生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--資目的での低解約返戻金付保険 あいおい生命orオリックス生命 ご意見をお願いします。
 >>>さくら   -- 2006/05/02-23:40..No.[29094]
    45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと払戻率124%   3.75%だと払戻率139%

◎オリックス生命【ロングターム7】
 保険金250万円、払込55歳、保険期間98歳
 保険料11,838円/月
 17年後・・・払戻率 117.5%
 
正直どちらの会社も今まで聞いたことがありませんでした。
格付けのようなものを調べてみましたが、あいおい損保は載っていますが、あいおい生命は載っていないのが多かったです。

あいおいは、利率変動なので、1.75%以上になると魅力だなぁと思っています。(この利率というのは、世間の利率が良くても、この会社の業績が悪いと1.75%のままなのかなと思いますが)

また、保険会社の人によるとロングターム7は、東京あんしんの長割り終身より断然いいですよっと言われましたので、数では出してもらっていません。

どちらがおすすめでしょうか。
専門家の方のご意見を伺いたく、宜しくお願いします。




>>> dr.money -[URL]  -- 2006/05/03-03:33..No.[29104]
 
    貯蓄が目的なら、アセットアクセル(定時定額投資)をすれば、それこそそんな低い利回りにはならないでしょう。
年7%運用なら誰でも造作もなく出来ます。
17年後の元本に対する返礼率が200%くらいになるんじゃないでしょうか。
 

>>> あらら   -- 2006/05/03-08:55..No.[29107]
 
    dr.money様
法に触れるので、誰でも出来る等の表現は止めませんか?

 

>>> 通りすがりのFP   -- 2006/05/03-20:03..No.[29128]
 
    私も誰にでも出来ると思いますよ、色々な投資の本で「国際分散投資」をすれば、百年を超える過去の実績で証明されています。
dr.moneyさんが投資勧誘をしているわけでも無いのに、何で法に触れるかが判りません。
あららさんは批判家なのでしょうか。
 

>>> あらら   -- 2006/05/03-20:16..No.[29130]
 
    なるほど。では100%年利7%で運用できると断言できるのですね?
だったら私もお願いしたいのですが。
 

>>> 通りすがりのFP   -- 2006/05/03-20:44..No.[29137]
 
    それはdr.moneyさんに相談してみてはいかがですか?
 

>>> しろう   -- 2006/05/03-22:21..No.[29140]
 
    さくら さん、はじめまして。

格付け云々は横に置いて、
 @、どちらとも途中解約を前提においていません。
もし、途中で大きなお金が必要になった時は、一般的な終身保険より大幅に不利になります。
 A、予定利率が固定された保険と、世の中の情勢に合わせて変動する保険とどちらがいいですか?  
参考までにバブル崩壊で【失われた10年】と言われた2000年ごろでも、5.5l前後の予定利率でした。5.5lで試算したら高返戻率になることでしょう。
 B、な○○りも、ロングも固定利率で、低解約返戻金型です。




保険募集人が、”絶対”という言葉をつかって募集してはいけませんが、現実に年数パーセントの運用利率を出す保険もあります。

勿論元本の補償はありませんが、国内外の株と債権・ヘッジリスク、・およびREITの組合せで、分散投資と長期投資(ドルコスト平均法)をうまく使って、資産を増やす方もおられられます。

17年後の200%は、夢で無いと思います。
少なすぎるくらいだと思います。 
当社取扱い商品(生保商品)で、4年で約150l前後の運用益を出しています。 日本株だけの特別勘定でみると4年で約300l弱の運用益を出しています。

お子様のための死亡保障を定期保険で準備し、学資+老後資金として投資先を見つける事もひとつの考え方だと思います。

他社にもこのような保険があると思われます。
 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/03-23:07..No.[29141]
 
    しろうさんへ

通りすがりですが、私も自分では投資しませんけど、そんな商品が生保にあるなら、興味があります。
率がよくても将来解約の時に為替リスクがあったら嫌なので、日本円で(日本株で?)のもので、教えてください。
 

>>> dr.money -[URL]  -- 2006/05/03-23:18..No.[29142]
 
