生命保険選びネット   記事一覧画面に戻る   



 ■--堂堂人生その後、あえて書き込みます。(転換取消を求めて)
 >>>トホホ   -- 2004/04/02-20:28..No.[2583]
    保険診断をお願いし、詐欺的ともいえる悲惨な現状を知りました
              <転換比較表>
         リード21         堂堂人生・らぶ
保険料支払期間)  65歳まで       70歳まで
支払負担) 総計 約741万円       約2000万円
解約返戻金)  207万(毎年増     220万(殆ど増えない
医療特約)   更新型       更新型(手厚く見えるがコスト高)
予定利率)  5.50%            2.15%
死亡保障額) 7000万円(定期特約)  5800万円(主契約)
終身保障)   700万円         不明
※ 50歳の更新で定期特約を1000万程度にすれば、保険料を軽減して 継続できた。また、終身700万円だけの継続も可能だった。
※ 59歳以降は支払い不能な状況に陥る。保険の保障を継続できず、医療 保障も途切れる。
3年半前、1年後の更新で保険料がアップしますよ、こちらのプランがお勧めですよと生保レディが来訪したのが、発端。
転換問題が朝日新聞にとりあげられた翌年だったので、転換は嫌だ、今までの保険を維持する方向で考えて欲しいと、再三断りました。
住宅取得にともなう団体信用生命保険にも加入し、子供も大学の4年間を残すのみになっていましたから、大きな死亡保障は必要ないと、定期特約の大きな減額を希望しました。
しかし、私の要望は全く聞いてもらえず、逆に「リード21」は、定期と終身のセット商品だから、定期だけの減額はできない商品だというのです。
納得できなかったので、本社のコールセンターに電話をしたのですが、証券番号をきかれ、最寄りの営業所から職員をよこすので詳しく聞いてくれとの対応で終わってしまいました。
結局、同じ職員と今度は支部長まで来訪して、「堂堂人生」を勧めるだけ。
ほかの方法はないかと何度も食い下がりましたが、この方法がベターです、と最後まで応じてもらえませんでした。
このままだと、更新で保険料が上がるので、それを避けるためにはとりあえず「堂堂人生」にはいるしか方法はないのだなと、錯誤して契約してしまったのです。
ここのサイトを知り、坂本氏のところにも相談しましたが、転換取り消し交渉は大変な作業で、アドバイスもボランティアじゃないので費用もそれなりにかかります。交渉への心身の疲労を考えると、ここできっぱり解約しようと思い、自宅から2時間かけて支社まで行きました。
応対した顧客サービス係に事情を話すと、「リード21」は定期特約だけの減額も解約もできた商品でしたよというではないですか。
こちらが驚いていると、どうしたいのかと聞かれたので転換を取り消したいと要望しました。
県の消費生活センターにも報告し、生命保険相談所(地方連絡所)にも苦情を申し出ました。
しかし、結局、契約から3年以上過ぎている事、当事者間の言った言わないの問題にすりかえられ、結局、私の要求は却下されてしまいました。
本社には内容証明・配達証明付郵便で通知書を送り、お客様相談室にも電話し、生命保険相談所の本部にも電話したのですが、たった1本のしかも当事者である支部長から、「本社と生命保険協会からの決定で、あなたの要求はのめませんとのことでした。」と電話があっただけです。







>>> トホホ   -- 2004/04/02-21:17..No.[2585]
 
    すみません、長文で。
ここに書くべきことではないのかもしれませんが、同じような方がいらっしゃるかもしれないですし、今後保険をとお考えの方への参考にもなればと思いまして・・・。
先ほどの続きです。
たった1本の電話だけでの回答では、納得いかなかったので、本社に電話して、却下の理由を文書で回答するよう求めているところです。
また、生命保険相談所本部へ、裁定審査会への申し立てを希望しましたが、応対したK氏は、それは受けられないというのです。担当した人の采配で決まるのかと問い詰めましたが、「まだ要求を出してから、1ヶ月たってないでしょう。最低1ヶ月はたっていないと・・。」と高いところからものを言う感じでした。「あとは、自分で裁判か調停でも・・。」ともおっしゃるのにはあきれてしまいました。
月刊現代の愛知県の方のケースは受けてもらえたのに、何故こちらのは受けてもらえないのかと訊ねても、ケースバイケースだから・・と。
いったい、この世に正義は存在するのかと、あきれるばかりです。
大会社、総ぐるみの詐欺的商法にひっかかってしまったということなのでしょうか?
当事者である担当者と支部長は、これからも同じ町で生活しますので、お互い顔を合わせることもあるかと思いますが、一生許せない気持ちです。
今後、保険を売る方々にお願いです。
特に生保レディさん、目先の契約件数をあげることだけの仕事は絶対にしないで下さい。
本当に疲れてしまいました。個人の力は無力です。
どなたか、よきアドバイスをお願いします。
 

>>> ま〜ちん   -- 2004/04/02-21:57..No.[2586]
 
    どっかに、個人の力で社長をあやまらせたサイトあったよね。
あれもすごい話だったけど。

アドバイスと言っても、会社とのやりとりについては
何も言えませんねぇ。
後の祭りですが、保険会社は他にもあるので、某社にこだわる
必要も無かったのかも。
 

>>> 自称カリスマ   -- 2004/04/02-22:21..No.[2588]
 
