生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--AIGエジソンの健康ノススメについて
 >>>医療保険探し人   -- 2006/09/06-18:34..No.[34665]
    こんにちは、よろしくお願いいたします。

私は32歳の主婦です。
このサイトでたまたま目にした新しい商品の「健康ノススメ」はシロウトから見ると実質保険料負担0円という斬新で画期的な保険と感じるのですが、プロの皆様からみるといかがですか?

やはり目先の保険料は高いので、エバーに代表される掛け捨ての安い医療保険に入って残りは運用貯蓄していく方がよい、と考えられますか?何か欠点があればお聞きしたいです。

今主流の掛け捨てにするかこういったタイプにするか迷ってしまいます。

またよろしかったら告知事項を教えていただけると嬉しいです。




>>> オレンジ   -- 2006/09/06-21:33..No.[34678]
 
    こんばんわ。オレンジと申します。

正直画期的だな〜とは思いますが、当然保険料が・・・高い・・・
終身型で実質保険料0円での終身保障は魅力です。
 

ただし、健康ノススメだけあって万が一の事があった場合、当然掛け捨てのものより多く払っているので損ということになってしまいます。

個人的には将来的な貯蓄(老後資金)も貯める必要があると思いますので超長期の積立(老後資金)しながら終身の医療保障もゲットできると言う面では大変素晴らしいと思います。

しかし超長期ですから、インフレに対応できないとか一言くると思いますけど・・・

ぼくは運用で確実に儲ける自信がないんで・・・

過程ですが・・・

掛け捨てエバー3000円に入って平均余命86歳まで生きると過程して約180万。

健康ノススメ12000円払って60歳で430万戻りの0負担。

毎月9000円の差額で86歳まで運用したとして180万増やす自信が全くないので・・・

結論

家計に余裕があるんであれば健康ノススメいいと思います。


 

>>> オレンジ   -- 2006/09/06-21:35..No.[34679]
 
    忘れました。

告知事項は普通の医療保険と同じですよ。
 

>>> 医療保険探し人   -- 2006/09/06-22:39..No.[34683]
 
    オレンジ様、ご意見ありがとうございます。

やはりプロの目から見ても画期的なのですね。ただ死亡したときは損になる・・ということですね。

決して家計に余裕はないのでどちらのタイプにするかもう少し考えて決めたいと思います。ありがとうございました!!
 

>>> 田中 正明   -- 2006/09/07-00:18..No.[34691]
 
    確かに画期的では有りますが保険料支払期間が最低20年(年齢によっては15年)以上で且つ保険料の前納は出来ません。
また、解約返戻金もわずかですので必ず最後まで保険料を支払い続けなければならない、というデメリットもあります。
 

>>> 医療保険探し人   -- 2006/09/07-01:09..No.[34692]
 
    田中正明様、どうもありがとうございます。

なるほど、そのようなデメリットもあるのですか。
保険料が高い分、ある程度は覚悟して入らないといけませんね。
もしかしたら他社からも似たような商品が出てくるかもしれないので
少し保留にして考えてみますね。

ありがとうございました!!
 

>>> ちょこたん   -- 2006/09/07-19:09..No.[34716]
 
    割り込み失礼いたします。

私も医療保険探し人さんと同じく健康のススメを検討しています。

おっしゃるようにリスクもあるので大変悩んでおりますが・・・

もしも、万が一会社が経営破たんした場合などは、加入している保険は引き続きどこかの保険会社さんで面倒みていただけるのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ございませんm(__)m

よろしくお願いいたします。
 

>>> 通りすがり   -- 2006/09/08-08:53..No.[34738]
 
    ちょこたん様。
新しいスレを立てた方が皆さんに見てもらえると思いますよ。
私も興味ありますので是非そうしてください。
 

>>> 確認!   -- 2006/09/08-10:05..No.[34740]
 
    実質保険料はゼロ。

どういう仕組みでゼロになっているか、
必ずゼロになるのか、なども確認してみて下さいね。


 

>>> しろう   -- 2006/09/11-00:28..No.[34858]
 
    >>実質保険料負担0円>>
年齢にもよりますが、終身医療で60〜65歳時点で、
90〜100%の保険料が戻ってくる物は他にも色々あります。
別に珍しいものではありません。

