生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--転換に納得がいかないのですが・・
 >>>もげら   -- 2007/02/04-17:34..No.[38932]
    結婚2年目40歳の専業主婦です(子供はまだです)。

昨年、第一生命の「エスコート21」(死亡1,500万+医療特約少々)のうち1,100万円部分を下取りする形で「堂々人生」を契約しました。残った「エスコート」400万は払い済みにしました。(終身230万)

以前から「堂々人生」への切り替えを勧められており、私は、結婚し専業主婦になった今「エスコート21」は死亡保障が大きすぎる事、高齢出産に備えて医療保障を充実させたかった為、契約しました。
最初の設計ではあまりに死亡保障が大きかった為、死亡部分を極力抑えてもらうようお願いし、最終的に出された設計が、死亡保険1,000万、年金200万×5の合計2,000万でした。
(医療の方は、入院10,000円など希望通り色々付いています。)
それでも死亡保障が多いと言ったのですが、「下取りの関係で今はこれ以下には出来ない。一旦これで契約して、半年経てば見直して減額できるので。」と言われ契約しました。

ところが半年過ぎて「減額」の申し出をしたところ(引越の為去年とは違う支社)「死亡部分の減額は下取りの関係で出来ない、特約部分しか出来ない」と言われ大変ショックを受けました。
減額が出来るのは、更新時に1,000万までなら可能との事。1,000万でも私には大きいのですが、この10年間に減額出来無いというのは話が違うように思いました。

問題は、
・言った事が違う。(実際は減額は出来ない。)
・下取りすると途中で減額が出来なくなる事がある旨の説明が全く無かった。
・「堂々人生」の最低金額ラインが1,000万という説明も全く無かった。
 (それを知っていたら加入は考え直していた。)
・昨年「堂々人生」加入後に、医師から「特発性血小板減少性紫斑病」と診断され(今のところ治療・通院必要なし。年に一度経過観察)、他の保険に変える事は難しい。
・上記の病気の為、「堂々人生」を一生キープしなければならない可能性が高く、将来に渡り高い保険料を払い続けなければならない。

生命保険協会に電話したところ「言った言わないの問題なので難しい。追求できるなら”説明不足”という事でしか出来ないだろう。2〜3年たてば、年金200万×5は解約できるような気がするのだが。」と言われ、第一生命に直接電話するよう勧められました。

第一生命の本人は、「契約時に言ったのは、減額できるというより、半年で又試算が出せるという意味で言ったつもり。しかし2年経てば(減額)出来る(はず)なので来年又電話欲しい。責任もって対応します。」と言いましたが直後、更にその上部の人から電話があり「この度は説明不足で大変申し訳ない。彼女の言った事は違っていて減額はやはり出来ない。下取りが足かせになっている。新しい商品は色々出ていて10年後に保険料を下げる工夫はいろいろ有るので。」と、何だか納得させられてしまった形になってしまいました。

実は彼女は私の直接の担当者ではなく、担当者が不慣れな人だった為いつも一緒について来ていた上司でした。
「設計書を作ったのは私でないので、中身を十分把握していた訳ではなかった。下取りも400万の方を下取りしたのかと思っていた。死亡保障はこんなにいらないと言っていたのも覚えている。もっと責任もって見てあげていれば良かった。申し訳ない。」と言われました。
一度はあきらめようと思いましたが、やはりこれから何十年と余分な保険料を払い続けなければいけない事や、今回の経緯を考えると、やはり悔しいしどうにかしたいです。

何かアドバイスを頂けたら嬉しいです。




>>> 六太郎   -- 2007/02/04-19:11..No.[38936]
 
    第一生命の本人は、「契約時に言ったのは、減額できるというより、
半年で又試算が出せるという意味で言ったつもり。しかし2年経てば
(減額)出来る(はず)なので来年又電話欲しい。責任もって対応
します。」
これを文書にしてもらいましょう。
誤った説明による契約は無効です。
つまり、元の契約に戻せます。


 

>>> もげら   -- 2007/02/04-20:46..No.[38939]
 
    六太郎さま

ご返信有難うございます。

彼女は、先日私との二度目の電話で「自分は下取り金額を勘違いして認識していた。だから実際は減額は出来ない。申し訳ない。」と言って、最初に自分の言った事(2年経てば減額できる)を撤回したので、文書にはもうしてもらえません。

それでも、もとの契約に戻せるのでしょうか?
夫は、私のニーズに近い「私の華道」に換えてもらう事も提案していますが、それは得策と言えるでしょうか?

