生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--夫婦型のメリット・デメリットを教えてください。
 >>>たまこ   -- 2005/12/09-13:10..No.[23132]
    夫婦で医療保険に加入しようと思っているのですが、その場合、夫婦型とそれぞれ別に入るのとでは、何か違ってくるのでしょうか?

ただ、夫は十二指腸潰瘍などの病気をしており(今年秋に診断されました)私と同時に加入できるか心配です。

もし、夫婦型の方が様々な面で良いのなら、夫が加入できるようになるまで私は待つべきなのかな、とも考えています。

夫婦型について全く分からないので、詳しく教えて下さい。
よろしくお願いします。




>>> たまこ   -- 2005/12/09-13:11..No.[23133]
 
    追加です。ごめんなさい。
私たち夫婦は共に29歳で、子供はいません。
結婚3年目です。
社宅に住んでいます。

 

>>> あるエージェント -[URL]  -- 2005/12/09-16:02..No.[23137]
 
    たまこさん、こんにちは。
夫婦型医療保険についてですが、以下のような特徴があります。
@配偶者(妻)の保障が主たる契約者(ご主人)の*6割か8割の保障(保険会社によって異なります)となる。
*1:例えば、ご主人の保障が1日1万円とした場合、奥様の保障は6000円か8000円になります。
*2:ちなみにアリコジャパンの終身医療保険は8割保障となります。

A*一部の保険会社を除き、ご主人が死亡した後も2人分の保険料を払いこみ続ける必要がある。
*:アリコジャパンの場合、主たる契約者が死亡した時点で、保険料の払い込みが免除され、奥様の保障は一生涯継続されます。

保障額という点では、夫婦型に加入すると奥様の保障が少なくなるというデメリットがあります。
では。
 

>>> FP.S.O   -- 2005/12/09-23:15..No.[23156]
 
    夫婦型で最もネックとなる点は旦那さんが亡くなった場合奥さんの保障が無くなってしまうという点です。契約者である旦那さんが亡くなると当然保険契約事態がなくなるので、基本的には各人それぞれにはいるべきだと思います。
fulfillさんのアドバスにもあるとおり、旦那さんと離婚または死別した場合、その時点で保険に再加入しなければならなくなるので、保険料が高くなることや、保険に入れない状況になるかもしれないリスクが出てしまいます。
男性は女性より平均寿命が短いですので、そのあたりをよく考慮してお決め下さい。
 

>>> しろう   -- 2005/12/10-00:59..No.[23162]
 
    >>旦那さんが亡くなった場合奥さんの保障が無くなってしまうという点です。

亡くなられても、保険料免除で奥様の保障が続く保険がいくつかの会社から出ています。
定期保険では、更新までの期間内。 終身保険では、奥様の保障が一生涯つづきます。

離婚は考えないのであれば、ご夫婦で同時に加入されることをお勧めします。
 

>>> Dr.KEN -[URL]  -- 2005/12/10-09:35..No.[23170]
 
    たまこさん おはようございます!

私は生命保険はまず自分自身の基礎となる保険として
【生涯の核となる保険】に加入しておく事をお勧めしています。
こちら
すなわち夫婦別々にしっかりした保険に加入しておく事です。

その補完として加入されるなら、悪くはないと思いますが
私は積極的にはお勧めいたしません。
 

>>> たまこ   -- 2005/12/10-13:09..No.[23179]
 
    皆様、ありがとうございます。
良い面と悪い面があるんですね・・。
よく考えてみます。
また質問させてください。
ありがとうございました!!