    いやー、運用利回りのことでこんない熱い話題になるとは思いませんでした。

通りすがりのFPさん、よく研究されていますね。確かに、過去の歴史を見ますと、10年スパンでの利回りはアセットクラスさえ間違わなければ年7%は実証されています。 この数字は日本ファイナンシャルプランナーズ協会の運用講師が紹介する数字として認められている利回りです。
しろうさん、あなたの扱う会社の運用チームはなかなか優秀のようですが、日本株だけの運用実績を過去10年に広げてみると、100%をようやく超えた程度ではありませんか?
私の顧客の中でも、リスクを取る投資家はこの2〜3年の運用利回りが年利50%(3年で337.5%)を優に超えていますが、同じポートフォリオを5年のスパンにしますと年利15%(5年で200%)程度になります。

金融法のしばりがあって、金利保証しての投資勧誘は出来ませんが、以下の条件を満たせば、お預かりする事はやぶさかでは有ません。
1.私個人と金銭貸借契約を結び、約束した金利以上の配当は請求しない。
2.私及び当社と契約関係が無いこと(特定の企業及び個人に利益供与したと見なされないため)。
3.最低10年は無目的融資を行い、運用や投資方法に口出しをしない。(ヘッジファンドと同様)
4.金銭貸借契約書を作成し、公証役場に保管或いはお互いの保管とする。
5.最低単位を500万円とし、累計預かり金額の上限を100億円とする。(これ以上では運用利回りが低くなる可能性がある)
6.10年後の返済金利は、年6%運用した額を一括返済(源泉分離課税20%は当方負担)<*証券優遇税制・源泉分離課税10%は平成19年12月31日まで>
以上、条件を満たしてのご融資は受け付けます。(個人保証です)
 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/03-23:39..No.[29144]
 
    おいおい、そういうことして、募集人資格剥奪になったLPがいたので、気をつけよう。
過去の運用実績を語って、こんなにすごい運用が!とか言って、これからもそうだと思い込ませるようなカキコするセミプロの話を鵜呑みにしないこと。さくらさん、考えるときは返戻率でなく、利回りで考えてください。計算すると超低いのがわかると思います。
 

>>> しょせん   -- 2006/05/04-00:30..No.[29148]
 
    そんなに腕のいいファンドマネジャーだったら保険なんか売っていないでしょ。それに、ここにしょっちゅう書込みしてる程ひまでもないでしょ。まーいくらでも言えるよね。
 

>>> dr.money -[URL]  -- 2006/05/04-00:41..No.[29150]
 
    募集人資格に関しての問題や、私募ファンドの届け出をしているファンドマネージャーでは無いので、このような金融法の隙間を縫った個人融資引き受けを相談しますと書き込みしました。
通りすがりさん、しょせんさん、あなた方は金融法を知っているのでしょうか?
日本では、特定債務者(個人間や法人間の金銭貸借関係以外の利害関係契約の無い間柄)の金銭貸借に関して、貸借証書に記載以上の金銭授受を目的としない貸借は、投資勧誘法に抵触しないと規定されています。
(日本弁護士会の確認も取れています)

ただの無知の批判家にしか見えません。
この他にも世界には税金逃れ(タックスヘイブン)や、ラップ口座、ヘッジファンド、etc.、日本では計り知れない運用方法が実在します。

投資金額5億円以上をお考えの方は、上記手法を伝授致します。
たかだか生保営業に時間のほとんどを費やしてるような方がたには理解出来ないかも知れません。
こちら<こちら>をご覧下さい、私が米国にいる間に教わったことを本にした方がおりました。(私が本にすれば良かったと今頃後悔しています)

 

>>> およ?   -- 2006/05/04-03:39..No.[29151]
 
    <こちら>では何も見れないです。
たかだか生保営業を本業にしないで、こちらの道に進まれてわ。
 

>>> しろう   -- 2006/05/04-07:16..No.[29152]
 
    およ?さん、はじめまして。

投資の分野も、立派な生命保険の分野です。
死亡時や入院保障だけでなく、人生設計の上で一番リスクが掛かる【生活資金】をいかに保障するかは大事なことです。
そのため【分散・時間・為替】投資の知識を駆使してお客さんに提案することは生命保険の本業です。
 

>>> ななし   -- 2006/05/04-08:34..No.[29153]
 
    今朝の新聞にも、生保離れが顕著とありました。
確かに、長生きのリスクが大きくなってる時代、選択肢を広げる為にも生保関係者の猛勉強を期待したいところです。
消費者は、勉強不足の担当者にひっかからないようにすることですね。
 

>>> 空理空論じゃなくて?   -- 2006/05/04-11:35..No.[29160]
 
    では、dr.moneyさんや、しろうさんは、生保では、副業禁止で「たかだか生保営業を本業」にしている直販は、不必要と思いますか?