ここで注意して貰いたいのは、解約して数百万円のお金を受取
ったら、以後の医療保険がなくなるかもしれません。
人間、70歳過ぎから入院が始まります。勿論、解約した数百万円
を治療費の準備として貯蓄する手もありますが、目の前にあるお金
に手をつけない精神力があれば・・・の話です。

この手の「解約したらお金が殆ど戻ってくる終身医療保険」は、
主に、法人向けに提案しています。
保険料の払込期間で違いますが、全てを、或は一部を「損金算入」
で処理でき、退職時に保険証券を退職金の一部として従業員に渡す
事ができます。
受取った従業員は、解約しても良いし保障を続ける事も出来ます。

上記、確認さんも書いていますが先ずは仕組みの確認を。
そして、個人にも向いているのかを確認してから、
加入してください。
 

>>> FP勉強中   -- 2006/09/18-22:16..No.[35352]
 
    健康ノススメはヘルシーボーナスを受け取った後も生涯保証が続くとなっています。
他の保険は仮に解約返戻金が100%以上戻ってくるとしても解約したら保証はそれまでです。
老後の医療保険込みとして考えればそれなりに検討価値があると思いますがどうでしょう。
 

>>> 医療保険探し人   -- 2006/09/19-01:29..No.[35364]
 
    しろう様、FP勉強中様ご意見ありがとうございました。

このスレを立てた後にパート2として再びスレを立ててわかったことがありました。
確かにヘルシーボーナスを受け取る年齢まで生きればまとまったお金は入るしその後も補償は続くし、この上ない素晴しい保険になると思います。
しかし例えば60歳払込で59歳で死亡した場合、積立ててた数百万は戻らず死亡保険金として設定されてる僅かな額しか支払われないのですよね。

私には死亡時にお金を残してあげたいと思う家族がいます。なので色々考えて入らないことに決めました!!

でも自分が生涯独身の身なら確実に入ってたと思います。
本来はドケチなので実質保険料負担0円という言葉にはかなり魅かれるからです。
 

>>> 愚人一号   -- 2006/10/20-17:39..No.[36483]
 
    難しいっすよねこの保険って、私が調べた限りのメリット・デメリットですお役に立てばと思います
メリット
自分が払った保険料が帰ってくる
例自分が30年支払った保険料が500万円とする
その間例えば30万円の入院給付を受けたとします
すると払込が終わって帰ってくるヘルシーボーナスは470万円となります
しかも終身型ならヘルシーボーナスを受け取ってなお保障は加入時のまま一生涯保障が続く、まさに保険料を払わなくて生涯保障だから名実共に終身保険です。
デメリット
保険料が高いっす、しこたま高いっす、貯金と考えれればいいかもしれないっすね、あと、途中解約と死んだ時には保険担当者は恨まれそう
私の結論
健康に自信があって、多少高くても掛け捨てが死ぬほど嫌いな人はとっても良い商品と思います
結局将来のことは誰にも解らないんですけどね(@&@!)
ただ、注意点はデメリットをきちんと説明できないような担当者から加入しないことですね


 

>>> 愚人一号   -- 2006/10/20-18:44..No.[36486]
 
    ああっと追加っす
私もどうして全部返せるのって聞いたら
運用利益で終身医療の保険料と自社利益を生み出せるからとのことダス
そんなに優秀な会社なのかって調べたらエジソンはともかくAIGグループって凄い金融保険グループだったのね、知らなかったッス
でもそんなに優秀ならもっとお金増やせないのかって聞いたら
ドル建て一時払いの終身保険やドル建ての年金保険が有りますよだって
しっかりしてるよね
まあ私は簡単には信用しないけどね
もう少し調べてみるっす  
以上
 

>>> 一撃!   -- 2006/11/01-15:00..No.[36933]
 
    AIGに関して付け加えます。
AIGは米国に本拠を置く世界屈指の保険・金融サービスグループで、全世界130以上の国や地域で事業展開しています。社員数9万7千人を超え、日本だけでも2万7千人以上の社員が在籍しています。
日本における主なビジネスとしては、損害保険事業、生命保険事業、金融サービス事業、資産運用事業などがあり、皆さんよく知っているところでAIU保険会社、アメリカンホーム保険会社や、アリコジャパン、AIGエジソン生命とAIGスター生命(この2社は2007年に経営統合しAIG生命保険となります)、その他多数のグループ会社を有しています。あっ!そうそう、富士火災海上保険へも資本参加していますから同社の大株主(AIGとオリックス)となりますね。
以上です。