生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る



 ■--生保更新後の保険料
 >>>慎太郎   -- 2007/01/14-21:14..No.[1554]
    こんばんわ。私は5年ごと利差配当付終身保険(重点保障プラン)に加入しています。平成10年契約で15年後更新されるのですが、私が2年前疾病(肝機能障害)になり、入院、退院後も通院しています。
疾病状態からして通院は続くと思います。そのため保険の契約内容変更が一切出来ません。更新は5年後なのですが更新後の保険料は43000円ほどに上がります。車のローンより高い保険料(笑)は支払い出来ません。解約して他社生保に変えるか(告知が問題)悩んでいます。
営業さんに聞いても5年も先の話なので自分はもうニッセイに居ないような言い回しをします。どなたか営業員さん、代理店さん、本社サイドさん、保険のプロさん、専門家さん。ご指導ご鞭撻お願いします。




>>> パピー   -- 2007/01/14-22:56..No.[1555]
 
    慎太郎 さん

>疾病状態からして通院は続くと思います。そのため保険の契約内容
>変更が一切出来ません。

そんなことはありませんよ。

3大疾病保障定期保険特約、新傷害特約、特定損傷特約、通院特約などの更新ごとに保険料が上がっていく部分を、減額あるいは一部解約して、更新していくこともできますよ。
入院特約は、残すことになるかもしれませんが。

 

>>> 慎太郎   -- 2007/01/15-00:40..No.[1556]
 
    パピーさん
早急の御返信ありがとうございました。
特約を減額・一部解約すればいいんですね。でも更新が迫ってからのほうがいいんでしょうね。
勉強不足でした。
 

>>> J   -- 2007/01/15-01:06..No.[1557]
 
    慎太郎 さん はじめまして。

パピーさんもおっしゃるように、現在の保険を減額、一部解約して
更新することが可能です。(死亡保障が下がってしまいますが)
ただし、通院がこのまま続くと転換での見直しは難しいかもしれません。
更新まで約6年ありますが、更新直前に転換するとしても
完治後○○年という規定が病気によってありますので・・・。
同じく、無条件で他社に加入するのも今の状態ではきびしいと思います。
6年の間には、更新時の最低保障額等の規定も変わるかもしれませんし
減額更新しても入院保障は80歳まで残すことが出来ますので
今の保険を継続し、病気の治療に専念されてはいかがでしょうか。

更新は更新月の2〜3ヶ月前からの手続きになります。