    転換についても何度か書いてます。

生命保険会社では、契約転換制度を利用して新しい契約を募集する際には、次のような項目を記載した書面を交付し説明を行ったうえで、契約者から書面を受領した旨の確認(例えば受領印等)をいただくことになりました。(平成11年10月保険業法施行規則改正、平成12年2月より適用)
(1) 転換前および転換後の保険契約に関し次の重要な事項について対比し記載したもの
  イ) 基本となる保険金の名称と金額
  ロ) 個別の特約名と特約保険金額
  ハ) 保険期間および保険料払込期間
  ニ) 保険料(主契約、特約別)およびその払込方法
  ホ) 配当方式
(2) 契約転換制度により保険料計算に用いる予定利率が引き下げられる場合があり、予定利率が引き下げられた場合、保険種類によっては、保険料が引き上げとなる場合があること
(3) 契約転換制度以外に、現在の契約を継続したまま保障の内容を見直す方法がある事実およびその方法(定期保険特約等の中途付加、他の保険の追加契約など)

私は同じD社の2000万円の終身保険を元に戻させました。
報酬はクッキー1箱。元々報酬は期待しておりませんでしたので。

平成12年2月より適用)からは立派な保険業法違反ですから、それ以上に言う必用もありません。
堂堂人生・らぶに加入された時期と良く比べて下さい。



 

>>> トホホ   -- 2004/04/02-22:55..No.[2594]
 
    ま〜ちんさん、えびさん、ありがとうございます。
おっしゃる通り、D社には不信感でいっぱいで、本当は 即、縁を切りたい気持ちなのですが、それじゃあ相手の思うツボのような気がして・・。
損害を最小限にくいとめる方法を、と思ってとった行動でした。

自称カリスマさん、神様に見えます。
ありがとうございます。
平成12年9月の契約になります。
ご連絡とりたいのですが、どうしたらいいのですか?

 

>>> 自称カリスマ   -- 2004/04/04-11:58..No.[2610]
 
    トホホさん
こちらに一般論で回答いたします。

前の内容は生命保険協会のページからです。
こちらを見て下さい。

>しかし、私の要望は全く聞いてもらえず、逆に「リード21」は、定期と終身のセット商品だから、定期だけの減額はできない商品だというのです。
組み合わせの制限自体はありますが、減額は十分できた範囲だと思います。
証券が無いと断定はできませんが、終身保険100万円に対して、定期保険が何十倍と言うのを何度も見ています。
ただし、この部分は証拠が残っていないと争いをしても難しいでしょう。

基本的に前に回答した部分の「契約者から書面を受領した旨の確認(例えば受領印等)をいただくことになりました。(平成11年10月保険業法施行規則改正、平成12年2月より適用)」で争えばほとんどの場合勝てるでしょう。

私が元の契約に戻させたケースもこの点のアドバイスだけですので、難しいことは何もありません。
相手が支店長(支社長)でも所詮サラリーマンです。
どうしてもだめなら、消費者センターや生命保険協会、本社のお客様相談室に電話すると良いでしょう。
時間は半年ぐらい覚悟しておいて下さい。

朝日新聞の特集に関しては今でも、私は持っています。

1.予定利率の点
2.他の方法がある点を話さなかった点
この2点を正確に説明するとほとんどの場合転換の必用はありません。

予想される反論としては、介護保障、1日目からの入院保障などは、他の保険会社で単独商品がありますから、転換しなければならない必要性は無いはずです。

100歩譲ったとしても、終身保険単独で残すことも可能だった訳ですから、転換の理由には全くなりません。
実際に私は予定利率の高いものは単独で残しています。
その点も約款上のどこに書いてあるか、責任者の印鑑を押印してもらい、文書で回答してもらって下さい。

特別なことをしている訳ではなくあくまで、保険業法の違反ですから、一つ一つ追求すれば大丈夫です。
 

>>> トホホ   -- 2004/04/04-15:01..No.[2613]
 
    的確なアドバイス、本当にありがとうございます。
公開の場で相談できることで、同じようにトラブルに巻き込まれている方へも情報として伝わる・・・こちらのサイトの重要性を感じます。

管理人さんへも、感謝です。

私も当時、担当者と支部長に見せた、朝日新聞の記事の切り抜きを保管してありますし、19年来の定期購読者であるとの証明書も頂きました。
だから、転換は最初から望んではいなかったことの証明にはならないだろうか、と考えています。

2.他の方法がある点を話さなかった点 については、当時私のほうから何度も要望したにもかかわらず、提示がなかったことは事実です。
また、最近の当事者同志のやりとりの中で、このことは本人も認めています。(会話も録音しました)

きちんとポイントをついて交渉していかないとと思うのですが、如何せん交渉ごとはズブの素人。
電話では真意が伝えられず、しかも窓口対応で済まされてしまいます。
保険業法違反ということで、財務局にも告発しようと思っています。
 

>>> Dr.KEN -[URL]  -- 2004/04/04-20:44..No.[2621]
 
    一月にT社の主催で日本経営品質賞のコーディネーターを
されているO氏の講演があり大変感銘をうけました。
日本経営品質賞とは、お客さま視点に立った「経営の仕組み」を
構築した企業を表彰する制度です。
講演での受賞した中小企業の話しは私の代理店理念とも繋がるもの
があり大変心強くするものがありました。

そのレジメに『経営品質協議会』の幹事に
D生命のM社長が名を連ねてるのが少し気になったのですが、
なんと2001年に大企業の部門でD生命はこの賞を受賞しているのです。
私はここでD社を誹謗中傷する気はまったくありませんが
お客様本位の「経営の仕組み」があれば、もっと誠意をもって対処されても
いいのではないかと老婆心ながら思うのですが。
こちら


 

>>> トホホ   -- 2004/04/04-21:54..No.[2623]
 