保険は、兼業で、みんなファンドマネージャーを兼務するか証券営業になればよいと?別の事業で兼業をしている人は別にして。

では、もっと聞くと、現金がそれだけ用意できて増やせるなら、生活を保障する保険でも、10年定期保険や15年定期保険、終身保険がそもそも必要なくなると思いますが?
2〜3年を保障する損保ジャパンDIY生命の1年定期とかで十分ということですか?

あえて15年前後で見るならば、長生きリスクに対応するには、1年定期>一般的な有配当終身保険>15年前後の定期保険、で、ファンドが増えればさっさと解約、という結論でよいですか?

どうも、dr.moneyさんやしろうさんは、「一般的な家計」の人の環境を無視している発言に聞こえるのですが。。

書いてある額なども見ると、なんか貧乏人は、保険もかけるな投資もするな、というように見えてくるのは、私だけでしょうか?

dr.moneyさんや、しろうさんのお客様でどれだけ、リスクをとって投資している人がいるのでしょうか?
それとも、お客様は、儲かっている社長さんなどばかりで、一般的な家計や生活スタイルや働き方、投資に取れる時間を見たことがないと?

5億以上私に預けるなら、などという表現をされるなら、対象のお客様も違うし、「たかだか保険営業」などはやっていないと思うのは私だけ?

なんか、もともとさくらさんが聞かれたいところから離れて、自己顕示や、保険で貯蓄するヤツなど馬鹿だ、としか聞こえませんが。
 

>>> 追伸   -- 2006/05/04-11:41..No.[29162]
 
    医療保険も、もちろん、5年定期医療保険くらいでよいのですよね?

いや、終身保険や終身医療保険を否定すると、逆に、収益の高い定期保険を売りたい、あるいは、掛け捨て保険を売る方が修正Sなども含めて成績になる代理店や保険会社側の立場に見えてくるもので。。

その方のライフプランや、様々なご家族の環境や置かれた状況に照らしての結論ならよいのですが。
 

>>> 私も同感   -- 2006/05/04-12:13..No.[29164]
 
    しろうさんの、
>そのため【分散・時間・為替】投資の知識を駆使してお客さんに提案することは生命保険の本業です。

ということですが、、、投資顧問をされている代理店さんですか?直販で投資顧問までしたら、「通りすがり保険プロ」さんの言われるように、募集人資格剥奪されると思いますが。
逆に、投資の知識を生かしてアドバイス、というなら分かりますが、どのような客層を想定されていますか?一般のご家庭の状況や内情を本当に見られているのでしょうか?

相続対策のための保険を売る証券営業の方なら分かりますが。

>およ?さん
私も見れませんでしたが、、、

グーグル検索で、yudayazindaihugo と入力してみると、サイトにいけます。
ユダヤ人が金儲けがうまいのが本当かは分からないので、読んでみてもよいのでしょうけどね・・・


 

>>> dr.money -[URL]  -- 2006/05/05-00:35..No.[29180]
 
    何か皆さんあらぬ方向に話を持っていっているように思います。

本来、保険という商品は保障を買うのが主目的の筈で、ある時期に解約して投資商品のように使いたいと考えるなら、一定期間或いは終身でも掛け捨てと考えるべきです。
貯蓄のために高い保険料を払おうとお考えなら、その分を別途運用貯蓄した方が良い、と申しています。
私の顧客には、月々2万円の貯蓄の運用をされていらっしゃる方も億単位のお金を運用されている方もおります。
その方々の全てが、お金(金融)の相談を任せてくれている、ということです。金融の中には勿論、投資、生保、損保、税務、法律、相続、etc.が含まれます。
それらの相談に各業界のエキスパートのブレーンを揃えて対応していると云うことです。
 

>>> しろう   -- 2006/05/05-02:05..No.[29188]
 
    投資というと、皆さんなんだか一歩引かれていますね。
保険で言うと、変額保険などは立派な投資商品ですよ。

皆さん、普通に加入されていますよね?

