生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--リビングニーズについて教えてください
 >>>ゆん   -- 2005/11/29-08:56..No.[22785]
    はじめまして。
リビングニーズの給付についてなのですが、余命6ヶ月の診断で、
生きている間に給付が可能な特約ときいていました。
今、親族が劇症肝不全で治療中なので、肝臓移植は親族内で出来ないので、不可能。
脳死の移植待ちに登録しても、1ヶ月以内に移植できる保証は無いに等しく、不可能に近い状態で、余命が1ヶ月以内と言われました。
1ヶ月の間内に、本人が好きな事をしたいと話しているので、請求をしようと、加入の保険が明治安田生命さんの営業担当の方に請求できるか、聞いたところ、不可能といわれました。
やはり不可能な案件なんでしょうか?




>>> ゆん   -- 2005/11/29-09:00..No.[22786]
 
    追加なのですが…
3年前に祖母を同じ劇症肝炎で亡くしています。
そのときも、明治安田生命さんで、余命診断を頂いて給付請求をしようとしたのですが、担当者さんに給付は受けれないと本部に言われた。
と言われました。
やはり、同じように請求はできないのでしょうか?
よろしくおねがいいたします。
 

>>> 田中 正明   -- 2005/11/29-09:34..No.[22787]
 
    ゆんさん おはようございます。
個別の案件でお答えするのは困難ですが「医師によって余命6ヶ月以内と確定診断されたとき」に該当するか否かがポイントです。
営業担当者を通じて問い合わせされるより、直接保険会社に問い合わせされたほうが良いと思われます。
給付されない場合はその理由を確認できます。
 

>>> リビングニーズ   -- 2005/11/29-09:45..No.[22788]
 
    外資系の保険会社で働いてます。
実際にリビングニーズを支払ったこともあります。余命6ヶ月を最終診断するのはかかりつけのお医者様ではなく、社医(保険会社の顧問的な人)です。ですから会社が「払わない」と決めたら、受け取りは難しいかもしれません(訴訟なども時間がかかります)
通常リビングニーズ請求時には、担当医が余命診断するのを嫌がる、親族が経済的には困っていても心情的に請求できない、生命保険会社のスタンス「極力払いたくないと思っている」(ウチの会社ではあり得ませんが)など、さまざまな問題があります。
リビングニーズを世界で初めて作った会社に勤めてますので、ある会社では、理念や制度が歪んでまかり通っていることが残念です。
MY生命は「保険金支払わないマニュアル」があると暴露されてしまいましたが(業界では有名ですが)3年前はまさに一番払っていないときでしょう。逆に叩かれている今なら、まだチャンスはあると思います。
あくまでも私見ですが、移殖系であれば、心臓移植しないと余命6ヶ月と診断され、手術ほかで5千万円かかると言われリビングニーズを請求した方が、手術も成功し5年たってもまだ元気ですので、本件も請求できるように思うのですが。
前述のように、文字通り「生きるための保険」としてお役に立ったらよいと、祈念してやみません。
もしわからないこととかあれば、お役に立てるかわかりませんがメールなり頂ければ返信いたします。
 

>>> リビングニーズ   -- 2005/11/29-10:17..No.[22790]
 
    追加です。さっきウチの会社の支払査定の長と話しました。
骨髄移殖や生体肝移殖など、移殖しなければ助からない、という診断書があればウチの会社では払う方向で進めるとのことです。医学の進歩により肝移殖の例も徐々に増えているそうです。
 

>>> jian   -- 2005/11/30-00:11..No.[22835]
 
    ゆんさん

3年前とは 大きく変わっています。
その担当者ではなく 営業所長に 連絡して下さい。

リビングニーズ 年々支払い件数が増えています。
是非 ご確認下さい
 

>>> Dr.KEN -[URL]  -- 2005/11/30-14:33..No.[22848]
 
    ゆんさん こんにちは!

私は過去2回、契約者のリビングニーズの請求していますが
医師の診断と保険会社の担当者の被保険者の現況の確認に
同行して給付されました。

ゆんさんの親戚の方の状態から見れば、
一般的な見解から言ってもリビングニーズの対象になるのでは
と私には思われます。

保険金支払で問題になっている保険会社ですからもっと強く要求して
聞き入れられなかったら金融庁に相談するとでも言ってみたら
状況が一転するかもしれません。
 

>>> ゆん   -- 2005/12/01-10:56..No.[22873]
 
    みなさま、色々とお教え頂き、ありがとうございます。

田中様
お教え頂きありがとうございます。
「医師によって余命6ヶ月以内と確定診断」に該当するか否かですが、
余命はもって1ヶ月程度で、死亡確率を示すと、99%死亡するに等しい状態だそうです。
該当するかのポイントってあるのでしょうか?
また、営業担当と話しをした後に、直接営業所の所長さんにもお話ししたんですが、
以前に支払った事の無い案件なので、不可能と本部が話していると回答を頂きました。
やはり、難しい案件なのだなぁと思いました。

リビングニーズ様
詳しいご説明ありがとうございます。保険会社にって違うのだと痛感しました。
3年前の祖母の時が該当するなら、本当に苦しかっただろう1ヶ月間をもっと違
う形で過ごさせてあげれたのかと思うと、残念に感じます。
また、上記にも書きましたが、本部の査定?の方が、支払った事の無い案件として、
支払が不可能というお返事を頂きました。
MY生命に私も加入しているのですが、もしも…親族や義姉や祖母のようになったら、
自分はリビングニーズの選択もできぬままに…と思ってしまいます。
再度質問なのですが、義姉の場合なのですが、
3年前に同じように劇症肝炎にかかりました。
その時に今の親族同様に移植が必要とする状態でしたが、生体肝移植の適合者が無く、
死体肝移植の登録をして待っていた状態の時に、リビングニーズをMY生命にお願いしたら、
今回同様に、今までにない案件として支払う事が出来ないと本部の査定で言われたと、
営業所から電話がきたそうです。
今は多少の障害がある状態で生活していますが、その3年前の請求ができればと悔やんでいるようです。
このような場合は、今回問題になっている保険支払問題に該当するのでしょうか?
質問ばかりで、申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

jian様
リビングニーズの支払は増えているのですね。
祖母の入院時に知り合った方は、同じ病名でもリビングニーズを受けられ、
なんとか移植せずに助かって、今は元気に過ごされているそうです。
まずは、もう一度保険会社に電話してみようかなぁと思います。

Dr.KEN様
お教え頂きありがとうございます。
リビングニーズの請求を何度か身内で行ったと聞いてはいるのですが、実際に給付されたことが無いので、
何ともいえませんが、保険金支払で問題になるような会社とは思っていもいなかったので、残念でしかたがありません。
また、上記にも書きましたが、義姉のようにちょうど3年前にあった案件はどうなのるのでしょうか?
そして、今回の親族がどうなるのか、身内としては何とも辛い状態です。