    Dr.KENさん ありがとうございます。
わたしも、D社を誹謗中傷するつもりは全くありません。
でも、ご案内下さったぺージを見ると、悲しくなってきます。
22歳から52歳になる現在まで、30年間、ただコツコツと保険料を払ってきて、積み立て部分の終身保険が、あと13年で700万円確保できると信じていたんです。
入院もしたことがないので、給付金なども請求したことがなく、掛け捨て部分もたくさん支払ってきました。(健康でここまでこられたことには感謝していますが・・)
現場サイドの暴走と思いたい・・。
「お客様第一主義」が絵に描いた餅になって欲しくない。
今の本社や支社の対応は、ただ難癖つけてきている客としか思っていないように感じます。
ホントに泣くに泣けない気持ちです。
 

>>> クスコ   -- 2004/04/05-10:59..No.[2635]
 
    トホホさん、こんにちは。

孤軍奮闘しているトホホさんを見かねて、ある方に相談しています。
状況を知りたいので個別にメールください。
 

>>> 自称カリスマ   -- 2004/04/05-11:44..No.[2638]
 
    たびたびです。
トホホさんが相手に何を求めるかで、方法は少し変わります。

1.とりあえず、契約を転換前に戻したい。
2.相手の会社の不誠実さも社会に訴えたい。

私の過去の実績では、相談した方の望みが1.でしたから、元に戻してそれ以上のことはしませんでした。
それでも、半年程度かかりました。契約を元にもどさず争っていれば、営業職員はおそらく保険の仕事はできなくなっていたと思います。
営業職員の方は手数料を保険会社に返すことになったと思いますが、仕事をできなくなるよりは、普通、この方法を選ぶと思います。

2.を望むならいろいろ方法はありますが、1より時間はかかると思います。

こちらのページを印刷して責任者に渡して見て、相手もどこまで考えているか様子を見て方向を決めても遅くないと思います。
 

>>> トホホ   -- 2004/04/05-15:28..No.[2644]
 
    クスコさん、自称カリスマさん ありがとうございます。
今となっては、1も2もでしょうか。
優先順位としては、まず1.です。
ただ、ほかにも同様に被害にあわれている方がいらっしゃれば、一緒に声を
あげていきたい気持ちもあります。
意に沿わない転換で騙されていらっしゃる方おられませんか?
 

>>> みつるサン   -- 2004/04/05-21:04..No.[2659]
 
    私も、不必要な転換をさせられて同じように怒りと憤りを感じている者です。

3年前に3度目の転換を勧められ(印鑑を押した私も悪いのですが)、「55歳払い済み、終身300万」のはずが転換後は「70歳払い済み、200万」の大損も大損(転換部分の下取り金額が食いつぶされる図式なんですねぇ)の保険になっていたことに最近気がつきました。(スミセイです。)

もちろん、転換時に丁寧な説明なんてありませんし、「500円アップするだけでこんなに保障が充実しますよぉ〜」の言葉だけでした。

更新後の保険料だってものすごく小さい字で書いてあるわ、見にくいわ、担当者に郵送で説明を求めても電話で済ますあたり、本当に信用のならないところだと感じています。

そして、その担当の人は保険契約当時、私が独身だったのにもかかわらず、(2度目の転換)なぜか!介護収入保障特約などなど特約てんこ盛りの死亡保障総額5000万の(誰に残すんだよっ!)どう考えても不必要なものです。(3度目の転換の保障は、死亡保障総額8000万です)

担当の人にも苦情を言いましたし、お客様コールセンターにも苦情をいい、本社にも苦情をいいましたが、結局私が疲れてしまい今は他の保険会社にうつりました。

でも、もしこの不必要な保険が以前の保険内容に戻るのなら、戻れる方法があるのなら戻したかったです。

トホホさんの希望通りになることを影ながら祈っています。
頑張ってください。


 

>>> ゆこ   -- 2004/04/05-21:45..No.[2661]
 
    トホホさんの下の記事で同じく転換に憤りいっぱいな者です。

個人で大きな会社を相手に立ち向かうことのつらさは半端じゃ
ないですよね。
でも気持ちの持って行き場もないし、ほんとくやしいです。
応援してますので頑張ってくださいね!
 

>>> トホホ   -- 2004/04/06-10:16..No.[2679]
 
    みつるサン、ゆこさん、ありがとうございます。
転換に憤りを感じている方が、私だけではなく、今も大勢いらっしゃるようですネ。
四年前の朝日新聞で、転換問題の件をあれほど特集していて、わかっていたはずだったのに、いとも簡単に騙されてしまいました。
保険の知識には、売る側と買う側では、今でも雲泥の差がありますし、ましてや個別の商品情報はその会社の人にしかわからない部分が多いです。
作為を持って近づいてこられたら、イチコロです。
今では、契約の際に、一筆書いてもらっておくとか、会話を録音しておくとか防衛する知恵を学びましたけど・・・。
大手国内生保から、外資系や共済などへの乗り換えが相次いでいるのは、こういう問題で消費者が不信感を抱いたことも一因かなと思っています。
 

>>> 自称カリスマ   -- 2004/04/07-07:52..No.[2711]
 
    ここでの回答には限度がありますので、私のこの件につての回答はおしまいになるかもしれません??
今回の転換に関しては、(平成12年2月より適用の保険業法違反)という前提で書いております。
保険業法違反の場合は、営業職員の場合は、予想としては重い処分と転換の無効が考えられます。私が決定する訳でないのであくまで、予想です。保険会社に対して責任を追求するのは、困難と予想します。
なぜなら、多くの営業職員は個人事業主(社員や代理店もいます)ですから、よほどのことが、なければ会社に大きな処分はないと思います。
世論を動かすのであれば、別です。

相手側(会社・生保協会を含め)保険業法違反を認識しているかどうかと認識していながら、元に戻せないという回答であれば、時効が成立している可能性もあるので、事実関係を確かめて下さい。
交渉しつづけている間であれば、時効にならないはずです。