いろいろ質問して申し訳ありません。
お返事いただけましたら幸いです。






 

>>> 六太郎   -- 2007/02/04-23:06..No.[38941]
 
    要するに、今何を言ったかではなく、
契約時に、最初に間違った説明をしたという証明さえできれば、
契約を元に戻せます。

前も書きましたが、間違った説明を受けて契約(転換)したのですから、
その契約は無効であり、元に戻せます。

文書にしなくても、担当者が会社に申告して、
会社が認めれば、戻せます。
そうすれば、生命保険協会等の第三者の手を煩わせることも
ありません。

華道への転換は、転換の転換になり、損を重ねることになります。

 

>>> もげら   -- 2007/02/05-10:24..No.[38945]
 
    度々、有難うございます。

「間違った説明をした」ことを当事者が認めるのか不安はありますが、
元に戻してもらうよう話をしようと思います。
 

>>> 自称カリスマプランナー -[URL]  -- 2007/02/06-14:13..No.[38975]
 
    もげらさん 初めまして

転換については記事に書いてありますので、参考になりましたら幸いです。

>契約時に、最初に間違った説明をしたという証明さえできれば、
契約を元に戻せます。
保険業法に従っていなければ取り消しできます。何度も取り消ししました。

こちら
 

>>> もげら   -- 2007/02/06-16:08..No.[38977]
 
    自称カリスマプランナー様

初めまして。ご助言有難うございます。

私は「保険業法」は勿論知らず、恥ずかしながら「予定利率」がどういうものであるかも殆ど知らない無知でした。
今回の事で、いろいろ調べていて、「減額できない」だけでなく「予定利率」の点でも不利益な契約をしてしまった事に気づきました。

確かに契約前にもらった「設計書」の新旧対照表の下部には、「予定利率5.5%」「1.65%」とあります。契約時は気にも留めませんでしたが。
しかし、書いてあるだけで担当者から「予定利率」に関する説明は、全くありませんでした。
説明されていれば、この転換は考え直していたに決まっています。

「予定利率」に関する十分な説明が無かった、という事で追求できるのでしょうか?

ただ、旧保険1500万のうち1100万を下取りしてくれと頼んだのは私です。担当者は最初500万分の下取りを提案してきたのです。
とにかく保険金額(と保険料)を減額したかった私は、「予定利率」のことなど知らず、自分で転換金額を増やしてしまったのです。

「転換の取り消し」はそんなに多いのですか?
私も心から元の契約に戻して欲しいです。
ただ、「転換取り消し」請求の壮絶な経験談を読むにつけ、自分の手におえる手続きではないような気がしてとても不安です。



 

>>> 自称カリスマプランナー -[URL]  -- 2007/02/07-09:59..No.[38988]
 
    >「転換取り消し」請求の壮絶な経験談
何を読んだか知りませんが、あきらかに業法違反ということで、可能です。
争い方にうまい下手はあります。説明したかしないなどで口論してもしかたありません。
不二家は「食中毒はまだ1件もでていません」けれどもご存知の状態です。

予定利率2000万円の終身保険を転換されたのを元に戻したこともあります。

 

>>> もりもり   -- 2007/02/10-12:55..No.[39072]
 
    こちらのみなさんにご指導頂き、2500万の終身保険を取り戻したものです。
相当疲れましたが、今は諦めずに最後まで頑張って本当に良かったと思っています。その節は大変お世話になりありがとうございました。(この場をお借りして)

ただもげらさんの場合,その後ご病気がわかったとの事。今後暫くは新規加入も転換も出来ないのではと思いますので、戻した後どうしたいのか,良く検討されてからにした方が良いと思います。

もっと早く書きこみたかったのですが、システムが変わったのを知らず、閲覧専用から何度も書き込みしては,失敗していました。とほほ・・
 

>>> もげら   -- 2007/02/10-18:03..No.[39075]
 