変額保険でも「元本割れはいやだ」とのお客さんのニーズにより、一般勘定と組み合わせた変額終身を販売している会社もあります。

でも、本来はファンドの組合せ(特別勘定)で個別のリスクをひとつずつクリアしていくと、すばらしい資産形成になる商品です。

富裕者層だけでなく50万円くらいからできます。また、月々1万円程度の増額もできます。 
運用先の騰落率は日々変わりますから、節目節目お客様に伝えてアドバイスすることは当然の仕事です。変額の資格だけでアドバイスができます。 募集人にとって最低でも取得しなければならない資格です。

最後に素朴な疑問ですが、
一般の生保には、ファンドで運用する保険もあるはずですが?
 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/05-13:43..No.[29198]
 
    >私の顧客には、月々2万円の貯蓄の運用をされていらっしゃる方も億単位のお金を運用されている方もおります。
月2万しか貯蓄できない人に投資なんかさせてるんですか?それはFPのアドバイスとしてはいただけません。

>でも、本来はファンドの組合せ(特別勘定)で個別のリスクをひとつずつクリアしていくと、すばらしい資産形成になる商品です。
具体的に聞いてみたいので、よければいくつか紹介してください。

>富裕者層だけでなく50万円くらいからできます。また、月々1万円程度の増額もできます。 
変額年金と外貨建て年金のことですか?どれくらいの資産があるどんな家庭に販売してきましたか?

>運用先の騰落率は日々変わりますから、節目節目お客様に伝えてアドバイスすることは当然の仕事です。変額の資格だけでアドバイスができます。 募集人にとって最低でも取得しなければならない資格です。
変額保険の販売資格を持ってない募集人なんかいるんですかね?2〜3時間の勉強で受かる資格試験でプロと過信してはいけないと思う。どんなアドバイスしてるのか聞いてみたいものです。

>最後に素朴な疑問ですが、
>一般の生保には、ファンドで運用する保険もあるはずですが?
質問の意味が素朴に疑問。
 

>>> あらら   -- 2006/05/05-21:31..No.[29208]
 
    変額終身は投資商品?その売り方が問題になった過去をご存知ないわけ
ではないでしょう?
勉強しているプロであれば、だれも投資を否定しません。むしろ肯定派
が多いのではないでしょうか。しかし、確実に年7%複利で運用出来ると勘違い
してしまうような表現、保険販売をバカにするような表現、(しかし
自分でその保険を販売している事実)、500万以上では個人保証すると
ありえない事が、批判を招いているのではありませんか?
 

>>> dr.money -[URL]  -- 2006/05/06-15:52..No.[29235]
 
    自分が何者かさえも明らかにしないような輩の書き込みに反論するのはやめにします。
 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/06-17:25..No.[29242]
 
    何者か明らかにしないで、意見言っていいのが掲示板だと思うが。名乗らないといけないなら管理人氏がそうすると思う。
確実に7%複利やら、誰でもできるやらいうから、胡散臭いと思われるんです。アセットアロケーションやドルコスト平均法が絶対かのごとくいうからセミプロくさいんですよ。プロなら確実とは言わないよね。
 

>>> ちょっと一言   -- 2006/05/07-00:04..No.[29249]
 
    久しぶりにこのサイトにおじゃましましたが、今までの雰囲気とはがらりと変わっていることに驚いております。

初っぱなから質問とはかけ離れた回答だったものですから、その後から何か変な方向に行ってしまっていますね。
さぞかし、さくらさんも困惑されていることでしょう。

>保険会社の人によるとロングターム7は、東京あんしんの長割り終身より断然いいですよっと言われましたので、数では出してもらっていません。どちらがおすすめでしょうか。

