いてみるつもりです。

ただ、大きい(給付金系の)特約をつけないんだったら、ニッセイさんで契約を続ける意味もわからなくなってきますし、
他の会社の商品とも比べてみたいと思います。


無知とは怖いものなんですね・・・痛感しております。
 

>>> 無知?   -- 2006/06/01-11:16..No.[715]
 
    海野さん!
人間100%何でも解かる、理解できる人って限られている、と思いませんか?解からなくても良いのです。ただ、プロの方の話を聞き、その場でどんな事でも良いから恥づかしがらずに質問することです。

その、会話のキャッチボールの中で、いい加減な只販売目的の営業のひとは必ずボロが出るのです。そこを見逃さないように・・・

ところで、保険契約時に戴く「約款」を全て読んだ事ってありますか?専門用語もあるし、文章も微妙な点があり、解釈が難解なところもあります。それを、全て素人さんが理解するとなると・・大変だあ〜

私は専門家・プロ、良心的な良い人柄風格がある人に出会う事が一番重要だと感じてます。そのような営業に出会える事をお祈り申し上げます。

最後に一言!私の経験上、こちらが馬鹿げているような質問を投げかけたとき、ある意味威圧的に理屈でたたみかけてくるような人は、結構自分本位で自信過剰で、本当に何も知らない人に対して親切ではないようです・・・・・。お気をつけあそばせ!
 

>>> しゃあ   -- 2006/06/01-11:34..No.[717]
 
    無知?さんへ。
保険の約款は契約が済んだ後、保険証書と一緒に送られてくるので、契約について考える時は見せてくれませんでした。
ま、色々と書かれていても、いざという時にしか目を通すことは無かったと言うのが本当で、そのいざと言う時も、ニッセイに約款が無いとかでウチのを持って帰りました。
コレっておかしいですよね???
そのうえ「該当するから診断書を」と言って長々と引きずって、その間保険の掛け金を払わせ、入院給付金の倍額以上を取り返したところで、「ニッセイの規定で払えません」との冷たい答えでした。
約款は素人には判りづらいですが、ニッセイは何かあったら「約款が全てに優先する」と契約者を足蹴にします。
ウソや作り話ではありません。
はらいせに減額して今でも可能な限り掛け続けています。
掛け続けないと、文句も言えないニッセイの体質なんです。
 

>>> 無知   -- 2006/06/01-13:50..No.[719]
 
    しゃあさん。

基本的に保険約款は契約時にお渡しするものだと思いますよ!多分そのお話をされた担当者(営業)が無知で契約さえすればいいや!ぐらいの低レベルな方だったのでしょう?ついてませんね。

しかし、それに気づきながら、
はらいせに減額して今でも可能な限り掛け続けています
というのはちょっと・・・・?

天下のニッセイさんですから、業界をよくする為にも、03−5533−1081(ニッセイ相談窓口)もしくは、03−3286−2648(生命保険相談所)へ電話してクレームとしてこの現状を相談なさる事をお勧め致します。

そんな不安・疑心難儀な状態で、どの様な内容の保険を継続なさっておられるのかは解かりませんが、いざ!というとき、信頼して色々相談したり、チャント保険金・給付金を支払ってくれると思いますか?
クレーム処理を文章でとりつける事が肝心ですよ。

私は解かり易く保障内容を説明してくれる方とお付き合いございます。ある意味その方に全てお預け状態です。きっときっと、何か遭ったときチャントしてくれると信じてます。もし、ダメだったら・・・・・?
人間を信じたいと思います。
 

>>> しゃあ   -- 2006/06/01-23:08..No.[724]
 
