生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--国民年金加入者の生命保険について
 >>>るまんど   -- 2007/02/04-16:36..No.[38930]
    夫は会社員なのですが、会社の理由で国民年金になり、
福利厚生関係は一切ありません。
年齢30代前半・子供二人(小学高学年)・住宅ローン有
現在加入中の保険は、
(1)終身保険(65歳払済) 500万円
(2)家族収入特約(53歳まで・逓増型)
 現在の月額8万位〜最終月額14万位
(3)日額5000円の医療保険
三つ合わせて保険料年間11万円程です。
厚生年金時代に加入した物のため、見直しをしたいです。

教えていただきたい事
★教育費を考えると全体的に保障が足りないでしょうか?
保障を増やすとしたら、どんなタイプの保険に加入すると良いのでしょうか。
★家族収入保険が53歳迄という中途半端な年齢で終わります。
終身保険分はお葬式代にしかならない気がします。
53歳〜老後にかけてを保障する保険にも加入すべきでしょうか。

宜しくお願いいたします。




>>> 六太郎   -- 2007/02/04-18:45..No.[38934]
 
    現在の年齢(配偶者の方、ご家族それぞれが必要です)
貯蓄額、収入、死亡退職金の額などが分からないので、
具体的なアドバイスができません。
また、現在契約している保険会社、保険の名称、
保障額、契約年も必要です。

35歳男性だと仮定すると、53歳まで18年間。
下のお子様が大学を卒業するのに十分な保障期間となりますが、
情報がないので、何とも言いようがありません。
期間だけでなく、保障額の検討も必要です。
きちんとしたライフプランが設計されているのならば、
厚生年金から国民年金に移行した分だけ、保障額が不足している
はずです。
不足分は、下のお子様が大学を卒業されるまでの定期保険でも
良いと思います。

老後の保障の方法には色々ありますが、10年確定個人年金も
ありますし、終身保険(利率変動、変額、低解約払戻金型など)
という手段もあります。

逓増の家族収入特約といえば、ソニー生命が有名ですが、
ソニーの担当者ならば、色々と相談に乗ってくれると思いますが、
いかがでしょうか。


 

>>> asimomy -[URL]  -- 2007/02/05-11:20..No.[38946]
 
    こんにちは。

厚生年金加入時代に、どこまで煮詰めて設計したかによって変わってきますよね。
きっちりと詰めてあるのであれば、「加入年金の変更で薄くなった部分」を上乗せする必要が出てきます。

例:遺族年金(中高齢寡婦加算)など。
  ※健康保険も変わったのであれば、そちらも。

加えて、お子さんの成長に伴い「私立に行きそうだ」とか、想定していた教育費の変化もあるかもしれません。


いずれにしましても、六太郎さんが仰るとおり、現在の担当者に相談されてはいかがでしょうか。