保険業法違反として、転換を元に戻すのは比較的楽ですが、それ以上を望む場合は、かなり困難と予想します。
相手側との駆け引きの余地がなくなります。
ここから後は直接メールでお願いします。

 

>>> トホホ   -- 2004/04/07-10:35..No.[2712]
 
    自称カリスマさん、ありがとうございます。
個人として、大きな会社を追求しようとか、世論を動かそうとか思っているわけではないんです。また、それは所詮無理な事です。
ただ、明らかに法を犯して、ただ売りたいが為に契約に持ち込んだ営業職員のほうを守り、お客サイドをないがしろにしているような姿勢に憤りを感じたのです。
会社サイドが、わたしの話をきちんと聴いてくださり、誠実な対応をしてくださること、わたしが最も望んでいることなのです。
 

>>> taichi -[URL]  -- 2004/04/11-01:23..No.[2821]
 
    はじめまして。こちらには初めて書き込みさせてただきます。
日本社と外資系に勤めた者です。
こちらに損保会社の対応について取材されたサイトがあります。
世相に訴える場合こういう手法もありということになると思います。
別の方に交渉していただく場合、法律の絡む事例の場合報酬を受け取ると弁護士法違反になる可能性が高いです。
一度こういった場合はやはり保険関係に強い弁護士さんを紹介いただいて
相談されることを推奨します。
どの程度の費用がかかるのか、対費用効果も考慮してもらってください。
それとアドバイスにも書かれておられる方がいらっしゃいますが
録音するのはとてもよい方法です。
ICレコーダーを購入されてこっそり録音することは必要だと考えます。
証拠能力についてはまた別かもしれませんが
一度本人に理由は何でもいいので呼び出して
呼び出すのが難しい場合電話に出てもらって
本人の口から減額できることを説明しなかったんですということを
認めさせる発言をさせるようにするとよいと思います。
それをもとに対応いただくのもひとつの方法だと思います。
 

>>> トホホ   -- 2004/04/11-17:37..No.[2824]
 
    taichiさん、アドバイスをありがとうございます。
交渉事は、ホント素人には大変な作業です。
損保会社もいろいろなんですね。(URL拝見しました)
皆様から、頂戴したアドバイスを参考にさせていただき、なんとか、頑張ります。

 

>>> taichi   -- 2004/04/13-01:52..No.[2874]
 
    というかこういう苦情の場合、もっと慎重に対応すると
私なら思いますが・・・
成績が絡むことだから必死なのかもしれないけれど
プロがお客様をミスリードしてはいけないと思いますね。

 

>>> HAL   -- 2004/05/06-22:28..No.[3621]
 
    以前D生命に勤めていました。
リードの定期部分減額が可能なことくらいはヒヨコの私でさえ
当たり前に知っていたことです。
営業職員はともかく、支部長クラスが知らないことなど有得ません。
また、その営業職員が知らなかった場合でも
「減額できません」と断言するのは明らかに「虚偽の説明」でしょう。
その点について録音など証拠を取ればなんとかならないでしょうか?

ただ、
被保険者側の告知義務違反(病気でありながら健康と偽って保険加入
など)の詐欺行為が発覚した場合、2年以内であれば契約解除できるが
2年経過した後は会社はその契約をどうにもできないという決まりが
保険業法にあったと記憶しています。
(※ 現在どうなっているのかはわかりませんが)
これって被保険者→保険会社の詐欺行為は2年で時効ってことですよね
保険会社→被保険者の詐欺行為の保険契約上の時効はいつなんでしょう

私もD生命に入社したての頃、保険のことなど何もわからない時点で
育成室支部長から父の保険証券を持ってくるよう指示を受け、
他社からの乗り換えを迫られたことがあります。
わからないなりに乗り換えるメリットが見出せず、
家で悩みながら父の証券を見つめていた時、ふと父が私達の為に
十何年もずっと保険料を払い続けてきてくれたことが実感として
胸に迫り涙が出ました。
翌日、乗り換えしない意を伝えると酷く怒られましたが
いい加減に他人の言いなりで父の保険を変えるのは絶対にイヤでした。
保険が少しわかった後も、変更する意義を見出せなかった為、
更新時に減額して現在も当時の保険を継続しています。

自分語りが長くなってしまいましたが、
トホホさんが家族の為に毎月毎月掛け続けてきた大切な保険を
ぞんざいに扱った営業職員と支部長に本当に腹が立ちます!
トホホさんの保険が転換前の契約に戻ることを心より願っております。
頑張ってくださいね!
 

>>> tada   -- 2004/05/14-14:55..No.[3862]
 
    私も最近、定期付き終身保険を見直そうと過去の状況を調べたところ、
平成4年に契約後、平成9年に契約内容を増やすように見直しましょうと
定期特約を増やし、転換させられていました。保険会社(明治安田生命)は、「今回は特約を減らす場合は、予定利率を下げずに見直せます。前回平成9年は、特約の内容を増額したので、転換する必要がありました。」との解答でした。予定利率を戻すべく、交渉を始めましたが、「できません」の電話解答のみです。保険業法の改正前であり、保険料は一括表示で、予定入り率の引き下げは一切分からないようになっていました。平成9年の契約の変更を無効にする方法はないでしょうか?
 