    自称カリスマプランナー様、
そうですね。争い方にもコツがあるというのは良く分かります。
ただ、今の段階では、私がもう納得していると相手は思っているので、
「まだ納得していない。取り消しを希望している。」旨を一度伝えておこうかと思っています。

もりもりさん、
書き込みどうも有難うございます。経験者の方のお話には勇気が出ます。

私の病気(特発性血小板減少性紫斑病)は、一生付き合っていかなければならない可能性が高いのですが、私の場合は極軽症と言われており、発症もしてもおらず症状も何もありません。このまま何もおきないままである可能性も大です。その病気の為に、高い保険料(主契約の死亡保障が大きすぎる為)を払い続けねばならないのは、やはり違う気がします。

旧保険には、入院5000円、女性疾病5000円、手術5、10、20万がついています。これで十分ではないかと夫と話しています。
「特発性血小板減少性紫斑病」の診断をされていても入れるがん保険があれば、契約を戻した後、その保険を補う為に入りたい気もしています。

今は、「取り消し」に向かって考えをまとめているところです。


 

>>> もりもり   -- 2007/02/11-12:09..No.[39089]
 
    もげらさん こんにちは

私の場合は、エスコートを私の華道は転換
@担当者に「説明不足による転換取り消し要求」をする。
A担当者とその上司(支部長)が契約時の状況を聞きに来る。
B翌日、再度二人が来て、「説明はきちんとした、あなたが忘れただけだ、契約は問題無く成立している。取り消しは出来ない」
C納得できず、本社お客様相談室に電話。「契約状況を中立的視点で確認して、あらためてお電話します。」
D支社次長と支部長が,私に事情を聴取。
E支社次長と担当者と私で話し合い。次長の判断で転換取り消しへ

ポイントは契約前に説明して手渡ししなければならない「契約にあたって」という青い書類を、契約後に、説明も無く置いて行ったことです。

不利益転換に気がついてから、元の契約書が手元に来るまで、3ヶ月半かかりました。体重5キロ減です。

終身保険は貯蓄性が高く、老後,減額や解約で相当額に換金できる事、お宝保険の事,全く知らなかったのです。とほほ・・

私は戻してから,終身の医療保険とガン保険に入りました(もちろん他社,やや保険貧乏)エスコートについている医療は(払いこみが終わる)60才で切れて、80才までは年払か一括で払えばで継続できる形でした。

D1では今、シールド特約等の不払いが多数発覚して、新聞広告にデカデカと「契約時はもちろん、契約中もわかりやすい様に・・・」と載っていましたから、もげらさんの場合、契約時の説明が明らかに間違っていたので、取り消しは容易ではないかと推測します。

私でお役に立つ様でしたら、何でも聞いてください。

 

>>> もげら   -- 2007/02/12-19:56..No.[39121]
 
    もりもりさん、

詳しいお話を有難うございます。
もりもりさんの場合、支社次長さんが割と話の分かる人だったのでしょうか。でも取り戻せて本当に良かったですね。
私も頑張ろうと思います。
明日、「納得していない。元の契約に戻して欲しい」旨、発言の本人である副支部長にいう予定です。

ところで、「契約にあたって」という青い書類とはどんなものでしょう?「重要事項説明書」とは違いますよね?
保険会社からもらった書類ファイルの中にもないですし、記憶もありません。
私の場合は、その書類が論点ではないですが、もらうべき物をもらっていないのは気になります。。

 

>>> もげら   -- 2007/02/13-10:25..No.[39135]
 
    ●「転換取り消し」が可能な期限ってあるのでしょうか?

もりもりさんは、転換契約してどの位後に取り消しを要求されましたか?

 

>>> もりもり   -- 2007/02/13-16:37..No.[39145]
 
    もげらさん 頑張ってください。応援しています。
説明を録音、または立ち合い人に記録してもらった方が良いですよ。
私は録音したい旨言ったら,拒否されたので,友達に立ち合ってもらって、メモを取ってもらいました(速記風に)それが案外効果あったかもしれません。相手はプロですが,所詮同じ人間です。(私は心臓が飛び出るくらいビビッてましたが)

「契約にあたって」という青い書類ですが、私が転換契約したのはH18の暮れで、その後春くらいから、重要事項説明が必要になったようですから、内容的には同じようなものなのかもしれません。
私はそれが重要な書類という説明を受けずに,捨ててしまった様で,手元に無いので、内容は未だによくわかりません。が、転換せずに払い済みにした場合いくらの保障になる。と言った事がかいてあるようです。はっきりせずにすみません。







