生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--うまれてくる赤ちゃんに異常があるかもしれません。
 >>>とりとん   -- 2005/08/25-05:46..No.[18849]
    妊娠10か月にはいろうとしている30歳前半の妊婦です。
赤ちゃんの発育が悪く、まだ1500グラムにも達していません。
医師からは心臓に疾患があるかもしれない。生まれてきても障害のある子供かもしれない。と話をされました。
ある保険会社で妊婦の保険があると知りましたが、妊娠後期であること。子供に異常があるかもしれないことなどを考えると、加入は厳しいようにも思えます。何か生まれてくる子供に保障をつけたいと思うのですが・・・・。入れる可能性があるものがあれば、教えていただきたいと思います。
とても難しいことをいっているのだろうと重々承知ではありますが、すがる思いです。




>>> まーくん   -- 2005/08/25-19:21..No.[18875]
 
    とりとんさん、はじめまして。
保険営業の仕事をしているのと同時に、私自身、心臓疾患を持つ子供がおります。とりとんさんが今抱えている不安やいろいろな思いをお察しいたします。まずは、お母さんとして万全の体制で出産できるよう準備することに専念してください。

ご質問の答えについては、ご本人・お子様ともに現時点では保障を用意することはむずかしいです。
ご本人については、過去の病歴が特になく、正常分娩で出産できれば、出産後1ヶ月程度で保険加入は可能です。また、仮に現在、医療保険に加入していたとしても、障害のあるお子様が生まれること自体は異常分娩ではありませんので、保険給付の対象にはなりません。
お子様については、心臓疾患のみで、それが心室中隔欠損・心房中隔欠損だった場合には、根治手術を行ってから5年以上でかつ10歳以上になると、保険加入の可能性は非常に高くなりますが、他の心臓疾患や、心臓以外にも障害がある場合は一概にはなんとも言えません。


もし、お子様が心臓疾患や障害を持って生まれた場合、治療にかかる費用そのものについてはほとんど心配ありません。健康保険だけでまかなえない部分について国や地方自治体の支援制度がありますので、実質負担はありません。(ただし移植等が必要な場合は除く)

そのかわり、収入減少や生活費の上昇が負担になってくると思います。
入院・通院は繰り返すこととなりますので、特に入院時の生活費上昇は避けられないと思います。また、お子様の祖父母が同居してればよいのですが、それ以外に現実的にはお子様を預かってくれるところはありませんので、お母さんがパートなどに出ることはまず不可能です。


保障を考える上では、お子さんの今後のために、ご両親の保障を見直してください。
ご主人に万が一のことがあったときに、お母さんがお子様にずっとついていられるだけの生活費は準備できているでしょうか?
疲れがたまったお母さんが倒れたとき、ご主人はお母さんの代わりをすることはできるのでしょうか? あるいは人を頼むとして、その経済準備はできているでしょうか?


ウチの子の場合、幸いにも心臓疾患のみで毎日元気に遊んでいます。
今1歳半ですが、4ヶ月のときに一度目の手術をし、これから2歳になる頃に根治手術を予定しています。
何回かの入院や通院の中で、親同士が仲良くなったり情報交換したりしています。確かに子供の体は心配ですが、情報が多くなると不安が少しずつ解消されていきます。
特にお母さん方は、お子さんの病気と向かい合う覚悟を決めてからは強い感じがしますねぇ…

もしよろしければ、不安解消のためのさまざまな情報提供ができると思いますので、直接メールください。地方自治体によって、支援制度が違ったり見舞金が出るところもあったりしますので、お住まいの市区町村もお知らせいただければと思います。
また、掲示板ではお聞きできない、トリトンさんのご家庭の情報もいただければ、より多くの詳しい情報を提供できると思いますので、その意味からも直接メールのほうがよいかと思います。

長々となってしまいましたが、生まれてくるお子様の未来のためにこれからがんばってください。

 

>>> とりとん   -- 2005/08/27-12:20..No.[18944]
 
    まーくんさん、心のこもったメールを頂きとてもとてもうれしく思います。本当にありがとうございます。どこの保険を調べても、基本的には母子ともに健康というのが必須条件で、暗澹たる思いでした。 その中で同じ思いの人に出会えたことはなんだか希望を与えていただいたようで、とても心強く思います。ありがとうございました。