>>> りんご   -- 2004/05/19-22:33..No.[4022]
 
    私も、正確には主人も、やられてしまいました。住友生命です。サッカー部の主人が、昼休みに、ごはんをかきこんでいる所へ、転換の話を持ってきたらしいのですが、我が家は私のO.Kがないと話が進まないものだから、積立金を下ろすカードを作るとの話で、サインと判子をとっていったようです。3年前の話で、主人の記憶もはっきりしないので、住友だけを責める訳には行きませんが、私も主人もまったく、転換後のふざけてるとしか言いようのないひどい保障内容を聞いた記憶がないのです。私も支社に怒鳴り込みに行きましたが、主人が告知書にもサインしているので、こりゃ主人もお馬鹿だわとあきらめました。でもその後、姉の紹介で、ソニー生命の非喫煙健康体割引で契約し、前の保障よりぐんとよくなり、掛け金も2000円ほど安くなりました。おまけに、解約返戻金を、変額保険に一時払いした分が、運用益が出て、この度20万円GETしましたよ。その当時は、とっても住友に腹が立ちましたが、今では、保険を見直し、勉強する機会だったのだと思っています。誠意のない会社、知識のない営業員は、やがて淘汰されると思います。トホホさんは知識もありながら、会社にだまされたような形で、うちとはやや異なりますが、尚更、腹の立つことと思います。ここにも一人、保険会社の不誠実を知っているも者がいますよ。頑張ってください。
 

>>> しょう君   -- 2004/06/01-21:56..No.[4368]
 
    すばらしいサイトですね、管理人が保険代理店でないところが又良いです。
 

>>> 憤り   -- 2004/06/05-14:09..No.[4456]
 
     私もこの転換契約に憤りを感じている一人です。この転換契約の特徴は、契約者側が保険契約の内容をその保険会社の勧誘員に訊ねてしまうが故、作為をもった勧誘員が対応した場合ひとたまりもなく、また説明も口頭で行うため物的証拠も残っていません。また契約者側も勧誘員を信頼しているため証拠を残そうとする発想すらありません。
 これはまさに保険会社の社会的信用力、あるいは契約者側の信頼を逆手にとった極めて悪質な詐欺といえます。

 被害金額が何百万に及ぶわりにはほかの詐欺に比べていまひとつメジャーではないのが、保険会社がマスメディアのスポンサーになっていることが多く報道されない、また物的証拠がなく裁判になりにくく、弁護士に依頼して保険会社の顧問弁護団にはとても勝ち目がなく、庶民にとっては莫大な訴訟費用となるためほとんど多くの被害者が泣き寝入りをしているということです。
 まさにこの転換契約は庶民(しかもその庶民は保険会社の優良顧客のはず)を標的にした許せない行為です。

 これに対抗するには圧倒的な力の格差がある個人の力ではどうしようもありません。しかしこのままでは彼らの思うがまま(今もなお転換契約はあとを絶たず気づいていない方も会わせると相当な被害者がいると思われます)です。

 個人では訴訟費用もかさみますがこういった被害に遭われているかたが束になれば対抗できるのではないでしょうか。たとえば被害者の会など結成するなど・・・・・・・。
 
 
 

>>> 終身保険が無くなります!!   -- 2004/06/12-17:08..No.[4737]
 
    2000年7月某日

新人セールスレディが言うには、保険法改正に伴い、
保険料の大幅アップと共に終身保険が無くなるとの事でした。
第一の都合で、リードから堂々に保険を移管するとのことでした。

約2年後に、第一から送られてきた経営報告の案内を見たところ、
利率が大幅に下がっており、廃止された終身保険の内容が記載されていました。

契約時のセールストークが会社ぐるみの嘘であることが判明し、
私は第一に猛烈に抗議をしました。

私は転換だと説明されずに加入したため、
重要事項説明不足を理由に契約を元に戻すよう申し出を行いました。
半年程かかり戻せる事になりましたが、交渉をするうちに、
保険金の支払いを受けるようになった場合などに、
今後の対応に全くの期待が持てなくなりましたので、
転換期間分の保険料(約2年分)を全額返金して頂きました。
現在は県民共済ですが、私には必要十分です。
不足分は別の保険でまかなえばいいのですから。
予定利率が高くても、運用が悪くて配当が全く無い状態が
何年も続いているので、無駄ですから。

設計書自体の内容に不備がありました。
署名、捺印もしましたが、確認書類に
「利率が変わる事」「転換契約である事」が書かれておらず、
「終身保険が無くなる事」「今後の保険料は現時点で計算不能」
という虚偽の説明を受けた事を告げ、契約を戻す所まで来ました。
言った言わないの世界になりましたが、
勘違いをする説明をしたのは第一であり、
勘違いをさせた責任は第一にあると強気に交渉しました。
金融監督庁にも連絡していますし、無料の法律相談も利用しました。
本社には、逐次、私が本気で動いていることを告げました。
また、本社にも対応遅れの理由を書面で出すよう申し入れました。
現状報告について確実に連絡をするよう申し入れました。

2000年8月に第一は転換契約の業務違反がありましたが、
依然体質は変わっていないようですね。

私が被害を受けたときの状況は・・・
・保険内容を決めた本社(人)は、顧客が要望しても会おうとしない。
・本社は支社に指示を出すだけで、処理が遅い。
・支社は顧客クレームを本社に報告するための稟議を出し渋りする。
・計略的に時間操作をして精神的苦痛を与える。
・偏った新人のセールストークは、本社の研修によるものだと判明。

解決するまで個人で半年かかりました。

交渉について
交渉相手は支社の所長と担当者でした。
既存顧客を騙す事の出来るくらい、十分知識を持った人達でした。
こちらも十分知識を得た上で、相手に質問をしました。
間違った知識のボロを出させて、あなたでは話にならないので、
本社の保険内容を決めた人と、教育を担当した人を呼んできて下さい。
と何度も伝えましたが、一切来ませんでした。
職場まで何度か来て頂いて、電話ではなく直接話しをしました。
2時間かけて支社から来て頂いたので大変だったと思います。
問題解決の条件として、本社から対応が半年もかかった理由について
書面を出していただきました。
とことん行かないと保険会社は動きません。
 

>>> 自称カリスマ   -- 2004/06/15-16:30..No.[4861]
 