    いやぁ〜信じていたからこそ、裏切られたと思うんですよ・・・
担当者はちゃんと応対してくれたと思うのですが、お客様担当室長やサービスアドバイザーの答えは冷たいものでした・・・
全てに「当方の規定に照らし合わせた結果・・・」というものでした・・・
もし、対応外でしたら、ムダに保険をかけ続ける必要性も無く、そのときに「これから支払いも難しくなる」ということで、減額できたんです・・・
それを支店の部長とやらが出るといってかけさせ続け、多くの診断書をこっちの自費で取らせておいて、最後は言い訳して帰りました。
減額してもかけ続けるのは、すでに私が死んだときを想定して(今回一度死に掛けて多くの障害を負ってもニッセイは逃げたので)妻に全ての手続きと内容の遺書を作成し、ホントにニッセイが保険金を払うか確認するため。
自分は死ぬんで、確認できませんが、すでに行政書士と弁護士に死後の手続きを依頼してあります。
これで蹴れば、某保険会社のように裁判沙汰になります。
私が死んでも、ウヤムヤにならないようしておく必要性があることに気づきました・・・
そう・・・まさか保険に対して、ちゃんと払ってもらえるか保険をかけとく(人に手続きを依頼しておく)必要があるなんて・・・
 

>>> ぽんこ   -- 2006/06/02-08:32..No.[726]
 
    >保険の約款は契約が済んだ後、保険証書と一緒に送られてくるので、契約について考える時は見せてくれませんでした。

無知さんがおっしゃるとおり、ご契約時に渡さなくてはいけないものですから、本来ならば、読んでご納得できなければクーリングオフ(8日以内)できるのです。
私自身皆さんのお話を聞いて身が引き締まる思いです。保障内容の説明はわかりやすく、を心がけたいと思います。
 

>>> 疑問   -- 2006/06/02-23:36..No.[728]
 
    海野さん
終身10万?への転換??要注意です!それが今必要ですか?
そして3000万を超える保険金額は要望なのですか?特に、今まで貯まっていたお金を新しい契約の一部として10年で使い切るプランだと思います。保険料を払いながら解約金は年々減って行く場合もありますので慎重に検討することを願います。
また、転換後契約の更新保険料も必ず確認して下さい。ビックリすると
思います・・・
 

>>> 無知   -- 2006/06/04-11:29..No.[741]
 
    海野さんやしゃあさんは真剣に生命保険を考えていらっしゃる。
そこに、色々と転換などのテクニック論の情報が「営業員」「保険プロ」「専門家」から入る、いや、入れられる、というような感じですね?

潜在的な不安を募らせたらある意味、きりが無いですよ?

一度、ご自分のライフサイクルを描いてみて、そして、色々な場面を想像してみてください。それから、必要と思われる保障を考えて観て下さい。シンプルに考え直してみてください。

私は思うんですが、生命保険って契約しようとする人が自分の事なんだから、主導権を握って、「こうして欲しい・こんな感じにして欲しい」と、保険営業マンに依頼するのが本当ですよね?しかし、どうやら、質の悪い営業マン・ウーマンが多いようで、主導権を保険プロが握り、私達素人が色々質問すると、親切まがいの言葉で良く内容を説明せず、上辺だけの要望を満たし(例えば保険料)本当に大事な部分は見せず・説明せず契約してしまうのでは・・・特にこういっちゃ何ですけれども保険最大大手のニッセイさんの営業の方にはプライドというか驕りというか・・会社も何とか業界1位の座を確保する為か普通の会社で加入できない人も加入させたりとか・・・とにかく必死ですよね?そして、挙句の果ては今回のような「転換」「変換」「乗り換え」ですか・・?

保険は自分の個人の資産なのに、何か保険会社を大きくする為に悩んでいるような・・・。そりゃ、不幸にも何かあったら、最悪残された家族は安心なのでしょうですけれども?・・・いや、それすら、{724}のしゃあさんのように対策して置かなければならないなんて・・・?

