生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--医療保険に関して教えて下さい
 >>>TAK   -- 2006/04/03-15:15..No.[27834]
    はじめまして。現在27歳のサラリーマンで、家族構成は妻と子1人です。年収は400万前後、アパート暮らしです。
現在加入中のあんしん生命の医療保険(メディカルミニ)の一部解約を考えております。証券が2枚に分かれていて、@日額5,000円、360日型、60歳払済、終身、保険料3,600円 A日額5,000円、360日型、60歳払済、75歳まで保障、保険料2,500円です。その他がん保険にも加入しておりこちらは日額10,000円(Dタイプ)で保険料2,600円です。
メディカルミニのAの方は不要じゃないかと最近思い始めて解約を検討中です。高額療養費制度や貯蓄を考えれば@だけでもいいんじゃないかと?がん保険は一応継続するつもりではいますが、もしがんになった時@だけじゃ足りませんか?
言われるがままに加入してしまった私。どなたかアドバイスお願い致します。




>>> ほけんのツボ -[URL]  -- 2006/04/03-16:40..No.[27837]
 
    こんにちは。
担当の方は頭を悩ませたと推測できますね。それなりに説明も受けていて納得済みでご加入していると思いますがどうでしょう?
360日型は、120日型と比較して説明すると大体のお客様は120日で納得しますから。

さて、Aを解約するかしないかは、ご自身にお任せするとして、
ガンの治療費が心配ならば、セコムのメディコムをおすすめします。
治療費が支払われるので、治療費で心配することはありません。
当たり前ですが、1日いくらにすればいいの?なんて悩むこともありません。




 

>>> Pigeon   -- 2006/04/03-17:56..No.[27839]
 
    現在の加入内容もちゃんと根拠があると思うので悪く無いなー、と思って見ておりました。
現役時代に支払いを終わらせ、老人医療に以降して医療費負担が減る75歳で区切りを付けている感じです。
さて、ご希望に合わせて考えてみますと、Aの医療保険を貯蓄に置き換えてみては如何でしょう。ただ、貯蓄先は医療保険または医療特約付の終身保険にしてみると言うものです。
例えばあんしん生命の長割り終身に終身医療特約5000円を付けて60歳払込に設定すると月々7810円の保険料ながら78歳時に払込額よりも多くの返戻金が貯まっています。払込より多く戻る保険を貯蓄先と捉えても良いのではないかと思います。
がん保険は終身払になりますが、日本興亜生命のがん保険なら競合するDコース相当のもので月1280円(最低保険料未満なので半年払または念年払になります。)ですから置き換えるのも良いです。
高額療養費や貯蓄を考えるとがん保険を優先に考える、という考え方もあります。(その逆のがん保険不要論も探す事が出来るでしょう。)
いずれにしても、色々な考え方の中からご自分の希望に近いものをまとめるのが良いかと思います。