 

>>> もりもり   -- 2007/02/13-17:47..No.[39147]
 
    ご質問の件

保険会社によって規定があるらしいですが,失効してしまった契約を復活できる期間<3年>、に準じていると、どこかで読みました。
また、不利益に気がついてから,6ヶ月以内に申し出なければならない。とあります。

私は1ヶ月で気がついて、すぐに申し出ました。以前この掲示板で2年以上前の転換を戻したとありましたから、十分可能だと思います。例がないというのは嘘でしょう。

 

>>> もげら   -- 2007/02/13-17:56..No.[39148]
 
    もりもりさん

度々すみません。
もりもりさんがご契約されたのはH18(去年)の暮れではなく、もしかしたらH17の暮れではないでしょうか?
そして、元の契約を取り戻せたのはいつ頃ですか?差し障りがなければお教え下さい。
本日先方に「契約後、半年以上も経っての取り消しは例がない」などと言われてしまったもので。
 

>>> もげら   -- 2007/02/13-18:00..No.[39149]
 
    もりもりさん

私が書き込みしている間に、ご回答を下さったのですね。
有難うございます。
強気で頑張ります。
 

>>> もりもり   -- 2007/02/16-11:56..No.[39213]
 
    >ご契約されたのはH18(去年)の暮れではなく、もしかしたらH17の暮れではないでしょうか?

そうです。失礼しました間違いました。H17暮れ契約。H18/1月末、気がついて交渉開始。証券が手元に着たのがゴールデンウィーク明けです。

私は元明治の営業をしていた友達に「私は騙されたのよ。戻さないと金融庁に訴えるはよ!」と机をひっくり返す位の勢いで怒鳴り込めば、絶対に戻せる。なんだかんだというけど、システム上出来ないことはない。とアドバイスされて、頑張りました。強気が一番です。


 

>>> もげら   -- 2007/02/20-16:24..No.[39265]
 
    もりもりさん

本当に有難うございます。勇気が出ます。

先日、支部長が詳しい話を聞きたいということで、支部へ赴き契約までの経緯や状況などを話しに行きました。
先方は支部長と副支部長(発言の本人)でした。
概ねこちらの言い分を理解してもらい、契約時の誤った説明についても認めているように感じましたが、決裁は本部だということで一週間後に回答または経過報告をします、という事でした。

良い返事がくるといいのですが、気を抜かず頑張ります。
 

>>> もげら   -- 2007/02/27-17:28..No.[39388]
 
    ご報告です。

本部の決裁がおり「元の契約に戻します」との返事を昨日もらいました。
今は、遡及事務の為の計算に入ったので、正確な数字が出るまでもう少し待って欲しいとの事です。

六太郎様、自称カリスマプランナー様、そしてもりもりさん、

アドバイスやご助言をどうも有り難うございました。
保険そのものや「転換」についても殆ど無知だった私がここまでこられたのも皆さんのお陰です。
そしてたった一度の説明で理解納得してくれた支部長・副支部長さんにも感謝しています。

証券が戻ってきたら、今度はよーく考えいろいろ勉強もして、この保険を活かしながらあとはどうするかを検討したいと思います。
それから夫の大きな保険(他社ですが結構な保険料を支払っています。これも更新型です)も見直したいと思っています。

一時は具合が悪くなってしまう位大変な思いをしましたが、
このように短期で結論が出たこと、保険についてきちんと考えるきっかけを得られたことは、私にとって良かったのでは?と今は思っています。
 

>>> もりもり   -- 2007/03/01-15:36..No.[39422]
 
    もげらさん、おめでとうございます。本当に良かったですね。
同じ経験をした者として「大きな保険会社を相手に良く頑張った」と、お互い誉め合いたいです。(笑い)
本当に今後の人生においても、苦いが良い勉強をしたと思って、謙虚に役立たせたいですよね。
先日、ニッセイの新人になったママ友に再会。疑いもせず、上に言われるまま、転換を勧めているらしいです。恐ろしい事です。
これからも、どれだけの人が「不利益転換」させられるのか、
注意勧告!!