    たまたま見直しましたが、転換については最近も相談がよせられておりますので、参考にして下さい。
 

>>> TK   -- 2004/09/08-19:34..No.[7111]
 
    住友生命の転換詐欺にあいました。転換には、契約者の私に会おうともせず全く無視し病弱の妻に更新と偽って私の名前を書かせて済ましました。担当部長は、「そのような契約は無効で元に戻す」と約束されたが、その後、「戻せない」といわれました。「後は社長とやってくれ。」といわれたので社長に内容証明を出したが、進展していない。社長の自宅に伺い直接説明しようと、自宅の住所を尋ねても教えてくれない。専門家に調べてもらう必要あるかも。要求が通るまで何年かかってもやります。だます人が許される社会であってはいけません頑張りましょう。
 

>>> こうもり人間   -- 2004/10/30-20:26..No.[8423]
 
    細かい話ですが・・。

D1のリード・パスポート、いわゆる定期保険特約付終身保険。「定期保険のみの減額・解約はできるはず。なのに保険会社の人間に出来ないって言われた。騙しだ!」とおっしゃてる方が多いようです。

皆さんの場合は定期保険特約の出来るタイプの契約だったのだと思いますが、一応言っておくと・・。

昔々(昭和の終わり頃まで)にご契約いただいた定終は本当に定期保険特約のみの取り外しができないんですよ。そういう規程の商品(終身部分と定期部分の割合を途中で変えられない)なのです。でも昭和の終わり頃に改定されて、現在のように定特のみの減額・解約が可能になったわけです。
他社もほぼ同じような感じ、です。
 

>>> あるある   -- 2004/11/23-01:59..No.[9237]
 
    はじめまして、皆さん
現在進行中の者です。
やはり保険のトラブルでお悩みの方は多いですね。

私の場合、気付た時はかなり深刻な状態で、3年間で総額5,500万も何時の間にか保険料に払わされていました。

もともと父が私達のために郵便局の保険に入っていたのですが、当時家に出入りのあった郵便局員が郵便局を辞めて保険の代理店を始めました。
その男の口車に乗った父は、郵便の保険を解約(約2000万)させられてS社保険に統べてを・・・
そこから父の意志に反して解約から分散転換、借り入れ、減額、などをくり返し気付いた時には元金はほとんど無しです。
s社に終身と医療で12の保険に入っていた事が分かりましたが、M社に枝別れし今年2月3件で450万の年払いが・・・
お金の動きはとても複雑で完全に把握出来てませんが、解約や減額の
返礼金、貸付けられたお金は統べて保険料へ・・・

現在、父の代わりに保険会社3社に返金を求めて奮闘中ですが、詐欺師の代理店の男を脅して色々とゲロさせたのが(恐喝などはしてません)
幸して、A社とM社はあっさり返金をしてくれるようですが、一番金額の大きいS社はまだ時間がかかりそうで、どなるかも分かりません。

今回の事で思った事は、こんな事をするような人間に金融商品を扱わせるな!
保険を選ぶのも大変ですが、信頼できる人を見つけるのはもっと大変です。






 

>>> ラッキーなはずだった人   -- 2004/12/05-01:48..No.[9712]
 
     私も、「リード21」から「堂堂人生・らぶ」に、セールスレディの言うままに転換した一人です。私の場合、その後、ラッキー?にも、潰瘍性大腸炎という病気で、難病指定を受けることとなり、「特約がついていてよかった!」となったはずでした。
 ところが、告知義務違反のことをあまり知らなかったために、本来は受け取れるはずであった保険金が不支給になるかもしれない可能性がある・・・というのが今の状態です。
 というのも、医師の診断書に、「5年前から出血が見られ・・・」と記載されており、転換した3年前の告知書に、いいかげんに「いいえ、いいえ」と記したことで義務違反の可能性があるというものです。

 そもそも、大切な保険のことをきちんと把握していないのがいけないのですが、「告知書には適当に丸をつけていただけばいいのですよ。」と言っていたセールスレディもどうかと思うのです。

 転換手続きをした3年前当時、「こんなにいろいろついている商品に、毎月同じ支払いで入れなんて、そっち(D1生命)は損しちゃうんじゃない?(私)」「いい商品をお薦めしておかないと、他社商品に乗り換えられたりするといけないので、利益が減っても進んでご提案するようにしているのです。(セールスレディ)」「そいつは、悪いね。(私)」なんて会話をしており、今、こんな問題になるなんて予想もしておりませんでした。今回の年末調整の申請書類で、以前は、「定期付き終身保険」と記入していたのが、「定期保険特約付終身保険」となったことの意味をはじめて知った次第です。
 

 

>>> やっぱやっちゃってた...。   -- 2005/05/23-19:18..No.[15096]
 
    今回医療保険を見直そうと、改めて自分の保険を調べてみて、3年前に入った堂々人生が自分に不向きの保険だったことに気づきました。
口車に乗せられて、よくわからないのに契約してしまった事が原因です。あんなに派手にCMしてるのにそれが詐欺まがいの商品だったなんて恐ろしいです。それも、最悪なことに10年掛けていた保険を転換しているのです。
どうしたらよいか途方にくれている状態です。詐欺に合う前に誰かに相談するべきだった。D生命はこんなに被害者を増やしても注意されないのでしょうか?改めて、契約者に保険の現状を説明する義務くらいはあるのではないでしょうか。その時の担当者は、ずっとお世話させていただきます。といってたのに、契約年の暮れには既に退社していました。
 

>>> あらら・・   -- 2005/09/12-15:51..No.[19676]
 
