生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--簡保学資保険の告知義務違反の対応について
 >>>イチロー   -- 2007/03/01-00:00..No.[39414]
    現在、小学2年生の男の子がいますが、妻の親が費用を負担してくれるというので、3年前に妻が契約者となり、簡保の学資保険に加入しました。私個人としては、学資保険には、あまり肯定的ではないのですが、妻側の好意であるため、特に口をはさみませんでした。
掛け金は月10600円(基本:10200円、特約:400円)で、現在までの払込総額は、397000円(基本契約分:387000円)になります。満期は10年後で、満期までの払込総額は163万、給付総額は150万+配当金です。
たまたま当サイトに出会い、過去ログ等を拝見させていただき、この学資保険に問題があることがわかりました。というのは、妻には、契約の数ヶ月前から神経科への通院があったのです。
症状は軽かったのですが、薬の服用や、何かの32条の申請(診療費の個人負担が軽減されるため、医師からすすめられた)もしておりました。学資保険の契約時の告知書が残っており、確認しましたが、最近3年間の病気に関して、「精神病」の記述があり、該当なしと記述しています。妻としては、この記述を特に気にとめなかったようです。
(故意ではないと思います。そういった契約事項には無頓着なほうですし、本人にしてみれば、症状自体を軽くうけとめていたと思いますので。)
客観的に見れば、告知義務違反にあたる可能性が非常に高いように思います。契約内容の確認書には、「告知内容が事実と異なる場合には、契約を解除することがあり、このとき保険料の返還はしない」と書いてあります。
このような状況のため、この学資保険をどのように扱うかを悩んでおります。
現在、以下の3つの対応策を検討中です。
@支払いが困難等の理由で、解約する。
A特約部分の契約を中止し、基本契約分の払込総額が 50万円になるま で支払いを継続し、その後払い済みにする。
B満期まで、このまま継続する。
以上の3点です。
焦点は、
A.告知義務違反と判断されないこと。
B.返戻金が少しでも多いこと。
虫がいい話だと思われるかも知れませんが、確かに、認識不足という落ち度はあると思いますが、特に悪意があったわけではなく、家計が厳しいのも事実です。保険担当者が告知の重要性をもっと説明すべきではないかとも思います。
現実的に考えると、妻が死亡して保険金がおりるようになった時のみ、過去の告知義務違反を調査する可能性があるとしか思えないのですが…。(しかも精神的な理由の時。交通事故でそこまで調査するのでしょうか)
但し、これを考慮すると、死亡の場合の保証が不確実な状態でわざわざ、元本割れにしている意味がありません。対応策としては@が妥当かと思うのですが、@とAは告知義務違反と判断される可能性としては
変わらないように思えるのですが…。
(解約・満期・払い済み契約等のタイミングで過去の告知義務違反の調査が行われることが実際あるのでしょうか)
ならばAの方が賢明なのかとも思えますし…。
何分、専門家ではありませんので、話のポイントがずれているかも知れません。
保険の専門家の方、またこのような経験がある方、どなたでも結構ですので、制度・知識・経験等からアドバイスをいただけないでしょうか。
よろしくお願いします。




>>> FPっぽい者   -- 2007/03/02-00:22..No.[39426]
 
   
告知義務違反がばれるかどうかについては、「バレません。」
契約者に関しては加入の時ぐらいしか調査しません。
ばれるとすれば、その神経系の病気で亡くなった場合。
もしくは自らカミングアウトした場合の2パターン。

あとはイチローさんファミリーの気持ちの問題。
気になって精神衛生上よろしくなければ解約してしまったほうがスッキリしますし、気にならなければ維持するのが途中解約よりもいいと思います。
お子さんの保障も付きますからね。
特約を解除すればさらにいいですね。
特約外して、保険料を年払いにすると払込額を満期保険金が上回るんじゃ無いですか?
 
まぁそれは別として、バレませんからそこは問題ではないでしょう。

>>保険担当者が告知の重要性をもっと説明すべきではないかとも思います。
そこは契約者の問題。それに気軽にサインしてしまった奥様の落ち度だと思ってください。
それほど署名・押印は大切なものです。
 

>>> イチロー   -- 2007/03/03-10:48..No.[39434]
 
    FPっぽい者 さん
アドバイスありがとうございます。
少し安心しました。
特に問題にならないようなら、継続という形に
なるかと思います。
妻には詳しく事情は話したのですが、
なにぶん、感情的になってしまうので…。
話の仕方がむつかしいですね。
もう少し検討させていただきます。
ありがとうございました。