生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--どのような保障内容になれば勧めたいですか?
 >>>みなみ   -- 2006/02/11-11:28..No.[25829]
    こんにちは。
初めて質問します。

介護についての記事を見て介護状態になったときのみに保障される保険があると知りました。
こちらの掲示板で介護保険について検索してみたところ、イマイチ評価が良くないと感じました。

そこで質問です。
どのような保障内容になれば、勧めたい!と思う保険になるのでしょうか?
例えば、介護状態になったらすぐに給付が始まる等(保険料は高くなりそうですが・・・)
介護保険に加入する時の参考にしたいと思います。宜しくお願い致します。




>>> オレンジ   -- 2006/02/11-12:20..No.[25832]
 
    こんにちわ。オレンジと申します。
まず介護保険で気をつけて頂きたいと思うことは、どの状態から給付が受けることが出来るかということをご確認下さい。

保険会社が定める条件、要介護認定にそうものなど。

後は、みなみさんにとって本当に必要なのかということを今一度吟味して下さい。確かに介護は長期にわたるケースが多いですが、その時一体いくらぐらいのお金がかかり、それによりみなみさんが一体どれくらいの経済リスクを負うことになるのか?

あと介護状態になった時、どういった方法をとるのか、施設に入るのか、在宅介護をうけるのか?


まずは『介護というもの』を理解して商品をお選び下さい。

みなみさんのご年齢が分からないですが、現状個人的な考えですが、介護資金は貯蓄等で賄えるじゃないかなーなんて思ってます。
 

>>> haradafp -[URL]  -- 2006/02/12-17:21..No.[25872]
 
    こんにちは みなみさん。
高齢化が進む中、介護保障はこれからとても重要になると思います。
今も老老介護が問題になっていますが、一人っ子や二人兄弟などがほとんどで、それぞれの親を看ないといけなくなることでしょう。
ましてや、自分たちの老後を考えると・・・ちなみに私には息子が二人・・・。とても頼めないと思います。
それぞれの家族構成もありますが、家族よりもヘルパーさんに頼む方が気が楽だとおっしゃる高齢の方もいらっしゃいます。

さて、みなみさんの年齢はわかりませんが、公的介護状態になったとき
1-5段階があるのですが,
例えば要介護5の時。国の介護保険からは月30万のサービスを受けていいですよ。と言われたとしましょう。
とてもありがたいことですが、その1割は自己負担になります。
つまり、、重度の介護と認定されても約月3万円の費用が出せない場合はその30万分のサービスは受けることが出来ません。
払える分まで、サービスを下げなくてはならなくなるのです。
このほかにも、横だしサービスや上乗せサービスなどはたしか、実費で
支払わないといけなくなると思います。

今現在で1割負担ですが、この先急速な高齢化で介護者が増えた場合
健康保険同様、1割ではなくなる可能性もあるのではないでしょうか?
介護保険ですが、公的年金に連動しているタイプもありますし、
痴呆と寝たきりで要介護4のときに支払われるタイプのものもあります。あと介護年金が有期のもの10年とか5年とか、それと終身払い続けてもらえるタイプもあります。

最低でも要介護5と言われたときの月3万がもらえる介護保険が必要だと私はいつも言っています。
みなみさんはお若いですか? 若い方は交通事故で介護常態になったときの公的な介護保障はありません。
病気のときも所定の特定の難病での介護状態になったときの保障があるだけです。それ以外は65歳以降の方だけだったと思います。
若年-64歳までの間の事故などのリスクで介護状態になったときにも対応できるタイプの介護保険をおすすめします。

参考にしてください。
ちなみに私が扱っている外資の保険会社では終身介護保険があります。介護年金30万(10年間もらうタイプ)だったとすると、
終身同じ保険料で保障してくれてもそんなに高くはないと思います。
30歳男性で1533円 女性で1992円程度です。
掛け捨てでなくプランを120万程度にすると、老後の確定年金としても受取ることが出来ます。戻り率35歳女性128.2%
【介護状態の続く限り終身もらえるタイプもあります。】

65歳時点で、4タイプへの変更ができ、老後の確定年金への変更にも変更できるので今は介護や年金ってぴんと来ないなあという人でも介護保険年額120万程度にされて、先々、介護と確定年金で受取りたいという方が多いです。

よく、介護保険が今の年齢で本当に必要かどうか、考えてくださいというコメントをみます、人はみな老いていくものです。
死亡保障についている、更新型の介護特約ならば払込満了で終了してしまうものもあるようです。保険料は上がっていくのに本当に必要な年齢のときに介護年金がもらえないようでは困ると思います。

もしも終身タイプで保険料が変わらないのならば、早めに用意しておく方がより安い保険料で、介護保障を用意できると思います
 

>>> 乗合代理店   -- 2006/02/12-22:03..No.[25881]
 
    こちらで議論がありました。
賛成・反対いろんな意見があるけど、現時点では、介護保障なら損害保険会社の介護保険が一番いいと思われます。