    私自身の保険「コーラス」が来年特約の更新になるので
いろいろ調べていてここにたどり着きました。
そして「コーラス」より「堂々じんせい・らぶ」のほうが
とんでもない事になっている!!と気づきました。
私も夫の「パスポート21」を「堂々人生・らぶ」に転換してしまったおバカさんです。平成12年12月の契約です。
前々から「損した」と気になっていたのですが
まさかここまでとは・・
良く理解していないのに、家にあがりこまれて
面倒だからと印鑑を押してしまった自分が悪いのです。
いっその事損を覚悟で解約してしまったほうが良いのか。
頭を抱えている状態です。
 

>>> masaki   -- 2005/10/11-02:17..No.[20826]
 
   
D生命のパスポート21を契約していて
3年後に、20年の定期期間が完了して、保険料が騰がる事で
解約して、共済&オリックス生命とかの定期に乗換えようか
考えていて、ここのサイトに辿り付きました。
私も、第一からは、ここ数年・色々な商品への転換を
勧められていただけに、ここまで読んで、背筋が凍る思いです。
勉強して今の保険が予定利率が4%である事。解約戻金がある事が
わかり、安易に解約するよりは、定期を減額して継続、足りない保障は
共済を中心に入る事が良いのでは?と思っています。
本当は、不誠実なD社とは縁を切りたいですが、気持ちです。

 

>>> 保険転換詐欺被害者の会   -- 2006/03/08-15:17..No.[27021]
 
    私もD社、「転換詐欺」にあいました。
H17暮れの出来事です。

本日担当者と上司話し合います。

また,ご報告できれば致します。
 

>>> 保険転換被害者   -- 2006/03/13-00:03..No.[27192]
 
    ・払い込み年齢が60歳→80歳になっていること
・終身保険2500万→10万
・借り入れを相殺する方法が他にあること
 (減額して600万位で有効に継続できること)
「聞いてない」「説明しました」
「聞いてない」「説明しました」の繰り返し。

外交員Yは私のような貧乏人がやっとの思いで払ってきた終身保険を、まんまと特約で飾り付けられて医療保険に替えてしまいました。



 

>>> 新米生保レディ   -- 2006/03/18-14:08..No.[27275]
 
    こんにちは。私はD1で働き始めて数ヶ月のものです。
働いていながら、この仕事に自信がもてずにいたら、ここにたどり着きました。この仕事をして本当に良かったと思うのは保険の知識がついたことです。知識がついてしまった分、D1の保険を売ることに自信が持てないのです。この仕事は成果を挙げると毎月パーティーに招待されます。(私は成績がないので招待されていませんが)決起大会なるものも一流ホテルの大広間を借りて行われます。そんな時、あ〜このお金はすべて契約者の保険料から出ているんだな〜と思います。そう思うとますます保険を売ることができません。
同じように感じている生保レディのかたはいませんか?
 

>>> 私も新米生保レディーです。   -- 2006/03/31-23:14..No.[27767]
 
    こんにちわ。私はD生命に入社して2ヶ月がたちました。
保険の知識が人並みにはついてきたのでそろそろ退社を考えています。
私は実際半年前に堂堂人生に入り、そのまま勧誘を受け、いつの間にか研修を受けており、なぜか入社したという感じです。もし生保の仕事が自分に合えば続けてみようと思っていたのですが、ギブアップです。
自分の堂堂の証券を見れば腹が立ちますし、私を勧誘した生保レディーは人材でポイントがつきエステ旅行招待です。馬鹿みたいですヨネ。
この際身内がすべてD生命で多額の保険料を支払っているので、要らない部分はすべて減額なり解約なりしようと思っています。すっきり整理してやめまぁーす。。
 

>>> 転換詐欺被害者の会   -- 2006/04/02-13:58..No.[27809]
 
    新米生保レディー様 お二人へ

どんどん書いてください。内情を。
内部告発は貴重です。D1で魂を売って生きていく必要はありませんから、
人間らしく、正しい生き方をしましょう。

今まで転換等で被害に遭った多くの人達を救えるのは,新米生保レディーさん,あなた方です。
勇気をも持って,内部告発して下さい。
私も頑張ります。
 

>>> 新米生保レディ辞めたいかも   -- 2006/05/22-02:33..No.[30107]
 
    生保商品には詳しいつもりでしたが、会社に入ってからは成績を上げることにしか気が回らず、良い商品かどうかもわからずに、ピンポン営業をしています。ちなみにD生命です。主力の堂々人生に転換させることができれば、少ない金額の成績でも1件になるようです。その他にも、会社にとって都合のいい契約=契約者が損をするような契約に対しては、職員へのポイントは高くお給料アップにつながるようになってるみたいです。
私の周囲の先輩方は、同じセールストークしか言わないし、商品の本質にあまり詳しくないようです。先々保険料がバカみたいに上がることについても、「この歳までこんな保険料払う人、いませんから」「保険はその都度新しいものに見直していおくものです」などというだけで、それでは説明になっていないと思います・・・。
営業はじめて最初の締め切り直前に、成績が取れないので、主人を堂々人生に入れようと思っていろいろ設計書を作ってみました。(結果は主人は諦めて子どもを安い終身に入れましたが。)「主人の医療特約は終身にしたいのですが」と、トレーナー(人に教える立場の人)に相談したら、「若いのに変わってるね。そういうのはもっと先でいいから更新型にしておけば保険料は安くなるよ」と言われました。それって、更新型は安い、裏を返せば、あとではどんどん高くなるってことじゃん!と思って、「じゃあ例えば2〜3年後に病気になったら、どうすればいいんですか」って聞きました。「もう、他の終身医療には入れませんよね?この堂々人生を一生もっとかないと、いけないってことになるんですよね」とダメ押しで聞きました。すると、「普通そこまで考えるかなあ〜。そんなこと考えたこともないよ」と・・・。「あのう、この堂々人生に医療の特約をつけずに入って、それから普通の終身医療保険に入った方がいいと思うんですけど、終身医療保険だけって言うのはないんですよね。」「やっぱりエバーにしようかな」と、イライラしながらかなり本音トークをぶちまけてしまいました。
ちなみに、堂々人生はインカムサポートがついており、給付の範囲も広い(らしい)し、その点ではいい保険かもしれませんが、売ってる先輩も、支部のモデルプランも、当たり前のように、10年更新タイプの医療特約をつけてます。終身にするとバカみたいに高くなるんです。そこらへんのことにはあえて目をつぶって提案するしかないようです。でも、お客様も質問することは少ないみたいです。インカムサポートに興味がいっちゃうからでしょう。でも、インカムサポートつけてガンになったら儲けもの、っていう感じでは、保障を買うと言うより、ガンになる賭けをしているような気がしてきます。
そう割り切って入る分には、宝くじ買うよりかは割のいいギャンブルかもしれません。それが、私の商品に対する感想です。
でも、ガンになる人多いし、もしインカムサポートの給付が増えたら、D生命大丈夫なのでしょうか・・・。
堂々人生は、いい保険と言うより、体を張ってお金を賭ける珍しいギャンブルである。そしてその販売会社に契約することも、勤めることもまた、ギャンブルのようなものかもしれない。D生命の営業職員の方、そう思いませんか?
 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/22-10:29..No.[30110]
 