返戻率でいえば長割終身よりも長割定期になりますが、それでもロングターム7でしょうか。
ご質問のあいおい生命の終身保険ですが、積立利率変動型終身保険の低解約返戻金タイプなので、将来予定利率が大きく上がるようならばそれなりのメリットがあると思います。
一方ロングターム7は、無配当で予定利率が固定されている点でデメリットと言えますが、17年後には解約されることや保険料や返戻率などを考えると私ならロングターム7を選択するかもしれません。
 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/07-10:18..No.[29257]
 
    >何か皆さんあらぬ方向に話を持っていっているように思います。

自分がネタ元じゃん。

>自分が何者かさえも明らかにしないような輩の書き込みに反論するのはやめにします。

だからあなたがネタ元でしょ。
それにここはネットの世界です。何者か分からない人が意見を述べる事は子供でも知ってます。


ここは投資の板ではありません。
質問者無視してここの掲示板の趣旨から離れた営業活動&自己顕示はいいかげんお止めになられてはどうでしょうか。

最近いつもこの人が出てくるとあまりの意味不明の回答に質問者も常連の保険プロも置いてけぼり食って引いちゃってるような気がするのは私だけかな?
 

>>> さくら   -- 2006/05/07-12:29..No.[29265]
 
    コメントありがとうございます。
すぐにコメントをさせていただこうと思いましたが、
何だか複雑な話になってきたので控えていました。
将来の率を考えて利率変動にしたいと思います。
さらに、将来解約するのが前提であれば、主人(45歳)で契約するよりも私(29歳)で契約する方が率が高いようでした。
 

>>> 保険選びネットファン   -- 2006/05/07-14:12..No.[29269]
 
    さくらさん

なぜ奥様が被保険者となるのですか?
奥様が家計の収入を一定割合支えていて、死亡した場合ご主人だけではお子様の大学資金を準備できないならそれでもいいのですが・・・。

終身保険で貯蓄を兼ねるのは運用をしない方針であれば結構なのですが、せっかく死亡保障があるのですから、それを活かす方向で考えたらいかがかと言う事です。
単なる貯蓄目的で、死亡リスクが少ないために奥様が被保険者となるということであれば、上の議論のプロの方々が発言したくなるのも当然だと思います。

 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/07-16:07..No.[29274]
 
    さくらさんが「保険」のプロではなく「投資」のプロであれば話は別ですが、素人にとっては「保険」と「投資」は全く別物と考えた方がいいですよ。

目先の「率」だけに惑わされて「保険」を考えると必ず間違えます。
くれぐれもご注意を。


 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/07-16:47..No.[29277]
 
    2つ上の人は、保険が貯蓄として有利とは思わないが、あえて保険で貯蓄するなら、死亡保障の必要性が高い夫を被保険者にすべきと言っとられるんじゃないですかね。死亡保障が必要ない妻を被保険者にするなら、わざわざ保険で不利な貯蓄をすることないということかと。
 

>>> 通行人   -- 2006/05/07-17:22..No.[29279]
 
    横からスミマセン。
生前解約を目的とされているなら、率の高い方と思うんじゃないですか?
保険と貯蓄を別に考えるというのは理想かもしれないけど、中々実情はそうは行きません。一石二鳥(多少無理があっても)で出来るなら、その方が手っ取り早いです。
貯蓄や投資という話が出ていますが、複雑で中々勉強できません。
また保険を別に考える時、どうしても掛け捨てになりがちです。素人の我々には、これが中々、割り切れないのです。
私のこれまで入ってた保険を60まで継続させると、2000万近くを投じることになります。別に、株やら投資をしてなんとか儲けようと思っていましたが、中々そうはうまくいきませんし、たとえこれで稼いでも保険の穴埋めができる…とは思えません。
結局、利率が多少悪くても一石二鳥の保険を利用して、投じた2000万は返ってくる程度の保険に乗り換えることにしました。何種類も掛け直しして…。
あくまでも保険ですから、これで得をしようとは思いませんが、やっぱ、2000万が消えてしまうのはちょっと悲しいものがありました。

 

>>> え?   -- 2006/05/07-17:26..No.[29280]
 
    2000万かける内容が悪いのでわ。
 

>>> とおりすがり   -- 2006/05/07-18:04..No.[29288]
 
