生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る



 ■--保険料不払い
 >>>まーくん   -- 2007/06/11-21:56..No.[1692]
    私も契約時持病を持っていましたが、外交員の方に更新を勧められ
持病のことを告げると、告知しなくてよいとのことでしたので告知
しませんでした。
結果的にその1年後入院することになりましたが、告知義務違反となり
更新前の契約の戻されました。




>>> にゃあ   -- 2007/06/13-12:41..No.[1693]
 
    保険料不払いとありますが、告知義務違反による入院給付金不払いということでしょうか?

告知義務違反は、保険会社が不告知の事実を知っていた場合に同条件で引き受けたかどうかが判断基準なので、更新前の契約は関係ないと思うのですが、保険金の増額等、契約内容を変更したのでしょうか?

もう少し詳しく書いていただけませんか?
 

>>> まーくん   -- 2007/06/13-20:49..No.[1694]
 
    ご指摘のとおり、契約内容変更時に告知義務違反となりました。
持病については、外交員の方に告げましたが、告知しなくてよいとのことでしたので特に告知しませんでした。
このことをざんざん言いましたが相手にされませんでした。
結果、更新前の契約内容に戻されさました。
保険外交員の方は、結果的に結果が問題なければ良いとの考え
だと思います。
 

>>> にゃあ   -- 2007/06/14-13:08..No.[1696]
 
    外交員が告知に関して契約者に入れ知恵することは、他の保険会社でもあるようです。金融庁に、不払いの経緯と、更新を担当した外交員の名前、所属、時期等を報告した方がよいと思います。

組織的、あるいは日常的に行っている行為であれば、違法の可能性もあります。

なお、保険会社へ問い合わせたり、苦情を言ったりした場合、回答は文書でもらうことをお薦めします。

日本生命に文書での回答を希望すると、電話で済ませようとしますので、それにのらないようにすることが重要です。日本生命は、文書での回答を嫌がりますが、電話での回答は拒否した方がよいです。

電話で話しても、相手の話を聞こうとしないばかりか、暴言を吐く始末で、日本生命が契約者をバカにしていることを身をもって体験するだけです。