    新米生保レディー辞めたいかもさん、別のところにレスつけられた方がいいですよ。

こちら

 

>>> (元)転換詐欺被害者の会   -- 2006/05/27-10:55..No.[30364]
 
    新米生保レディ辞めたいかも 様 こんにちは

良心を持った方はD1ではやっていけない、ということでしょうか?

私は「私の華道」に転換されて,その後…、現在保険を勉強しているものです。

>インカムサポートつけてガネ気がしてきます。

そですよね、私なんか営業の人達に寄って集って「乳がん,乳がんって」脅かされて、ノイローゼになりそうだったんです。
たとえなったとしても、そんなにインカムサポートしてもらうほど、治療費かからないでしょう(怒りでした)なってたまるか!
病気で儲けてどうするって感じですよね。

大体,シールド、スーパーリライ,レディエール,カタカナばっかで意味不明です。本当にわかって入ってる人いるのでしょうか??

金融庁の「営業停止命令」損保ジャパンの次は、D1の転換では?
 

>>> 通りすがり   -- 2006/05/27-11:34..No.[30367]
 
    保険料立替や作成などは、元保険屋さんからもよく聞くのに、
損保ジャパンだけ強烈に指導されて、逆に一番まともな会社に
なったりして。

ただ、D1をフォローすると、インカムサポートは、ガンだけで
出るのではなく、いろんな病気や介護なども含めて広く出るのが
特徴だと思いますよ。

 

>>> (元)?   -- 2006/06/06-21:38..No.[30834]
 
    (元)転換詐欺被害者の会とは、なぜ元なんですか?
現在は、被害者じゃない?保険やめたんですか?
 

>>> (元)転換詐欺被害者の会   -- 2006/06/08-14:14..No.[30934]
 
    ええ。取り消してもらえたものですから・・(大きな声では言えない)

ただ、肉体的精神的後遺症は今もあります。
 

>>> 大きな声で?   -- 2006/06/09-12:55..No.[30990]
 
    なんで大きな声で言えないんですか?
 

>>> (元)転換詐欺被害者の会   -- 2006/06/11-11:29..No.[31059]
 
    取り消して下さった、次長さんに感謝しているので。(内緒)
 

>>> ゼクシオ   -- 2006/12/27-21:47..No.[38213]
 
    私も、まあ皆さんと同じ手口で引っかかってしましました。45歳も間近になってきたので、老後の生活設計を立てることとなり、個人年金、社会保障制度、利殖法等を勉強しているうちに、生命保険だけがどうも変だということに気が付きました。
 2002年に転換の際に、若いセールスレディからは、保険料が変わらず、内容が更に充実している「堂々人生」という商品がありますとのことで、偽りの設計書と殆ど説明無しの状況で半ば矯正加入させられてしまっていたことに気がつきました。2005年にこのことに気づき、これまで代理店と交渉。
 もちろん、当時のセールスレディは止めたとのことであり、支店長からの謝罪を要求しましたが、全くの無回答でした。
 何度も説明の要求を行いましたが、「あなたが押印したのだから、契約違反ではない」との一転張りでした。
 弁護士と相談のうえ訴訟も検討しましたが、費用、時間等を考慮すると無駄に近いとの見解を得たため、解約する方向で支部長と交渉を半年ほど進めてきました。
 ところが、解約自体を認めないとの一方的な話であったため、お互いの弁護士を通じて更に半年かけて、やっと解約にこぎつけました。
 このまま支払っていたのであれば約2000万円、しかも60才までの保障のみ、以後は不透明。支部長の変更プランにしても約1000万円ほど支払うプランでした。
 結局、何とか解約に成功し、現在は他の保険会社の終身医療保険(支払いがトータルで250万円で60歳以降も保障付きの終身型を選択しました。)死亡保障は他の保険でも十分カバーできることも判明しました。
 このたびの1年間の長期に渡る第一生命との壮絶な争いの中で感じたことですが、一流どころといわれる生命保険会社ですら、このような悪徳詐欺商法を行い、国が許可しており、ぬけぬけとTVコマーシャルまでやっている。
 日本て何と悲しい国なのでしょうか・・・
 私は地方公務員ですが、生命保険担当セクションには実態を話し、今後公共団体で第一生命への対応を検討することとしました。
 また、消費者協会へもことの真相を話し、他の消費者への注意を喚起するよう求めました。