こんな気持ちにさせる、私もなりましたが、保険会社っていくら大きくても簡単にいえばダメな会社なんですよね。
 

>>> しゃあ   -- 2006/06/08-18:48..No.[753]
 
    かけさすだけかけさせて、保険金は払わない。
払わないといけなくなっても、全力で裁判をして一切払うという前例を作らない。
当然、保険会社は儲かる一方・・・
テレビや新聞・チラシなんかで大々的に広告しても儲かって仕方ないのです・・・
広告では「お客様本位」とか都合のいいこと言って、イザというときは知らん顔で、裁判に訴えられたら全力で戦う・・・
これが保険会社の本性です・・・
ココでも裁判をちらつかせる営業員もいますからね・・・
 

>>> 海野   -- 2006/06/15-18:00..No.[800]
 
    今頃のこのこすみません。

なかなかすっぱり結論が出せずにおりますが、
それでも少しでも早く毎月の保険料を少なくしたいという思いから、ひとまず単純に減額・特約の解約をしようと思っています。

他の掲示板も色々読みました。いろんな考え方があるのですね。

担当さんにはこちらの希望する色々なパターンを設計してもらいました。
こっちが構えていた程、担当さんは悪い人(笑)ではありませんでした。

ただ、どうしても他と比べると金額が高すぎます。。。
担当さんがいくらいい人でも金額設定はどうにもなりませんよね。

最終的には今入っているものは、終身200万のみ残して定期も入院等特約も外してしまおうかと。
(他のスレッドで特約の解約はできない?とか書いてありましたけど、私の担当さんは「できる」と言っていました。???)


いまニッセイさんて毎週テレビカタログ配りにきますよね。
毎週顧客に顔を合わせる口実なのでしょうが、こういうのにお金をかけるんだったらもっと・・・保険の方を安くできないのかなとか思っちゃいます。
生意気言ってすみません。

家族内にニッセイ契約してる者がいますので、私一人全解約して担当さんに悪いことしても、その後も毎週顔を合わせることには変わりないんですよね(苦笑)

とりとめのない文章でした。



 

>>> けい   -- 2006/06/16-14:20..No.[816]
 
    海野さん

その職員が持ってくるTVジョンはニッセイがただでくれているのではありませんよ。
確かに毎週お会いする為に、というところはあります。
でも会社がくれるのではなく、職員がお金を払って買っているものです。

この販促品に関しては職員によって全く違います。
一切お金を掛けない職員もいれば、誰彼構わず見込みの為に配る人もいます。
私は在籍時、自分のお客様だけにあげていました。
契約はしないけど物はちょうーだい!という人には私に契約してくれたお客様に悪いからあげないと断っていました。
 

>>> 無知   -- 2006/06/18-11:01..No.[838]
 
    以前、というか、どこかのスレッドで、「特別な利益の提供」っていけない事と書いてありました。
海野さん、TVジョンは保険の契約とは全く関係なく戴いて宜しいと思います。営業の方の単なるお土産?勝手に郵便ポストに入っているチラシと同じです。この行為により、契約を無言のプレッシャーというか、強要して来る様な事があったら、トンでもない事だと思います。
けいさん、「契約してくれた」じゃなくて、必要だから(その人にとって提案した保険が)契約したんでしょ?ドンドン、周りに人にいろんな物は配って下さいよ!差別されているみたいで貰えない人は内心心良くは思いませんよ!!営業の方がご自分で買うのは勝手!別にこちらがお願いしている訳ではありませんよね?皆様、私達の支払う保険料でお給料いただいておられるのでしょうから、そのお礼だと思ってました。
 

>>> けい   -- 2006/06/18-12:02..No.[842]
 
    無知さん

もちろんお礼の意味もあってのものですよ。
当然自分のお客様には情もありますから。
この辺りは私が思う程お客様はそう思ってくれなかったりしますけど(笑)
だから私が周りの人に配る理由はありません、でしょう?
職員さんの考え方によります、もちろん貰ったからといって契約する必要もありませんよ。
私は既にニッセイ職員ではありませんけど、職員の収入はお客様が思うほどないんですよ、むしろ時給で働くパートの方がマシなくらいです。

私が海野さんに書いたのは“TVジョンを配るならその分で保険料を安くして欲しい”とあったので、会社がくれるんじゃないから違うのよ〜ということです。