    先ほど、4497のスレにも書いたもので、このスレでは、29160で発言したものです。
「保険」と「貯蓄(投資)」を分ける、分けない、というのは、あくまでも、考え方として分ける、という事だと認識しています。

保険の目的と性質、貯蓄(投資)の目的と性質を、ちゃんと知って、その結果、保険のレバレッジ機能と時間軸、投資のリスクリターンと時間軸を見て、判断されたらよいと思います。

結果として、終身保険で、保障+お金も溜まる、というのと、
掛け捨て+別で投資や貯蓄をして増やす
の、どちらを選択されるかは、各個人の問題だと思います。

それを、バッサリ、「こちらの考え方は、おかしい」、という表現をされること自体がおかしいのだと思います。

だから、通行人さんのような方が居てもよいし、その上で、どちらがよいでしょう、というような、さくらさんの発言があるのだと思います。
(成功したら、株や投資信託の方が終身保険よりも結果リターンがはるかによい、などというのは、指摘するまでもない事です。)

 

>>> 通行人   -- 2006/05/07-18:35..No.[29295]
 
    え!さん
そのとおりです。2000万かける内容が悪かったんです。
60までまだ何年もあるので、早く気がついて良かったと思っています。
家族5人分の保険ですが、言われるままに入り、転換させられてるとこうなりました。
本当はもっと早く気がつけばよかったですが…。まだ取り返せる時間が残っていて良かったと思う事にしています。
 

>>> 憂い人   -- 2006/05/07-19:01..No.[29299]
 
    個人攻撃の様な書き込みを拝見すると寂しい心持ちになります。
どうして他人の書き込みに対し悪口しか書かない心ない人間がいるのでしょう。

ところで、このサイトを開くとスパム対策ソフトが「非常に危険」なオブジェクトを検出するのでしょう?
 

>>> とおりすがり   -- 2006/05/07-20:45..No.[29309]
 
    それから、さくらさんが「私でかける」というのは、
終身保険であれば、例え、奥さんが亡くなっても、家計に様々な点で響くし、保険をかけてもよい&どうせなら、お金が若い時にかけるほうが総額が少なくて、返戻金もよいから、ということではないですか?

統計上は、夫が亡くなるより、奥さんが亡くなるほうが、精神的ダメージがでかく仕事にもしばらく復帰できない、というのもありみたいですしね。

やっぱり、出産に耐えうる女性は、男性より、いろいろと強いのかも知れません(笑)

終身保険で、というのは、他の商品は怖いとか、銀行が、本当にどんどん利子を上げるとは思えな、というのであれば。そういう判断なら、それも、アリだと思いますよ(笑)


ただ、逆に、ご主人が大黒柱なのであれば、そちらの死亡保障が足りない、というのは困りますが。


様々な事を含めて、さくらさんが判断されるなら、それが、その方にとって「正解」だと思うので、後は、商品アドバイスでよいのではないでしょうか?


死亡リスクの高低だけ言うと、生命保険は成立たなくなってしまいます。誰にでも、いつか100%起こることなのですから。

ただ、お子様の資金のためなのか、老後のためなのか、家庭環境のためなのか、など、いろいろ判断されてから、保険に限らず商品を判断されて下さいね?>さくらさん。

 

>>> さくら   -- 2006/05/08-14:24..No.[29335]
 
    様々なアドバイスをいただいて嬉しく思います。
ありがとうございます。

目的は子供の学資のためで考えています。私も働いていますが死亡保障がなかったことと、主人より私でかける方が掛け金が少なくて済むことで決めました。

本当は、主人の死亡保障を厚くしたかったのですが。。。
現在、主人は死亡保障500万円の終身保険以外に、更新型の死亡保障2500万円(主契約100万円)+医療特約に入っており、次の更新保険料が高いので、後者を解約しようとしたところ、入院してしまい、医療の特約があるので解約できなくなりました。

そこで、後者の保険の介護保険定期特約1900万円(保険料7600円)、特定疾病保障定期特約300万円(2184円)、総合障害補償定期特約200万円(1256円)を解約して月々の支払いを減らし、その分でソニー生命の変額保険500万円を検討中でした。
今回、死亡保障分を私で契約するので、もう少し増額するか、掛け捨ての収入保障特約に入ろうか検討しようと思っています。